白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき

白髪染めなどヘアカラーで失敗してしまったとき、違う髪色へ変えたい
とすれば、まず色抜きをどうするべきか。

ブリーチで色抜き?

髪色を脱色させる方法と言えばブリーチ剤ですが、ブリーチというのは、
髪の内部にあるメラニン色素を色抜きするもの。

メラニン色素が形成している黒の色味が見た目の髪の毛の色を構成しているので、
この色素の色味を抜いてなくしてしまう、脱色剤です。

元から生えている地毛を脱色させますが、染毛した毛を脱色させることはできません。
ここを間違えますと、ヘアカラーで仕上がった色が気に入らない、あるいは、
イメージと違うからとブリーチして、修正したつもりが余計に変な髪色に変色してしまう。

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい

染毛した色は脱染剤で色抜き

染めた髪を色抜きしたいのであれば脱染剤(だっせんざい)を使う。
髪に染みこんだ酸化染料を漂白する。
このとき地毛のメラニン色素も合わせて色抜きになることがあります。
脱染剤のほうがブリーチよりも強力といったイメージで考えればよいでしょう。

実際のところ、このような相談を美容室でしてみても、回答がまちまちで、
プロの美容師でさえ、ブリーチ脱色剤と脱染剤の違いがわからずに混同している
ことも少なくありません。

それだけ使用回数や使用例も少ないか無いということでもあります。

新しい髪に生えるのを待つしかない

美容師の例でもわかるとおり脱染剤というのは滅多に使いません。
ブリーチにしても余程のハイトーンな髪色に明るくする必要があるとか、
黒髪から急いで髪色を変えたいときなど特殊な事例でしか使わない。

髪色というのは一度染めるとなかなか変えられません。
絵の具やペンキの色を混ぜたり上塗りしたりといったような色の変化は困難。

強引に色抜きしても髪や頭皮への負担が大きく、酷く傷んだ髪に驚くことになるだけ。
後になって肌の湿疹や赤み、かぶれ、が発症したり、抜け毛が増えたりと、よいことはありません。

最もよい方法は新しい髪に生え変わるのを待つことだということを知っておきたい。

白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする

思ったように明るくならなかった場合

白髪染めやヘアカラーで染めたら髪色が真っ黒だったり、思ったように明るい髪色に
ならなかった場合にはどうすればよいか。

まず、元の髪色が黒髪であれば、一度のカラーで明るい髪色にするのは難しい。
こういうときこそブリーチを使用するべきなのですが、白髪が生えているのにブリーチしますと髪が傷みます。
よく考えてみればわかりますね、色の抜けた毛である白髪を脱色させるという
ことになりますから、黒髪はともかくとして、白髪の部分は相当傷む覚悟をせねば
なりません。

そもそも白髪ケアをするのに明るい髪色にするのは美容師も好まない。
プロの染め方としては濃い色であるブラック(黒色)やダークブラウン(焦げ茶色)で染めるのが基本なのですから。

市販のセルフ用白髪染めにはブラウン系のものがあり、茶髪にできます。
2週間から1か月程度の間隔を空けて何度が連続で染めていけば、明るい髪色になっていく。
白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選びなのであれば、美容院よりもセルフで染めるのがおすすめ。

また、髪を染めた直後よりも、しばらくしますと髪の明るさも出てくるものですから、慌てないほうがよいかもしれません。
髪色の変化について、しばらくは様子を見ることも大事。

白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

明るく赤っぽいのが嫌な場合

白髪染めやヘアカラーで染めたら髪色が明るくなりすぎてたり、赤っぽい、
茶髪の赤味が気になるという場合にはどうしたらよいか。

仕上がり色が明るすぎた場合は、トーンだけ落とすということはできません。
ブラックのヘアカラーで髪色戻しとするくらいしか対処法が無い。

やはり髪が生え変わるのを待ってから、染め直すしかない。
ライトブラウンで明るすぎたから、直後にダークブラウンで連続染めするというのは
間違った髪の染め方。
余計に変な髪色になったり、髪が傷んでバサバサになったりする恐れがありますので
お気をつけください。

なぜ赤くなる?市販の白髪染めで明るくしたときの悩み

白髪染めトリートメント


白髪染めトリートメントは、二剤混合式のヘアカラーや白髪染めと違い、
薬品の化学反応を用いないので低刺激で頻繁に染められます。

二剤式は髪の表面キューティクルを開いて混合液を髪内部へ流しこむわけですが、
白髪染めトリートメントは髪の表面に色をつけるヘアマニキュア。

つまり髪にダメージを与えずに、髪の表面に色をつける方式ですから、
失敗した髪色の修正にも使えることになります。
失敗した直後に色抜きせずにその上から染めればよい。

但し、白髪染めトリートメントはしばらくして色落ちしてしまうくらいに
髪を染める力、染毛力は弱め。
納得できない失敗した髪色の上から染めてみても、うまく色が乗らないかもしれません。

しかし、この場合、さらに変な色になって失敗となっても、シャンプー洗髪をしたり自然に過ごしているだけで、
数日から数週間などの短期間で色落ちしますので、このあたりの心配は少ないと言えるでしょう。
ヘアカラーの修正がしやすい。

白髪染めトリートメントは低刺激で髪や頭皮にダメージが少ないうえに、美容成分が入ったものもあり、
傷んだ髪を修復し、ツヤやかで手触りのよい髪質を作るヘアケアにもつながるのもメリット。

白髪染めやヘアカラーに失敗したら、上記の通り、生え変わりを待つのが一番ですが、
無理に色抜きするよりは、ダメ元でも、一度は、白髪染めトリートメントを使ってみることをご提案します。

もちろん髪色を修正するためではなく、ゆくゆくはそのまま白髪染めトリートメントだけ使って白髪ケアしていくこともおすすめ。
ゆっくり髪色が染まっていくので、その変化でカラーを確認でき、失敗になる可能性が低いからです。

それでも染めたヘアカラーが失敗した、違う髪色へ変えたいと思ったときも、白髪染め色抜きをする必要がありません。数日から数週間もすれば自然に色落ち、退色するのでしばらく待てばよいだけ。

ブラウン系もありますので茶髪をご希望の方でも大丈夫、明るい髪色に染められます。

※おすすめの白髪染めトリートメントはこちら
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

明るい髪を暗くする白髪染めでダークブラウンに染めたい
ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?
白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
ヘアカラーと白髪染めで色選びを変えたほうがよいの?茶髪の人は?
白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?
カラートリートメントで白髪を染めた、その後カラーリングで茶髪にできる?
白髪が染まらない理由。茶髪の明るい髪色に染まらないのはなぜ?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする