白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?

白髪染めの色選びはちょっと迷うところ。

白髪染めで明るい色にしたい場合や茶髪にしたい場合には、どのような色選びをするべきでしょうか。

白髪染めで髪を明るい色にしたいならどうすればよいのか

白髪染めで髪を明るい色にしたいときにどうすればよいのか考えてみましょう。

セルフで染めるか美容室へ行って染めてもらうか、まずここで大きな違いがあります。
色選びも黒で染めるのとは違うとわかっていても、何色のカラーにすべきなのかわからない。

少なくとも、これまでオシャレ染めヘアカラー剤で明るい髪色に染めてきた方や美容室でヘアカラーしてきた方は、同じように染めても白髪隠しできないことを知っておきましょう。
白髪は白髪染めでなければ染まりません。

白髪あるけど髪を明るい色にしたいのであれば、市販の白髪染めでカラーがブラウンのものを入手してセルフで染めるのがおすすめ。

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

白髪染めで明るい色にしたいなら茶色のブラウン系カラーを

白髪染めで茶髪にしたいなら、カラーがブラウン系の白髪染めを選ぶ。
ブラックやソフトブラックではありません。

基本はブラウン。あるいはナチュラルブラウンと記載されているかもしれません。
同じブラウン系でもダークブラウンなどに比較しますと明るい色選びになっています。

普通のブラウンでも髪色の明るさが不足していると感じるのなら、さらにハイトーンのライトブラウン、イエローブラウンで染める。
市販の白髪染めですとイエローブラウンやピンクブラウンなどは、なかなかありませんのでライトブラウンで染めてください。

美容室で白髪染めすると明るい色にできない?

白髪染めで明るい色にしたいときにセルフで染めるか、美容室へ染めに行くか迷うかもしれません。美容院でカットに合わせてオシャレ染めをしたことがある方なら、迷わず美容室で白髪染めを予約するでしょう。

しかし白髪を染めるには、重いダークなトーンでしか染めない方針の美容師がいますので、その点は注意。
おそらく美容室において白髪染めで明るい色にしたい意向を伝えると「うまく染まらないよ」とか、「明るい髪色だと白髪が残って目立つよ」といった、お断りの回答になると思います。
白髪は色が抜けた毛髪ですから、しっかり染めるために濃い暗い色で染めるのが基本となっており、美容師の主張が正しい。

厳密には、白髪染めで明るい色にできないこともなく、茶髪にすることは不可能ではないものの、専門職であるプロの美容師に言い切られてしまうと、反対意見を述べるのは勇気がいるでしょう。

白髪染めで明るい色にしたいというオーダーをやってくれる美容師もいますが、拒否された場合は、余計なトラブルを避けるためにも、明るい髪色にしてもらおうとしてゴリ押しの主張をするのは止めましょう。

セルフ染め市販の白髪染めで明るい髪色の茶髪にする

市販の白髪染めを買って、自宅で自分でセルフで染める場合には、好きなように色選びをして明るい髪色に仕上げることが可能になります。

ただ、色選びに関してはどのくらい明るい色を使うか迷うところ。
はじめは手探りでも構いませんので、使ってみて仕上がった髪色を見てから、徐々に把握していけばよいでしょう。

元が黒髪から茶髪を目指す場合には、一度染めただけでは完全に明るくできないこともあります。
明るくするつもりだったのに髪色が真っ黒じゃない?と慌てなくとも、何度か染めていくうちに茶色のカラーが出てきますのでご安心ください。

市販の白髪染めで髪を明るくしたい。セルフで明るく染める方法は?

白髪染めを明るい色選びで茶髪にしたい

白髪染めは多くの種類が市販されています。
カラーバリエションもオシャレ染めヘアカラー剤ほどではないものの、明るさを選べる。

白髪染めを明るい色選びで茶髪にしたいなら、市販の白髪染めを使ってセルフで染めるのがおすすめ。
ドラッグストアやネット通販で買えば手軽に手に入りますし、自宅で好きな時間にゆっくり茶髪にできる。美容室よりも安く染められますので経済的な負担も少ない。

もちろん白髪と黒髪が同時にきれいな茶色に染まります。

白髪染めで明るくしたいからブリーチを使う


白髪染めのブラックで染めた黒髪を、ブリーチで色を抜いて脱色して明るい茶髪にしたいと考える方がいるかもしれません。
しかし白髪染めの染毛力は強く、かなりしっかりと染まっていますので、一度染めた状態から色を落とすのは難しい。

逆に、白髪が生えている髪を明るい髪色にしたいからと、最初にブリーチしてから白髪染めしようとするのもよくありません。

ブリーチ剤は髪や頭皮にダメージが強く、ましてや色の無い白髪にもブリーチ剤がかかるのはかなりのダメージになります。

しばらく待って新しい髪が生えてから、改めて白髪染めで染めるのが正しい判断。
白髪が生えている方はブリーチを使うのは止めましょう。

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪に

白髪染めで黒くなった髪を明るくしたい


白髪染めのブラックで染めると髪は黒色になります。
予想以上に真っ黒だと困るかもしれませんが、ブラウン系であればそのようなことは考えられません。
例えばダークブラウンでもそれなりに明るめには染まる。

もし、白髪染めで黒くなった髪を明るくしたいという場合は、ブリーチを使ったり、ライトブラウンなどで二度染め連続染めするよりも、髪が生え変わるまで少し待ったほうがよいと言えます。

一度染めた髪色は、そう簡単に変えたり調節することはできないもので、かえって変色したり色見本と全く違う仕上がりになるリスクもありますのでご注意ください。

白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった

黒髪も明るく染まる白髪染めはあるか


白髪染めは白髪を染めるために使いますが、同時に黒髪も染めています。
白髪と黒髪が一緒に染まっているのです。

ブラウンやライトブラウンの白髪染めは、黒髪も明るく染まるヘアカラー剤だと言えます。

逆に、白髪の生えていない黒髪の方が白髪染めを使って明るい髪色に染めるという使い方もできるのです。

白髪染めで茶髪にできる?

市販の白髪染めでミルクティーに染める

オシャレ染めヘアカラー剤には、ミルク、ミルキィ、ミルキーといったカラーがあり、それらを使えばイメージ通りミルクティーベージュの髪色に染められるでしょう。

白髪染めで言えば、赤みを取ってからの黄色系の薄い茶色にする必要がありますので、白髪が生えている人がミルクティーベージュの茶髪にするのはあまり相性がよいとは言えません。

市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にするとしたら何らかの工夫が必要。

市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?

市販の白髪染めでアッシュに染める

くすんだ灰色のアッシュであれば、染めたあとにまたいずれ白髪が生えてきても白髪隠しにもなります。

ただ、市販の白髪染めにアッシュはなかなかありません。
赤みが無い色を使って工夫しながら使うことで色味としては近い感じにはできるでしょう。

白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

明るい色にしたい方におすすめの市販の白髪染め

明るい色にしたい方に最適な市販の白髪染めをご紹介します。
特に髪にダメージが少ない低刺激のヘアマニキュア、白髪染めトリートメントがおすすめです。ゆっくり染まっていくので、髪色の変化を確認しながら染めていけます。

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

ルプルプは白髪染めトリートメント。
低刺激で毎日でも使えますから、気になる白髪を部分染めリタッチするのにも向いています。黒髪の方も使えますし、違う白髪染めで染めて暗い色だった場合の多少の修正にも使えます。
ルプルプで一番明るい色はブラウン、次に明るい色はベージュブラウンおよびダークブラウンです。

★ルプルプの中で一番明るい髪色に染まる「ブラウン」

ルプルプ「ブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★明るくしたいけど赤みが気になるという方には「ベージュブラウン」

ルプルプ「ベージュブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★落ち着いた茶色でやや暗めに染めたい方「ダークブラウン」

ルプルプ「ダークブラウン 」は、こちら(白髪染めトリートメント)

★ルプルプの中で人気 No.1の色 「モカブラウン」

ルプルプ「モカブラウン」は、こちら(白髪染めトリートメント)

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメント。
低刺激で毎日でも使えますから、気になる白髪を部分染めリタッチするのにも向いています。黒髪の方も使えますし、違う白髪染めで染めて暗い色だった場合の多少の修正にも使えます。
利尻ヘアカラートリートメントで一番明るい色はライトブラウン、次に明るい色はナチュラルブラウンです。

★利尻ヘアカラートリートメントの中で一番明るい髪色に染まる「ライトブラウン」

利尻ヘアカラートリートメント「ライトブラウン」は、こちら

★明るくしたいけど赤みが気になる方は 「ナチュラルブラウン」

利尻ヘアカラートリートメント「ナチュラルブラウン」は、こちら

関連記事

白髪が少ない人の白髪染めは?明るいカラーの白髪染めで茶髪にしよう
仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
白髪には茶色か黒か迷う、明るい髪色なら茶髪へ

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする