白髪染め失敗で黒くなりすぎたから髪を明るくしたい

白髪染め失敗で黒くなりすぎたから髪を明るくしたい場合にどうすればいいのでしょうか。

白髪染め失敗で黒くなりすぎた場合

白髪染め失敗で黒くなりすぎた場合、髪色を変えるなら、まずは黒くなった髪色を取る必要があります。

そのまま上塗りのようにヘアカラーしたり、別の白髪染めで連続染めすると、イメージした髪色ではないどころか、変な髪色になる可能性すらありますのでご注意ください。

黒くなりすぎた髪はまず色を落とす

黒くなりすぎた髪はまず色を落とすことから。

脱色するためにブリーチ剤をイメージしがちですが、それは地毛の髪色を落とすためであって、染めた髪色を落とす場合は脱線剤を使います。

ただ、脱線剤は業務用が多く市販で手に入りにくい可能性があるのと、髪や頭皮へのダメージがブリーチ剤以上に強いので、セルフでは使わないほうがよいとも言えます。

ヘアマニキュアの白髪染めで黒くなりすぎたなら慌てない

ヘアマニキュアの白髪染めで黒くなりすぎたなら慌てないことです。

髪の表面を染めているだけですので、しばらくすればすぐに色落ちします。
1~2週間でほぼ色落ちしてしまいますから、数日単位でも色落ちがわかるでしょう。

同じ白髪染めでも黒くなりすぎたのがヘアマニキュアなら慌てないで、しばらく待つ。
そして地毛の髪色に戻ったら染め直してください。

白髪染めが暗くなるのはなぜ?暗くならない白髪染めはある?

白髪染めが暗くなるのはなぜかと言いますと、白髪が色の抜けた無色の髪であるため、しっかり染める必要があるからです。

しっかり濃く染めるには、暗い色で染めることになり、赤や黄色を減らしていくので、どうしても明るい髪色にはなりにくいのです。

美容院では毎回、お客様に合わせて白髪染めなどヘアカラー剤を調合して作っています。
それがだいたい暗い色に仕上がりがち。

暗くならない白髪染めというものはありませんが、市販のブラウン系カラーの白髪染めを選ぶと暗くなりにくい。

白髪染めで明るくしたいならセルフがおすすめな理由

白髪染めで明るくしたいなら、美容院で染めるよりもセルフで染めるほうがおすすめ。

美容院では白髪をしっかり染めるために暗く濃く染めますので、イメージよりも暗く染まったと感じることが多いはずです。

市販の白髪染めにはブラウンやライトブラウンのカラーがありますので、それらで染めると白髪染めで明るくなります。
ダークブラウンでも美容院の仕上がりよりは明るい仕上がりと思えるはず。

白髪染めはだんだん明るくなる傾向がある

白髪染めはだんだん明るくなる傾向があります。

美容院で染めた直後はしっかり濃い色が入るので暗い髪色に見えるのですが、毎日シャンプーしたり時間経過とともに髪から色素が抜けていきますので、色落ちで色褪せると明るく見えるわけです。

濃い茶系のヘアカラーや白髪染めの場合、特にだんだん明るくなると感じることが多いかもしれません。

白髪染め失敗で黒くなりすぎたから髪を明るくしたいと思ったとき、しばらくそのまま様子を見るのもよいでしょう。

関連記事

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
白髪も染まるオシャレ染めはないが白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできる
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする