白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

白髪あるけど明るい色でヘアカラーリングしたい。

明るい髪色に仕上げるためには白髪染めでどんな色を選んだらよいのでしょうか。

白髪があるけど明るい髪色にしたい


白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいなら、髪色を明るくする白髪染めを使うこと。
オシャレ染めで白髪は染められません。

そして明るい髪色、茶髪に染めたいのであれば、仕上がり色がブラウン系の白髪染めを選ぶのがポイント。
例えばブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン、ダークブラウン、モカブラウンなどといった種類が販売されています。

市販の白髪染め1本だけで黒髪も白髪も一緒にきれいに染まる。

美容院で明るく白髪染めしたい要望を言って断られるよりも、精神的に楽ですし、費用もお安く済みます。
実はプロの美容師も、プロでなく素人が市販の白髪染めを使って、きれいに明るい色に染められることをある程度は知っています。

自宅で自分で、つまりセルフで染めても、簡単に上手に染められるように作られていますので、市販の白髪染めで明るい髪色にすることをおすすめします。

【おすすめ】市販の白髪染めで明るい色にする


白髪染めで明るい色に良く染まる市販品をお探しの方もいらっしゃることでしょう。

大きく分けて2種類。
混ぜて使う二剤混合式と、そのまま使えるヘアマニキュアがあります。

オシャレ染めでお馴染みの二剤混合式のタイプは混ぜて使うのが面倒。
酸化染料ジアミンやシリコーンなど石油系化合物が使われています。
髪の表面キューティクルを開き、内部のメラニン色素を染めることで染めた直後から髪が強く染まり、一定期間はほぼ絶対的に色落ちしない
というメリットはあるものの、髪や頭皮へのダメージは避けられず、アナフィラキシーショックのアレルギー、頭皮やお肌の皮膚炎、かぶれ、赤み、健康被害も懸念され、髪にとっては将来的な抜け毛の増加や薄毛化リスクを招きかねません。

ヘアマニキュアというのは髪の表面に色を付けるだけのタイプで、白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー、泡タイプなどがあります。
植物エキスの天然染料、有害物質が無添加ですので髪や頭皮に低刺激で安心安全な白髪染め。
染まりが弱めな分だけ、ゆっくり染まり、色落ちは懸念されますが、毎日染めることができて使い切りではありませんので、毎晩のお風呂などで染めていけば手間は少なく楽に染めていける。

その中でも白髪染めトリートメントはクリーム状で狙った所をピンポイントに染めていけるので部分染めに最適。
根元、生え際、分け目などがキラキラしてきたときだけ使うという使用頻度なら、普段通う美容院や二剤式のつなぎとして使っても有効な白髪ケアになります。

管理人から、市販品おすすめは以下の白髪染めトリートメント。
現在お使いの方々の満足度も高く、人気の白髪染めとなっています。

女性だけでなく男性も使える男女兼用。
髪色もとてもきれいに染まりますので、ぜひ一度お試しください。

★ルプルプの中で一番明るい髪色に染まる「ブラウン」

ルプルプ「ブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★明るくしたいけど赤みが気になるという方には「ベージュブラウン」

ルプルプ「ベージュブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★落ち着いた茶色でやや暗めに染めたい方「ダークブラウン」

ルプルプ「ダークブラウン 」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★ルプルプの中で人気 No.1の色 「モカブラウン」

ルプルプ「モカブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★利尻ヘアカラートリートメントの中で一番明るい髪色に染まる「ライトブラウン」

利尻ヘアカラートリートメント「ライトブラウン」は、こちら

★明るくしたいけど赤みが気になる方は 「ナチュラルブラウン」

利尻ヘアカラートリートメント「ナチュラルブラウン」は、こちら

白髪隠しでも明るい色にできる?

白髪隠しとは、白髪を一時的に隠すアイテムで、その場だけケアして、シャンプーで洗い流せる。
ファンデーション、コーム、スティック、マスカラなどのタイプが市販されています。

白髪隠しでも、ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウンなどのカラーバリエーションがありますので、明るい色にできる。

白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める

利尻ヘアファンデーション白髪隠しの使い方。口コミ・評判評価は?

白髪の生え始め

白髪がちらほら生えてきた、白髪染めはいつから使う?
こういった悩みは白髪が生え始めるとされる30代半ばから40歳前後に
多いとされています。
女性のみならず男性も同じ。

今までヘアカラーリングで茶髪にしてきたから、いきなり突然
白髪染めブラックで黒髪にするのは嫌、今後も明るい色で
カラーリングしたいというご要望もあるでしょう。

こんなとき思わず悩んでしまう。
つまり、白髪あるけど明るい色でカラーリングしたい。

これってオシャレ染めカラーリングで染めればよいの?
白髪染めを使うの?迷ってしまいますよね・・・。

白髪染めで明るい茶髪にはできない?黒い茶色にならない染め方のコツ

美容室で相談してみた


白髪染めに関して、通いつけの美容院で
「白髪が生えているんですけど、そろそろ白髪染めにするべき?」
などと相談してみた人も少なくないでしょう。

でも実は結構前から白髪が少し生えていて、今まで黙って
数本づつ切っていたよとか、逆に美容師側から告白され、
ちょっとショック・・・とか、ありがち。
でも白髪が生えていることをわかってくれているので話が早い。
そろそろ白髪を本格的に染めたほうがよいかもって賛成してくれるはず。

オシャレ染めもカットも任せているいつもの担当の美容師だから、
ヘアスタイルも髪質もわかってくれていて、プロから見て
あなたの髪質やヘアースタイルに一番よい方法を提案してくれるのは
間違いない。これは心強いし、安心できる。

美容師には断られる、嫌がられる


美容師に「白髪染めを明るい色で」とオーダーしてみましょう。
かなりの確率で明らかに嫌な顔をされるか、無理だと断られる。

美容院で白髪染めはグレイカラーというメニューになっているのですが、
髪の毛を濃く染めることを意味している。

二剤混合式のようにいくつかの液剤や色素を混ぜて白髪染め液を作るのは、
オシャレ染めと同じ作業工程なのですが、白髪が色素の抜けた無色の毛
であるがゆえ、黒や焦げ茶色で黒く濃く染める必要がある。

逆にオシャレ染めは黒髪を脱色して少し色素をつける、いわば髪の色を
黒から薄くしていく作業。

白髪染めを明るい色でと言われた美容師は、無色の毛、薄い色の毛に
しっかり色付けしようとしているのに、色を薄くしてと注文されている
のと同じことですから逆方向で困ってしまう。

おしゃれ染め?白髪染め?


白髪があるけど明るい色でヘアカラーリングしたい場合、
おしゃれ染めで強引に明るく染めて白髪はそのまま放置なのか、
それとも白髪染めブラックを使って黒髪にするしかなくて、
白髪は隠したいから、いよいよもって明るい色のヘアカラーリングは諦めるのか。

どちらも困る究極の選択。

今まで茶髪だったのに、白髪染めブラックで染めたなら、
ある日突然、黒髪になるわけですから、職場の同僚や知人、
お友達に不思議に思われつつも「あ、白髪染めで染めたな?」って
思われてしまうかも?と心配してしまう。

でもこれは白髪染めで染めるのが正解。

なぜならオシャレ染めで白髪は染まらないので、
これまで通り茶髪に染めたなら、黒髪は明るい髪色に染まりますが、
白髪は染まらずに変色するかそのまま残ってしまう。
黒髪頭に比較して、茶髪なら若干のカモフラージュになるので、
白髪は見えにくいわけですが、近くでよく見れば、
「あ、この人、白髪が生えてる」と白髪がバレる。

白髪染めで染める


白髪染めを使うしかないの?黒髪になってしまう・・・
と考えるのならそれは誤解。困らなくても大丈夫。
白髪染めにも明るいトーンの仕上がり、ブラウン系の髪色に
発色する市販品がありますので、それを使う。

実はオシャレ染めのカラーリング液剤も、白髪染めも薬品や染める仕組みは同じ。
液剤の薬品や調合が微妙に違うだけ。
ですから、最終的な髪色が茶髪のような明るい髪色になるタイプの、
まるでヘアカラーのような役割を果たしてくれる白髪染めも存在するのです。

市販の白髪染め


そういった白髪染めが美容室の特殊な形態ものと思う人もいるかも
しれませんが、実際のところは市販の白髪染めも同様。
様々な色合いカラーバリエーション 、明るい髪色にできるものが
販売されている。

手軽に買ってきて、染めてしまえば、一度で全ての髪が明るい髪色、
ブラウン系、茶髪になります。

市販の白髪染めはホームセンターやドラッグストア、コンビニなどで
売っていますが、それよりもスマホやパソコンからネット通販で
注文し購入すれば簡単に入手が可能。

ネット販売のほうが公式サイトで仕上がり髪色イメージが見れたり、
口コミやレビュー、ランキング形式などで評判や評価も垣間見れますので、
どの白髪染めがオススメなの?と迷わないで選びやすいかもしれません。

オシャレ染めでは染まらない


黒髪を明るい髪色の茶髪にするような、いわゆるオシャレ染め
で明るい色にしようと染めた場合、黒髪は茶色になりますが、
白髪は茶色になりません。

金髪の毛とまではいきませんが妙な金色の毛になって失敗、
あるいは茶髪の中に混じって白髪のまま残ります。

オシャレ染めは、白髪染めほど染毛力が強くないので白髪を
しっかりと色濃く染めることができないのです。

つまりオシャレ染めで白髪を染めるのは間違い、失敗に終わります。

日本人、アジア人の黒髪を明るい髪色にしようとする場合、
そのベースはブラウン、焦げ茶色で染めるのが基本。
この重い、暗い、濃い色味の焦げ茶色をベースとして、そこに
オレンジを混ぜることで色素の色味を薄くしていく。

オレンジが多いほど明るくなっていくのは当然なのですが、
色素としては黄色と赤のブレンドですから、人によっては、
その中の赤味が強く出てしまって赤っぽくなるので注意が必要。

ブリーチしてから白髪染め?


それならばブリーチしてから白髪染めすれば明るい髪色に
なるのかどうか。

ブリーチで脱色すると黒髪のメラニン色素が抜けて全頭髪が
金髪のように明るくなります。
そこから白髪染めしても白髪染めの色で染まるだけ。
残念ながらより明るい髪色になることはありません。

それよりもブリーチだけで髪や頭皮にダメージがありますので、
そこからさらに染めていくというのは負担が大きくよろしくありません。

ブリーチに関しては、黒髪を脱色した時点で金髪のような
ハイトーンに明るくなっています。
明るい髪色は白髪隠しとしてはカモフラージュ的に成立しますので、
余程近くで見ない限り白髪は見えません。

金髪のままで過ごせば白髪は見えにくいということになりますが、
そもそも金髪でいることのほうが難しいので、現実的には無理ですね。

基本的に白髪が生えた髪にブリーチは、色の無い毛の色を抜く
ということになり、白髪が特に傷むので止めておきましょう。

二度染め


オシャレ染めで白髪が染まらなかったからといって、
失敗したその直後に黒の白髪染めを使わないでください。
全ての髪がまっ黒になってしまいます。
染毛力が強いうえ、ブラックというのはあらゆる色を上からでも
染めてしまう色なのです。

試しにやってみようと安易なことを考えてはいけません。
髪色の問題もありますが、それより髪や頭皮へのダメージを
考えると酷い染め方ですので止めましょう。

まずは諦めて、しばらく様子を見る。

残った白髪が数本だけ、一部だけならば、なんとかして切って対処するか、
部分染め用のタイプで一時的に白髪隠しして全体に馴染ませるのが
よいかもしれません。

とにかく基本的には、我慢してください、二度染めはよくない。
新しい髪が生えてきて伸びるのを待つのが一番よい対処法。

髪を染めるヘアカラーリングというのは、絵の具やペンキのように
塗り替えたり、色を混ぜたりはできないのです。

関連記事

茶髪にできる市販の白髪染め比較
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
白髪が少ない人の白髪染めは?明るいカラーの白髪染めで茶髪にしよう
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
白髪染めで茶髪にできる?
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする