ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

ルプルプで髪色を明るくしたいなら、仕上がりイメージの色は
何色を選べばよいでしょうか。

ルプルプの選べる5色カラーバリエーション

ルプルプ公式

選べる5色のカラー

ルプルプ ヘアカラートリートメント白髪染め
ルプルプには5色の仕上がりカラーが用意されています。
ルプルプ(LPLP)5色のカラーバリエーション
ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン、ソフトブラックの5種類。

各色の特徴を以下にご説明いたします。
※ルプルプはこちら

ブラウン (LPLP)ルプルプ


赤みのあるやや明るめのブラウン

【ブラウン】
ルプルプ ヘアカラートリートメント

ダークブラウン (LPLP)ルプルプ


赤みのある落ち着いたブラウン

【ダークブラウン】
ルプルプ ヘアカラートリートメント

モカブラウン (LPLP)ルプルプ


ベーシックで自然なブラウン

【モカブラウン】
ルプルプ ヘアカラートリートメント

ベージュブラウン (LPLP)ルプルプ

ベージュブラウン(LPLP・ルプルプ)
赤みを抑えたアッシュ系

【ベージュブラウン】
ルプルプ ヘアカラートリートメント

ソフトブラック (LPLP)ルプルプ


黒くなりすぎない茶色っぽいブラック

【ソフトブラック】
ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプで髪色を明るくしたいなら何色を選ぶ?

ルプルプで髪色を明るくしたいなら何色を選べばよいのでしょうか?

茶髪にしたいならブラウン系の白髪染めですが、
ルプルプで最も明るい色はブラウン。

ブラウンで赤みが目立つようであればベージュブラウンを。

ルプルプのブラウンからライトブラウンへ変えたらどうなる?

そこまでハイトーンにまでしたくなければ、明るさを少し落として
ダークブラウンにしておく。

モカブラウンで染めますと茶髪にするつもりが真っ黒?とか、
想像していたより髪色が暗い、と困ることになりますので
黒系のつもりで使ってください。
但し赤みを抑えるというメリットはあります。

ルプルプで髪色を明るくしたいならブラウンを選ぶ。

ルプルプは白髪染めトリートメント、ヘアマニキュア。
二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤と比較して

手軽に染めることができるものの、ヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけです。
1回染めただけで髪色が大きく変わったり、最初からイメージした色に完全に染まるわけではありません。
このことはルプルプの正しい使い方の案内に初回から三日連続、三回続けて染めるよう書いてあることからもおわかりいただけるかと思います。

ルプルプのブラウン、白髪が多い少ないに関係ある?

逆に、染めた直後から髪色が完全に変わってしまうことはありません。
色選びに失敗したと気づくのは5回か10回くらい染めた後くらい。
その前に気づくでしょうから大丈夫、ご安心ください。
どの色を選んでも、ゆっくり染まっていくのが特徴。

このことは逆に、実際に自分の髪の毛がどのような色に染まっていくか、少しづつ変化していく様子を見ながら、色合いを調整できるのです。
イメージに近い髪色になったら、そこで染めるのを止めればよいでしょう。

ブラウンで何度か染めていき、やがて満足できる明るさになったらなら、それで完成。

あまりハイトーンになり過ぎても困るという方や茶髪にしたときの赤みが気になるという場合には、
明るさを一段落としてベージュブラウンかダークブラウンから始めましょう。

ダークブラウンで何度か染めたけれど、もっと明るくしたいという印象であれば、ブラウンへ切り替えればよい。

ベージュブラウンで何度か染めたけれど、ここまで赤みを消すこともないという印象であればブラウンへ切り替えればよい。

ルプルプ白髪染め ブラウン、ダークブラウンの色はこちら

それでもどうしてもモカブラウンが気になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

それは「モカ・ブラウン」だからですね。
ブラウンという言葉が入っているので茶色に髪を染める候補にしてしまう。

ヘアカラーや白髪染めのカラーリングの名称は各メーカーが決めています。
業界基準のようなものも存在しません。
つまり、その開発製造元の会社がモカブラウンだと市販すればそれがモカブラウン。

このことから同じ色名称であっても色味や明るさのトーンが違う可能性に注意せねばなりません。

ルプルプの場合はこの設定で言いますと、仕上がり髪色として明るい傾向で
茶髪設定なのがブラウンとダークブラウンの2色になってきます。
ベージュブラウンもこれらに近いですが、アッシュ系に染まります。

モカブラウンについてはブラウンという言葉は入っていますが、
実際は黒に近い色だと思ったほうがよい。
確かに茶色の色味は入っていますが、この調合では濃い茶が多く、
オレンジ系が極端に少ないため、明るさがでません。

染めた後、仕上がった髪色を見て、あるいはしばらく時間が経過して、
髪色が定着した頃には黒髪っぽく見えるはず。
光の当たる角度では若干の茶色も出るでしょうが、
肉眼で見える髪色としては茶髪というより黒髪のほうが近いとも言える。

ルプルプのブラウン系を四段階で選んでいくなら、
ブラウン、ベージュブラウン、ダークブラウン、モカブラウンとなります。
モカブラウンは一旦外して考えてもよいかもしれません。

ルプルプで髪色を明るくしたいなら、仕上がりイメージの色は何色を選べばよいか?

ルプルプで髪色を明るくしたいなら、仕上がりイメージの色は何色を選べばよいのでしょうか。

控え目にスタート、赤味を抑えたいという理由でダークブラウンから始めるのもよいでしょうが、
とにかくまず髪色を明るくしたいということであればブラウンを選ぶ。

明るさや色合いについては先のご説明の通り染めていきながら、
段階的な調整は充分に可能ですのでご安心ください。
トリートメントタイプの白髪染めですのでゆっくり染まるメリットを活用できます。

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色はブラウンで染めて髪色を見てみましょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント【公式】(LPLP)

ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプ ヘアカラートリートメント

関連記事

ルプルプの体験談(口コミ・評判・評価・レビュー)
ルプルプ ヘアカラーフォームは泡の白髪染め。ヘアカラートリートメントとの違いは?LPLP
ルプルプ白髪染め使用体験記レビュー

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする