ダークブラウンが赤っぽくなる白髪用カラートリートメントはどうしたよいか?

白髪用カラートリートメントのダークブラウンを選んで染めましたが
赤っぽくなります。どうしたらよいのでしょうか。

白髪用カラートリートメント

カラートリートメントは手軽に髪を染められるヘアカラーの一種であり、
髪へのダメージも少なく人気です。

その中でも白髪も染められる白髪用カラートリートメントは、
白髪染めトリートメントとも呼ばれ、こちらも人気となってます。

白髪用カラートリートメントのカラーバリエーション

白髪染めと言えば白髪や髪を黒に染めることですが、
白髪用カラートリートメント(白髪染めトリートメント)には
カラーバリエーションがあり、ブラック以外に、ブラウン
つまり茶髪に染められるものもある。

そのブラウンの中でも、ハイトーンに明るく染めるライトブラウン、
落ち着いた茶髪に染まるダークブラウンもあります。

ダークブラウン

白髪用のカラートリートメントでダークブラウンであれば、
髪はブラウン、茶色に染まるとしても文字通りダーク。
暗い重い黒い傾向の、黒寄りの茶髪がイメージされています。

髪色を明るくするための茶髪というよりも落ち着いた大人の
雰囲気の茶髪にしたい人や、真っ黒ではなく少しだけ茶髪に
したい人に向いている髪色です。

茶髪にすると赤味がでる問題

髪を茶髪など明るい髪色にすると赤味がでることがあります。

これは日本人などアジア系の髪が生まれつき黒であり、
この黒く色づいている髪のメラニン色素を、ヘアカラーなどで
明るくしたときに赤っぽくなる特製を持っているからです。

ハイトーンを選んで、明るくすればするほど、この赤みの傾向
が顕著になります。

ダークブラウンなのに赤っぽくなる

逆に茶髪にする際の赤味を抑えたいのであれば、トーンの低い
暗いブラウンを選ぶことです。

それでも稀にダークブラウンで染めても赤っぽくなる人がいます。

考えられますのは、染める際の放置時間が長すぎて、明るくなり過ぎてしまった。
あるいは、髪質の個人差からメーカーの想定している髪色よりも
明るく仕上がってしまったのかもしれません。

ダークブラウンが赤っぽくなる白髪用カラートリートメントはどうしたよいか?

実はブラウン、ライトブラウン、ダークブラウンと市販の白髪染め
には表記されていますが、厳密な規定はありません。
あくまでメーカー自身が設定した色合いとネーミングであり、
仕上がる髪色で色合いにこれという定義はないのです。

よって同じカラーでもメーカーごとに色味や明るさは異なる。
同じダークブラウンでもA社の白髪染めとB社の白髪染めでは明るさも
色彩も違うということ。

このことから考えまして、ダークブラウンが赤っぽくなる
白髪用カラートリートメントについては、一度、違うメーカーの
白髪用カラートリートメントを使ってみることです。

ライトブラウンやナチュラルブラウンで赤味を気になさられてるなら、
トーンを落としてダークブラウンをおすすめしますが、
ダークブラウンで赤っぽくなってしまうのなら、ブラックにするか
他社の白髪染めに変えてみるかしか方法はありません。

先にご説明しましたように、一般的にはダークブラウンで染めて
赤っぽくはならない、赤っぽくなりにくいからです。

ブラックの白髪染めやヘアカラーなどと混ぜたり、二度連続染めする方法も
考えてしまいそうですが、市販品はそのような想定では作られていませんし、
プロの美容師でも難易度の高いテクニックなので、おそらく失敗するでしょう。

やはり、他社の白髪染めのダークブラウンで染めてみることをおすすめします。

関連記事

カラートリートメントで染めた後に残った白髪の赤みを消したい。市販の白髪染めで赤みなしに染める
セルフ白髪染めで赤み消す色や赤みのない色ってある?市販のヘアカラーで赤みを消す
明るくしたいと市販の白髪染めを選ぶと、なぜ赤暗いの?

フォローする