市販に一回で染まる白髪染めトリートメントある?白髪染めシャンプーは?

市販に一回で染まる白髪染めトリートメントはあるのでしょうか。

また、一回で染まる白髪染めシャンプーはあるのかどうか。

「デイラルカラー」が一回で染まる白髪染め(市販)

デイラルカラーは市販の白髪染めトリートメント。
オールインワンタイプのヘアカラートリートメントです。

口コミで、1回使っただけでも染まるなどと評判がよい。
デイラルカラー
デイラルカラーが染まりやすい理由は、分子の小さい「HC染料」が髪の毛の奥へ浸透して染着して、分子の大きい「塩基性染料」が毛髪の外側に染着しますので、染まりやすく色持ちがよいのです。

カラーはブラック、ダークブラウン、ブラウン、アッシュグレーの4色からお選びいただけます。

一回で染まる白髪染め、市販品をお探しであれば、「デイラルカラー」を一度お試しください。

市販に一回で染まる白髪染めトリートメントある?

白髪染めトリートメントはヘアマニキュア。髪の表面に色を付けることで髪色を染めます。
一度の染毛で色が付くことは難しい。
繰り返し使って、何回か染める度に色がついていき、やがて髪の色が変わる。

ゆっくり染まるのが特徴ですので、一回で染まる白髪染めトリートメントはないのです。

ただ、市販の白髪染めトリートメントには色の付き方がよいものもありますので、そういったものを使えば、より少ない回数で染めることが可能になります。

また、一度髪色がついたら、後は週1回程度染めるだけで髪色を維持できますので、手間や面倒はそこまでかかりません。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

市販に一回で染まる白髪染めシャンプーある?

白髪染めシャンプーもヘアマニキュア。髪の表面に色を付けることで髪色を染めます。
やはり一度使っただけで色が付くことは難しい。
繰り返し使っていくと、やがて髪の色が変わっているでしょう。

ゆっくり染まるのが特徴ですので、一回で染まる白髪染めシャンプーはないのです。

ただ、白髪染めシャンプーは髪を洗うことで染めるという使い方。
毎晩お風呂のときに髪を洗うだけですから簡単に継続できます。

意識しなくても、1週間以内には、気が付いたら髪が染まっていますから、手間や面倒はありません。

白髪も染まるオシャレ染めはないが白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできる


白髪も染まるオシャレ染めをお探しの方がいらっしゃるかもしれません。

白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできますのでお使いになってみてはいかがでしょうか。

白髪も染まるオシャレ染めは市販にもない

白髪も染まるオシャレ染めはありません。
白髪は白髪染めでなければ染められないからです。

オシャレ染めは脱色力が強く作られており、白髪染めは染毛力が強く作られています。

なぜなら、黒髪の方が明るい髪色にするには脱色してから髪に色をつける必要があり、
逆に、白髪は色素の抜けた色の無い毛ですので、脱色するするよりも、しっかり濃く色をつけないと染まらないのです。

よって、市販品で探してみても、白髪も染まるオシャレ染めは無いと言えます。

白髪も染まるヘアカラー剤は、「白髪染め」として市販されています。

白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?

白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできる

白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできるのをご存知でしょうか。
いわゆる白髪染めトリートメントと呼ばれているものです。

同じカラートリートメントでも白髪用ですから、白髪が染まり、白髪隠しの役割を果たします。

カラーバリエーションはブラックだけでなくブラウンやライトブラウンなども用意されていますので、明るい髪色に染めることもできます。

このとき、白髪だけでなく黒髪も一緒に染まりますので、黒髪に白髪が混在している方でも使えます。

白髪染めトリートメントの明るい色で茶髪に染める

白髪染めトリートメントの明るい色で茶髪に染めるなら、色選びをブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン、ダークブラウンなどからお選びください。

既にオシャレ染めで明るい髪色になっている方であれば、早い段階で茶髪に染まりますが、黒髪から染めていく場合には、少し時間を要するかもしれません。
白髪染めトリートメントを毎日使って、しばらくの間は繰り返し染めていくしかありません。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

ちらほら白髪にはカラートリートメントが効果的

ちらほら白髪の場合には白髪染めでなくて、オシャレ染めでもよいかもしれません。
黒髪から明るい髪色にするだけで、白髪とのコントラストが弱まり、カモフラージュになりますので、実質的な白髪隠しとしても有効。

また、トリートメントは一度の使い切りではありませんので、白髪を見つけるたびに、いつでもすぐに使えることも便利。

さらに、クリーム状で狙ったところにピンポイントに使えますから、部分染めやリタッチにも使いやすい。

ちらほら白髪にはカラートリートメントが効果的だと言えるでしょう。

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染める

ルプルプは白髪も染まるトリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

市販の白髪染めの中でも人気の白髪染めトリートメント「ルプルプ」。

ルプルプは白髪染めトリートメントですので、白髪も染まるトリートメント。
髪色の付き方もよいと評判がよい。

白髪だけでなく黒髪も含めた髪全体を染めることもできますし、部分染めにも使える。

カラーは、ブラック、ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウンの全5色ですので、黒髪に合わせて白髪隠しする方だけでなく、白髪あるけど明るい髪色にしたいという方にもお使いいただけます。

※詳しくはこちらの記事へ
ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

利尻ヘアカラートリートメントは白髪も染まるトリートメント

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め

「利尻ヘアカラートリートメント」も市販の白髪染めの中で人気の白髪染めトリートメントです。

髪色がきれいにつきやすいですので、少ない回数で染めたい方にもおすすめ。

※記事はこちら
【色選び】利尻ヘアカラートリートメントのカラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

利尻カラーシャンプーは白髪も染まるシャンプー

利尻カラーシャンプー白髪染め

「利尻カラーシャンプー」は洗うだけで白髪が染まる市販のヘアマニキュアで白髪染め。

いつもお使いのシャンプーの代わりに髪を洗うだけですから、毎日簡単に続けられます。

※記事はこちら
白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?

関連記事

白髪染め使用後だんだん明るくなる理由。セルフで明るくしたい
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?
茶色の白髪染めで黒髪も染まる?黒髪に使用し普通の髪を染める
白髪染めとおしゃれ染めを混ぜる?併用でカラーは何色に?
おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?
カラートリートメントの明るい色で白髪隠し。白髪あるけど茶髪にしたい

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする