白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう

白髪を茶髪にしたいけれど、普通にオシャレ染めで髪を染めればよいものか。

白髪染めを使ったら黒髪になってしまうと思うから、そうではなくて明るい髪色の
茶髪にしたいのです。

白髪を茶髪にしたい

オシャレ染めで茶髪にしているけど、とうとう白髪が生えてきて目立ってきた。
白髪も茶髪にしたい。

あるいは白髪が生えているから白髪染めを使っているけれど、本当は黒髪ではなく
違う色に染めたい。茶色に染めてヘアスタイルを茶髪に仕上げたいといった
ご希望はあるかと思います。

オシャレ染めカラーリングで白髪は染まらない

ここで注意すべきことは、オシャレ染めと言われるヘアカラーリング剤で
白髪は染まらないということ。

オシャレ染めは黒髪をヘアカラーするように作られていますので、
黒のメラニン色素を抜くためブリーチを強くした構成になっている。

白髪は既に色が抜けた髪の毛ですので、脱色ブリーチを施す必要はほとんどなく、
その代わりに色を強くしっかりとつけないと色付いて見えません。

白髪染めは染毛力が強く作られているのです、これがオシャレ染めとの違い。

ブラウン系仕上がりの白髪染めで茶髪に

白髪染めで髪を染めると髪が真っ黒、あるいは重く暗い髪色になってしまうと
諦めているのでしょうか。

実は白髪染めの中には、黒以外のブラウン系仕上がりの白髪染めもあり、
それらで髪を染めると黒髪も白髪も一緒に茶色に染まる。

白髪がある頭髪も、明るい髪色の茶髪に仕上がるのです。

美容院かセルフで染めるか

美容院で白髪を茶髪にしたいというオーダーをしますと断られることが多い。
拒否されなかったとしても、明るい色は無理だねと否定されます。

美容師にとって明るい髪色は薄い色、しっかりと色付けするのは濃い髪色だ
という概念だからです、間違ってはいません。

白髪はどうしても色濃くしなくてはカラーリングできません。
ブリーチ主体のオシャレ染めですと黒髪部分を明るくはできますが、白髪が染まりにくい
ので失敗に終わります。白髪は残ってしまう。

白髪染めで染めてもらうということは、真っ黒髪に仕上げるということではないにせよ
重く暗い茶色で染めてもらうことになるでしょう。

白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう

市販の白髪染めで黒髪も白髪も茶髪へ

茶髪にしたい、明るい髪色に仕上げたいのなら市販の白髪染めを使って
セルフで染めるほうがよいかもしれません。

市販の白髪染めはドラッグストアやホームセンターで売っています。
インターネット通販で買うほうが簡単に入手できます。

白髪染めの中でも、仕上がりイメージ色がブラウン系、茶色のものを選んでください。
頭髪全体を茶髪にできます。間違っても標準的なブラックを選ばないように。

カラーバリエーションもあり、スタンダードなブラウンに対して落ち着いたダークブラウン、
とても明るい髪色にしたいならライトブラウンもあります。

白髪を染めて茶髪にしたいなら、オシャレ染めではなく、
茶色仕上がりの白髪染めを使うということを覚えておきましょう。

関連記事

ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツは?
白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
白髪が染まらない理由。茶髪の明るい髪色に染まらないのはなぜ?
白髪染めで茶髪にできる?
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?
明るい茶色になる市販の白髪染め

市販の白髪染めは茶色に染まらない?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする