白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー

白髪染めで茶髪にする茶色の種類として、ブラウン系カラーがあります。

白髪染めで茶髪にできる

白髪染めは本来、白髪をブラックで染めて黒髪と同じ色に染める役割でした。
なぜなら日本人の生まれつきの地毛の色が黒だからです。
保護色にして白髪を目立たない色にする。

最近では日本人もヘアカラーでオシャレ染めする人が増えたことが影響してか、
白髪が生えてくる30代半ばくらいより上の年齢の方でも、明るい髪色で白髪ケアしたい
という希望が聞かれます。

市販品の白髪染めでもカラー仕上がりのタイプがたくさん市販されています。
もちろん美容院でも白髪染めで明るめに染めてもらうことは不可能ではない。

よって、白髪染めで茶髪にできる。

白髪染めで茶髪にできる?

髪の色は明るめのほうが印象がよい

髪型、ヘアスタイルもそうですが、髪の色はその人の性格や人となりを演出し印象付けます。

他人からこう見られたい、という希望もそうですが、
髪色によって自分自身の気分や行動も変わるもの。

オフィスワークやフォーマルな装いでは、あまり明るすぎる髪色はよくないものの、
白髪染めブラックで染めて、いかにも白髪を染めていますと言わんばかりの
真っ黒髪では、髪全体が重苦しい印象になりかねない。

多少の茶色を加えたような明るめの髪色で白髪ケアすれば、軽やかで印象がよい。
白髪隠しとしてもよい色味だと言えるでしょう。

ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事

茶髪の種類、ブラウン

髪色の茶髪には同じ茶色でも様々な種類のブラウンがあります。
基本色はブラウン、ナチュラルブラウン。

明るい髪色にしたいとしても、ブリーチで色を抜いて金髪まで明るくしたくはないし、
オレンジやレッドは行き過ぎてありえない。
芸術家か異常な人かと思われるかもしれません。

そこまで明るくしなくともブラウン系の明るい髪色にすることで、
見た目の仕上がり色が通常の範囲内で弾ける元気な髪色、
若さ、明るい性格、アクティブ、ポジティブなファッション性を印象づけます。

イエローブラウン、オレンジブラウン、レッドブラウン、
ピンクブラウン、ローズブラウンなどがあります。

  • イエローブラウン
  • オレンジブラウン
  • レッドブラウン
  • ピンクブラウン
  • ローズブラウン

明るい茶色になる市販の白髪染め

おしゃれなブラウン

ちょっとおしゃれな髪色にこだわるなら、
同じブラウン系でもわずかな違いで雰囲気が変わります。

チョコレートアッシュ、チョコレートブラウン、
モカブラウン、ミディアムブラウン、
メルティアッシュ、キャラメルアッシュ、
ダークアッシュベージュ、テラコッタ、
ココアブラウン、プラムブラウン、など。

  • チョコレートアッシュ
  • チョコレートブラウン
  • モカブラウン
  • ミディアムブラウン
  • メルティアッシュ
  • キャラメルアッシュ
  • ダークアッシュベージュ
  • テラコッタ
  • ココアブラウン
  • プラムブラウン

茶髪をごまかす方法は?茶髪の上手なごまかし方

暗めのブラウンは落ち着いた大人の雰囲気

暗いトーンとも言えますが、重厚な髪色は落ち着いた雰囲気を演出。
大人の雰囲気、軽くない性格。

黒髪や真っ黒だと重いと感じている人や、
やや明るめでもフォーマルな場面には、おすすめの茶髪。

ダークブラウン、アッシュブラウン、マットブラウン、など。

  • ダークブラウン
  • アッシュブラウン
  • マットブラウン

季節によっても髪色を変える

季節によっても髪色は変える意識が必要であり、
色味や明るさの違いだけで、その人がおしゃれに見えます。
何より、印象が違う。

春は新しい生活や出会いなどがあり、気温や気候も穏やかなので、
発展的な明るめの軽い髪色に。

夏は楽しく弾けてエンジョイするような思い切った明るい髪色に。

秋はやや落ち着いた色としてダーク系がおすすめですが、
芸術の秋としてゴールド系などの奇抜なものも意外にあり。

冬は落ち着いたトーン。ダーク系でしっとりと。

白髪染めで少しだけ茶色い自然な茶髪にする

ファッションと髪色の関係

洋服やファッションと髪色は大きく関係しますので、
普段自分がよく着る洋服や好むカラーとフィットするヘアカラーがよい。

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合

白髪染めのブラウン

白髪染めのブラウンはオシャレ染めほど種類はありませんが、
カラーバリエーションは存在しています。

  • ソフトブラック
  • ブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ライトブラウン

市販のカラー剤はトーンで分類されていることもあります。
数字が大きくなるほど明るい色に、軽い色になる。

ダーク系は落ち着いていてどんな服装や顔つきにも合いやすい。
そもそも日本人が黒髪であることも関係しています。

ブラックはもちろん髪が真っ黒に仕上がるわけですが、
あまりにも黒いのは重いですし、白髪隠しを疑われてしまうかもしれませんので、
最初はダークブラウンの白髪染めくらいから、様子を見ながら染めていくのが賢明。

既に茶髪の人に白髪が生えてきた場合には、
多少明るい色を選ばないと、以前までの茶髪と違った、黒系の重い髪の印象に
なってしまうので、その点を理解しておきたい。

白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる

髪色を明るくきれいに染める工夫

髪色は1度の染毛でイメージ通りに染まるというのはなかなか難しく、
染める際の放置時間や気温、その後のシャンプーなどで色合いが変化します。
お気に入りの白髪染めを見つけつつ、何度か染めていきながら、
少しづつ調整していくのがよいでしょう。

例えば、いきなり明るい髪色にしようにも、1度の染毛では難しいので、
何度か染めていきながら明るくしていく。

注意点としては、二剤混合式の白髪染めですと、一度で髪色が大きく変わりますが、
イメージ通りでなかった場合には、かなりの失敗になってしまう。
そうなると髪が生え変わるのを待ってから、違う色で染め直すしかない。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪染めトリートメントで理想の明るさとカラーに染める

白髪染めトリートメントですと、ゆっくり染まっていきますので、
一度の染毛だけで髪色を大きく変えることはできませんが、
回数を重ねるごとに、徐々に色味がついてきます。
上手に活用できれば、自分のイメージする理想の髪色へ染めることに適している。

低刺激で髪や頭皮へのダメージも少ないですので、
いろいろな髪色にチャレンジしてみたい人こそ、

白髪染めトリートメントを使ってセルフで白髪ケアをおすすめします。
カラーバリエーションもあり、ブラウン系もありますから、
白髪染めトリートメントで明るい髪色の茶髪へ染めていくこともできます。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?
白髪染め、美容院で染める髪色は?
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする