白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるの?

白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるのでしょうか。
茶髪に染めた髪の毛である地毛も染まるのかどうか。

茶髪に白髪が生えたら

黒髪の人に白髪が生えている黒と白のコントラストに比較して、
茶髪の人のほうがカモフラージュされ白髪隠しにもなりますが、
やはり白い毛は見えてます。

白髪はそのまま放置していると目立ちます。
最初こそ生え際や分け目の根元だけが白っぽくなるだけで済みますが、
白髪も伸びますのでキラキラと白い部分が多くなる。

白との保護色で白髪隠しすべくオシャレ染めで明るい髪色にするなら、
かなりのハイトーンにしない限り白髪隠しにはなりません。
茶髪でもライトブラウン程度では無理。
極端な例かもしれませんが金髪にするくらいの覚悟が必要。

白髪は白髪染めで染める

白髪を気にせずオシャレ染めで茶髪に染めていけば、
白髪も染まると考える人が多いかもしれませんが、
実行したところで白髪は残ります。

なぜならオシャレ染めで白髪は染まらないからです。
多少の色がついて金色っぽくなるか、白のまま。

白髪は白髪染めで染めないと色付きません。
オシャレ染めと白髪染めでは、同じ染毛剤のようでいて違う薬剤を
含有していたり、同じ成分であっても構成割合が異なる。

白髪を染めるために白髪染めがあるのです。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーとは、シャンプーと同様の液状タイプの白髪染めで、
髪を洗うだけで白髪が染まるという新発想の商品。
シャンプーと思えるような容器に入って市販されています。

もちろん洗浄成分も含んでいますので髪の汚れも落ちる。
つまり今使っている洗髪用のシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで、
簡単にセルフで白髪ケアできるのです。

これまでの白髪染めは髪に塗ってしばらく放置して、その後洗い流す
といった方法でした。
ましてや二剤混合式などは部屋で敷物を用意して手袋をして、
ツンと臭う化学薬品の臭いを漂わせながら、数十分も放置しなくてはならないなど、
準備から待ち時間そして事後作業と、大変時間と手間のかかる作業であります。
これはセルフでも美容院でも同じ。

白髪染めシャンプーがいかに手軽で簡単に白髪ケアできるか
おわかりいただけるでしょう。

白髪染めシャンプーの特徴

白髪染めシャンプーは白髪染めトリートメントと同様、
ヘアマニキュアと呼ばれる部類で、髪の表面に色をつけるタイプ。

二剤混合式のような酸化染料ジアミンも含みませんし、
天然染料を中心に植物エキス、果物エキスで構成される。
髪を洗うための洗浄成分も含有しつつも天然成分を中心に構成。

髪や頭皮へのダメージも弱いというより、負担はほとんどなく優しい。
毎日、風呂場で洗えばよいだけなので、簡単、便利。
手軽に使える素晴らしい白髪ケアアイテムだと言えましょう。

ここまで聞くとよいことづくめのようですが、ひとつ知っておく点としては、
染まり方が緩やかなこと。

1度の染毛で明らかな髪色の変化をもたらすものではなく、
ゆっくり染まっていくので、1回といわず、3回目、5回目あたりから
色付く傾向なのです。ちょうど1週間くらいかかるような感じ。
よって急いで髪色を染める必要があるときに白髪染めシャンプーは向いていません。

仕上がりイメージのヘアカラーは、ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、
ライトブラウンなど、明るいカラーまでバリエーションが用意されていますので、
ご希望の髪色に合わせてお使いいただけます。

白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるの?

白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるか。

特に問題なく染まります。黒髪の人でも同じ。

白髪染めシャンプーのブラックで洗えば黒に染まっていき、
白髪染めシャンプーのダークブラウンなら少しだけ茶色い髪色に、
ライトブラウンならかなり明るい髪色になっていく。

しかし、ご説明しました通り、ゆっくり染まるタイプですので、
希望の色に染まるまでには、ある程度の回数と期間を要します。
変化がわかりにくい。

急いで髪色を変えたいときにはオシャレ染めを使ったほうがよい。
白髪を今すぐ隠す必要があるなら二剤混合式の白髪染めですね。

また、髪色を緊急で黒にしたいなら、素直に黒髪戻しのヘアカラーや、
ブラックの二剤混合式白髪染めを使うのがよいでしょう。

茶髪の人が白髪染めシャンプーでダークブラウンやライトブラウンにするなら、
ゆっくりとイメージに近い髪色へ近づいていくので、じっくり取り組んで、
色合いの調節もしやすく、その点はよいですね。

使い始めは1週間近く、毎晩お風呂のときに白髪染めシャンプーで洗髪し、
髪色が整ったら、しばらく使用を止めるといった方法も考えられます。

しばらくして白髪が根元や分け目、生え際に見えるような雰囲気があれば、
改めて白髪染めシャンプーの使用を再開する。
このような使用方法なら理想の髪色を保ちつつ、うまく白髪ケアできるでしょう。

もちろん毎日使っても問題ありませんので、毎晩お風呂で洗い続ければ、
髪の根元や生え際、分け目が常に染まった状態で維持できる最高の
白髪隠しアイテムにもなりえます。おすすめです。

関連記事

市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単カラーリング
白髪染めシャンプーは白髪なくても茶髪にできる?
白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?
利尻カラーシャンプー茶髪に染める使い方。ブラウン系は3色の茶色を選べる
利尻カラーシャンプーに新色ナチュラルブラウン登場、髪を洗うだけで茶髪へ

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする