明るくしたいと市販の白髪染めを選ぶと、なぜ赤暗いの?

白髪を染めるときに髪を明るくしたいと考えて市販の白髪染めを選ぶと、
なぜ赤暗い髪色に仕上がってしまうのでしょうか。

市販の白髪染めで髪を明るくしたい

市販の白髪染めで髪を明るくしたいと思ったら
茶髪にする必要があります。
つまりブラウン系の白髪染めを選ぶ。

白髪染めと言ったら黒ですが、これは日本人の髪色が
生まれつき黒色だからであり、白い白髪を同色の黒に染めるため。
しかしブラックでは明るくなりませんよね。

ブラウン系の白髪染め

ブラウン系の白髪染めというのは、仕上がりイメージ髪色が
ブラウンナチュラルブラウンライトブラウンダークブラウン
といったカラーバリエーションから選択する。

とても明るい髪色にしたいならライトブラウン、
落ち着いた大人の髪色にするならダークブラウン、といった感じ
で選んでいけばよいでしょう。

白髪染めで赤っぽくなる

市販の白髪染めで染めると、なぜ赤っぽくなってしまう
のでしょうか。
特に髪を明るくしたいと思うと赤味が入ることがあります。

赤で染めた覚えもないのに、赤っぽい不思議。
ストレートな茶髪にしたい。

これには髪の毛の特性、特にアジア圏の人々、
日本人であることが関係しています。

日本人の髪色の特性

日本人の髪色は生まれつき黒。
アジア圏の人々は髪のメラニン色素が黒く色づいて見える民族。
中には地毛に若干の赤っぽさが入っている人もいる。

白髪染めやオシャレ染めのようなヘアカラーは、
このメラニン色素を脱色させ、発色剤を定着させて色付ける仕組みで
見た目の髪色を変えていく。

このとき茶髪など明るい髪色の薬剤で染めますと、
日本人の髪の色素がブラウン系で染まるとともに赤味がでる、
赤っぽくなることがある。

明るくしようとすればするほど赤味が入るという髪色素の特性ですから
この部分は仕方ありません。

美容師はそれも計算に入れてヘアカラー剤作りをする。
市販の白髪染めでもメーカーが赤みに配慮していることもあります。

色素と髪色の変化レベル

同じ日本人の黒髪でもしっかり黒い人、赤味がある人とがおり、
生まれつきの地毛で赤っぽさに個人差があります。

もちろん美容室では美容師がこの差も考慮したうえで
ヘアカラー剤用の薬剤を混合して、オシャレ染めや白髪染めを作る。

明るくするにはブラウン濃い茶色焦げ茶色をベースに
オレンジを混ぜてトーンを上げていく。
オレンジというのは赤と黄色の混合ですからどうしても赤がでやすい。
さらなるハイトーンへは黄色を増やすことになる。
最初から黄色を多くしても黒髪に色づきが少ないのでそうもいきません。

真っ黒な地毛から始まってどのように髪色が変化していくか。
ハイトーンに向かっていくレベルの違いは以下のようになる。

黒→赤黒→茶→オレンジ→黄

【ブラック、ソフトブラック】
真っ黒髪の次はやや赤っぽさ茶色味が出てくるレベル。
元から赤っぽい人やドライヤーで茶に変色した人と同じくらい、
見た目はまだ黒髪レベル。

【ダークブラウン、ナチュラルブラウン】
そこから明るくしていくと茶色、ブラウンになります。
このあたりから茶髪と言えるでしょう。

【ライトブラウン~金髪化】
これを越えますと見た目にも本当にオレンジづいてくる。
もはや一般的な会社員や主婦の髪色ではない。
美容師、ミュージシャン、芸能人、若者と言った感じ。

【金髪、黄色】
最後は黄色が強くでてきます。
見た目はブリーチしたような金髪。
aka_renga

市販の白髪染め、なぜ赤暗いの?

市販の白髪染めで染めて、なぜ赤暗いのでしょうか。

白髪染めで明るい髪色である茶髪にしようとしても、一度には無理。
仮に、まだ色付いていない元の黒髪が、先にご説明したような赤っぽさと、
混じっていれば赤暗い色になる。

メラニン色素の素の黒にある赤っぽさと、茶色に染めるときに出る赤味、
こういった三色が混在している。その中で茶色はまだ弱い。
地毛の黒が強くてあとは赤っぽさ。だから赤暗い。
ソフトブラックからダークブラウンくらい。

このまま二回目、三回目と染めていく中で、完全な茶髪になっていく
わけですが、人によっては赤っぽさが残ります。
むしろ黒が無くなり、赤味の入った茶髪になっていくでしょう。
ナチュラルブラウン、ライトブラウンくらい。

この赤暗い感じや、赤味を避けるには、なるべくトーンの低い茶髪に
していくのが無難、暗い茶色。
つまりライトブラウンよりも、ナチュラルブラウンやダークブラウンを
選ぶようにするのが赤っぽさを目立たなくするコツ。

焦げ茶色の分量が多くオレンジ含有が少ないことで赤がでにくいのです。

赤暗い髪色を避ける方法

市販の白髪染めも開発メーカーが日本人地毛の持つ赤味や、
染める際に生じる赤っぽさも計算し、テストにテストを重ねて開発しています。
仕上がり髪色をいろいろな髪質やパターンで検証。

赤を抑える方向で調整しているでしょうから、結果として、
あまり強烈に赤味が出る白髪染めはそう多くはないはずです。

しかし明るい髪色に染めること自体が赤へ向かっていってしまうので、
どうしても茶髪で赤っぽさ避けたいのであればダークブラウン、
もしくは諦めてブラックを選ぶのがよい。
プロの美容師でさえ明るい髪色へヘアカラーするのに赤を出さないのは
難しいのですから。

いずれの場合にも、元の地毛が赤っぽい人、染めると赤っぽくなる人、
髪質の個人差だけはどうしようもありません。
赤くなる人はなる。
セルフなら自分で考えて調整しましょう。

なお、ヘアカラー業界では全メーカーで統一した色見本やトーンの
業界標準や基準というものが存在しません。
つまり同じライトブラウンでもA社とB社では明るさ、色素、赤味が異なる。

基本はダークブラウンを選びつつも、いくつかの白髪染めをお試しになり、
最もご自身のイメージに近い仕上がりの白髪染めを見つけていくというのが、
赤暗い髪色を避ける有効な手段でありコツと言えるでしょう。

関連記事

セルフ白髪染めで赤み消す色や赤みのない色ってある?市販のヘアカラーで赤みを消す
カラートリートメントで染めた後に残った白髪の赤みを消したい。市販の白髪染めで赤みなしに染める
ダークブラウンが赤っぽくなる白髪用カラートリートメントはどうしたよいか?
ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP
美容院で白髪染め茶髪は黒いので、セルフで髪色を明るくしたい
明るい茶色になる市販の白髪染め
白髪少ないけど市販の白髪染めで明るく茶髪にする
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
市販の白髪染めは茶色に染まらない?

フォローする