白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック

白髪がある頭髪においてダブルカラーで染めて、明るい髪色に
仕上げることができるのでしょうか。

ダブルカラーとは?

ダブルカラーとは髪を染める技法、テクニックのひとつ。
ブリーチしてからカラーリング、もしくはカラーリングの上に
さらにカラーリングします。

髪の色合いを重ねて調整してく技なのですが、一般的にはブリーチ後の
オシャレ染めが多く用いられます。
色を抜いて金髪にしてから、さらにご希望の色で染める。

脱色して黒のメラニン色素を薄くしてしまうので好みの色がつけやすい。
もしくはハイトーン、とても明るい髪色を作ることが目的。

市販のオシャレ染め白髪染めを混ぜてはいけない

ところでダブルカラーはプロの美容師が使うテクニックのひとつ。
美容院で行われていること。

市販のオシャレ染めや白髪染めは混ぜて使うように開発製造されてはいません。
ダブルカラーは、セルフ染めの素人がやる技ではありませんので誤解してはいけません。
絶対にやめましょう。

オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?

ダブルカラーで白髪は染まる?

白髪はオシャレ染めで染まりません。
オシャレ染めを2度繰り返して重ね塗りするダブルカラーをしても無意味。
1度よりは2度ですが、仕上がりは期待できないでしょう。

先にブリーチ、そしてオシャレ染めの流れであれば、黒髪も白髪に近いくらい
薄い色合いになっていますので、その後のオシャレ染めの色合い次第では
統一感あるヘアカラーにならなくもないでしょう。
その場合オシャレ染めをハイトーンにしてなるべく色付けしない方向で考えるべき。
なぜなら、やはり白髪はオシャレ染めで色づかないから。
元の黒髪と白髪でカラーに差がでると目立つので意味がありません。

とても明るすぎるハイトーンで白髪隠しの荒業

開き直って金髪や、シルバー(銀髪)、アッシュで染めるという荒業も。

黒髪をハイトーンでとても明るい髪色にしてしまえば、それらに混じった白髪は
生えていてもわからない、見えない、目立たないのです。
先のダブルカラーで言えば、ブリーチで止めておけば全頭髪が金髪と白髪のみで
白髪隠しになる。

ところが、この考え方の弱点を言えば、現実的にこの髪色にできる日本人は少ない
ということ。
オール金髪のヘアスタイルで日常を過ごせる職業や年齢の人は限られている。

違う意味でダブルカラー

厳密にダブルカラーと違いますが以下のような染め方もあります。

新しく生えてきた根本の白い部分や、一部分の白髪は白髪染めで部分染め。
そして黒髪についてはオシャレ染めでカラーリング。
2つの液剤を塗り分ける、これはかなり高度なテクニックになります。

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色?

白髪の分量、割合、生えている位置によってはとても面倒な作業。
もちろんセルフ染めでやるべきではありませんし、ほぼ不可能。

美容師はプロですから経験や知識を元に、頭髪全体の仕上がりイメージカラーを想定して、
2種類の色が完全分離しないようグラデーション感覚も計算しているのです。
白髪染めはやや重くダークな色合い、オシャレ染めカラーリング部分は
明るい髪色になりますから。

技術的に可能であれば、このダブルカラーが最も白髪を隠したうえで、
自分の好みの髪色で染めることができる唯一の方法になります。

市販の白髪染めで明るい髪色へ、茶髪にできる

美容院で白髪を染める場合も、大抵の美容師は白髪があれば白髪染めで染めるだけ。
明るい髪色にするのは無理だと告げられるでしょう。

手間をかけてまでダブルカラーまで施す美容師は極わずか。
本音を言えば面倒だし業務上割に合わないから。加えて二度染め、連続染めが
髪や頭皮に大きなダメージを与えることを美容師は知っているからなのです。

もし茶髪にしたいのなら、市販の白髪染めのブラウン、ライトブランなどを使い
セルフで染めれば、その1本の白髪染めだけで簡単にきれいな茶髪に仕上がるので、
おすすめします。

関連記事

白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする
白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
明るい茶色になる市販の白髪染め
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
美容院での茶髪の頼み方。白髪染めでも茶髪にオーダーできる?
白髪染め、美容院で染める髪色は?

フォローする