白髪がオシャレ染めで明るく染まらないのはなぜ?白髪染めを使いましょう

白髪がオシャレ染めで明るく染まらないのはなぜなのでしょうか。

髪色を明るく染めるための答えは白髪染めを使うことにあります。

オシャレ染めと白髪染めの違い

オシャレ染めと呼ばれるヘアカラーリング剤と、白髪染めは元は同じもの。

薬剤の化学反応で髪を染める仕組みになっていますが染める仕組みも同じ。
ただ、薬剤の種類および配合や調合が違うだけ。

オシャレ染めは黒髪の髪色を染めることを目的としますから、
まずは髪の内部の中心にあるメラニン色素を抜くことに焦点があてられています。
よって髪の脱色、ブリーチが強くなっている

白髪染めは白髪を染めることが最終目的なので、髪の色を抜くことの
必要性よりも、色を付けることが中心。
多少の色付けではなく、しっかりと濃く着色していきませんと、
変色したような妙な髪色にもなりかねません。
最悪、白髪がそのまま残っては意味がないので染毛力が強くなっています

黒髪からオシャレ染めで白髪隠しできる?

現在、黒髪であればオシャレ染めで茶髪にすれば多少は誤魔化せます。
金髪にすればさらなる白髪隠しに。

しかしこれらは白髪を染めたのではなく、白髪の保護色になったり、
白髪に近い髪色になったために見えにくくなっただけ
白髪は全く染まっていません。
遠くから見ているならまだしも、近くでよく見れば白髪が見えてしまいます。
白髪ケアというよりカモフラージュの状態。

白髪が明るく染まらないのはなぜ?

白髪というのは何らかの理由で髪の内部メラニン色素の色が抜けてしまったもの。
日本人などアジア系人種のメラニン色素は黒、その黒が無いわけです。

毛が白く見えるというより、色が薄く見えている状態。
束になると銀色っぽくも見えます。
そういう意味では白髪を明るい毛色、薄い色に着色するのは難しくないのですが、
それができるのは頭髪においてほぼ全て白髪に近い場合。

ほとんどの方は黒髪との混合状態でしょうから、合わさったときに変です。
黒髪のほうに合わせて濃い色で色付けしなくてはならない。

どちらかと言いますとブリーチは色を抜いて金色、金髪に見えるという感じであって、
茶髪は茶色を乗せる着色、例え薄い色であっても色を付けるということになりますので、
染毛という作用が必要なのです。

白髪は白髪染めで染める

オシャレ染めですとやや強めの脱色によって髪の色が抜けてきますので、
それなりに色付けをすればよいだけ、それで明るい髪色になる。
そもそも全頭髪が黒髪であることが想定されていますので染めやすい。

しかし白髪があるのにオシャレ染めで強引に染めてみても、白髪は金色っぽい
焼けたような髪色になるか、全く染まらないで白髪のまま残るかのどちらか。
黒髪に色はつきますが、無色に近い白髪に発色剤の色は定着しない、色づきにくい。

白髪染めは染毛力が強く作られていますから、白い毛でも色付く。
しかしこのことは逆に、白髪にしっかり色をつけようとするがゆえに濃い色合い、
ダークなカラーに設定せざるを得ません。
暗い濃い色のほうが白い毛の白を見えなくして完全に染めやすいからです。
美容師が白髪染めを使うにあたって明るい髪色にはできないと否定するのは、
こういった理由からきています。

白髪混じりの髪を染めたいなら白髪染めを使いましょう

白髪が生えている人が髪を明るく染めたい場合、半分白髪のゴマ塩頭、
全頭真っ白の白髪頭、どのような人であれ、少しでも白髪が生えているのであれば
白髪染めを使うこと。
オシャレ染めで染めるのは間違い、白髪が染まらず残って失敗に終わる。

白髪染めは白髪を染めるだけでなく、他の黒髪も一緒に染めてくれますので、
全頭髪が同じ色で統一されます。
オシャレ染めと両方を併用する必要はありません。

明るい髪色になる白髪染めが市販されている

市販の白髪染めには、仕上がりイメージの髪色を変えられるように
ブラック以外があります。

ブラウン系でナチュラルブラウンダークブラウンライトブラウン
あるいは真っ黒ではないということでソフトブラックというカラーも。

明るい髪色をイメージするのであればブラウン系の仕上がり色を選ぶ。
ナチュラルブラウンやライトブラウンでよいのですが、たった一度の染毛作業で
明るい髪色にするのはなかなか難しい。

それから色付きで考えても濃い色のほうがしっかり染まりやすい。
まずはダークブラウンから始めて、何度か染めていく中で段階的に明るい髪色へ
していくほうがよいでしょう。

美容院のつなぎ

美容院で白髪染めしている人が出費を少なくして経済的負担を減らしたいとか、
待ち時間の無駄を省きたい、好きな時間にすぐ染めたいといった理由で、
美容院で染める回数を2回に1回、3回に1回と減らすのはよいアイデア。

そんなとき市販の白髪染めを使ってセルフで染める
素人でも簡単きれいに染められるようになっていますからご安心ください。

美容院に行くタイミングとしては最後にセルフで染めてから2か月後と
言いたいところですが、そこまで白髪が目立ってしまうまで待てないでしょうから、
1か月くらいで。最低でも2週間は空けてほしい。
あまりにしっかりと色が入りすぎてますと、美容師さん側での調整が難しくなる
ことや、髪や頭皮へのダメージの心配から期間を空けてほしいのです。

なお、美容師にはセルフも併用していることを伝えましょう。

白髪染めはセルフにしぼる

もしくは美容院で白髪染めをすることを止めにして、美容院ではカットのみ、
白髪染めはセルフで、と決めてしまうのもよい。

回数や頻度にかかわらず、白髪が生えている人は、とにかくオシャレ染め
ではなく白髪染めで染めることが必要。

そして明るい髪色に染めたいのであればブラウン系の白髪染めを使って染める
ことが正しい白髪の染め方になります。

関連記事

白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
ヘアカラーと白髪染めで色選びを変えたほうがよいの?茶髪の人は?
どのような化学反応から白髪染め薬剤で脱色し茶髪に染まるのか
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする

フォローする