白髪染めで茶髪にできる?

白髪染めで茶髪にできるのでしょうか。

白髪が生えてきた頭髪を真っ黒く染めるのではなく、黒髪も白髪も茶髪に染めたい。

ブラウン系の白髪染めで茶髪になる

白髪を染めるには白髪染めを使うしかありません。

それだと明るい髪色は諦めるの?もう二度と明るい髪色にはできないの?と悲しくなるかもしれませんが、心配いりません。
白髪が生えても茶髪にできる。

白髪染めと言えば仕上がりイメージ色は一般的に黒ですが、ブラウン系に仕上がる白髪染めが市販されています。これで染めれば黒髪も白髪も一緒に茶髪に染められる。

ブラウン系の白髪染めで茶髪になるのです。

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

白髪染めで黒髪と同じ髪色に白髪を染めるのがこれまでの白髪ケアだった

一般的に白髪染めと言いますと白髪を黒く染めるもの、カラーリングして黒色に染め上げる液剤だとイメージする方が多い。
白髪隠しの対策方法として、白髪を含めた全髪を黒く染めてわからないよう隠す。
日本人の地毛が黒髪だからです。

黒髪に少し白が入り混じりキラキラと目立つ数本の白髪から、半分半分のゴマ塩頭、8割近くが白い毛で残りが元の黒髪というロマンスグレーに近い状態まで様々。
白髪の生えている量がどうあれ、とにかく黒に染めていた。

黒髪と同じ色に染めて白髪隠し、これがこれまでの白髪ケアの方法でした。

白髪染めとオシャレ染めの違い

白髪染めは、いわゆるオシャレ染めと呼ばれるヘアカラー剤とは違うと考えられがちですが実は似ているもの。髪が染まる仕組みもほぼ同じで薬品の配合や調合が異なるだけ。

市販の白髪染め、市販のオシャレ染め、美容室で染める場合も変わりはありません。
強いて言えばオシャレ染めの少し違うバリエーションといった感じのものが白髪染め。

髪を染める仕組み

二剤混合式のヘアカラー剤が髪を染める仕組みとしては、1剤と2剤を混ぜて化学反応させて使う。1剤中のアルカリ剤が髪の表面キューティクルを開きます。これで混合液が髪の内部へと流れ込む。

2剤の酸化剤が1剤のアンモニアと混ざり酸素が発生し、髪の内部メラニン色素を黒から脱色。

同時に1剤中の酸化染料が発生した酸素により発色。
この混合剤がメラニン色素へ浸透して色が付き、分子は大きく外へ出れずに内部で定着。

これで髪の毛に色が付いて見えるわけです。

白髪染めは染毛力が強い

白髪染めと、オシャレ染めカラーリングでは、元の髪の色を抜く脱色力(ブリーチ効果)と、髪に色を付ける染毛力に違いがあります。

黒髪を茶髪にするようなオシャレ染めヘアカラー剤はブリーチ力が強い。
黒髪の色を抜くことが必要だからです。

白髪を染める白髪染めは染毛力が強い。
何らかの理由で色が抜けてしまった状態が白髪なので、色を抜くことより、逆に色をしっかりとつける染毛のほうが必要になります。

白髪が生えてきたけど茶髪の明るい髪色にしたい

白髪が生えてくる平均年齢は30歳代半ば頃というデータがあります。
すなわち30代や40代の人に白髪が生えてくる、白髪が目立ってきて悩み始める。

最近では、この世代や中年の方でオシャレ染めを使って茶髪にしている人も少なくありません。

茶髪と言いましても、完全に垢抜けたハイトーン系のライトブラウンや金髪の人もいれば、少しだけ茶色で真っ黒ではないダークブラウンなど、茶髪の髪色にも明るさごとにかなり幅はあります。

そして何より、白髪が生えてきたけど、これまで通りの明るい髪色でいたいと考える方がいらっしゃいます。

茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い

美容院で白髪染めして茶髪へ。明るい髪色にできない?

美容院で「白髪染めで茶髪にしたい」「白髪染めで明るくしたい」といったオーダーをすると断られたり、否定されることが多い。

まず、美容師はあなたの髪質やヘアスタイルを考慮して髪を染めます。

まだ白髪が数本だけ、部分的なもので少ないならカット技術で白髪だけを取り除く。そして髪をヘアカラーで染めれば完成となり、このレベルであれば明るい髪色も問題なくできます。

ところが、髪の裏にびっしり白髪が多かったりしますと、髪裏や髪の根本は白髪染めで染め、毛先や他の部分はオシャレ染めといった染め分けのテクニックで染めることになる。

ブリーチで全ての髪色を抜いてから白髪染めで染めるという方法、ダブルカラーもできなくはありませんが、髪が傷む恐れがあるので積極的には用いられません。

結局は白髪染めだけで染めるという方法に落ち着きます。

白髪染めは先にご説明しました通り、しっかりとした色付けを目的としているので染毛力が高い。色の薄い毛に濃い色を入れる。

白髪染めで染めると重い、ダークな色合いに仕上がるのはこのため。
このことを理由に美容師は白髪が多めに生えている人を明るい髪色にすることを拒むのです。

しっかり濃く染めないと白髪が染まらない、後から白髪だけ目立ってしまうよ、という意味なので正しい意見。

オシャレ染めで白髪は染まらない

それならこれまで通りオシャレ染めヘアカラー剤で茶髪にしてくれればいい、と思ってしまうかもしれません。

オシャレ染めで白髪は染まりません。
黒髪は茶髪になりますが、白髪は白い毛のままそのまま残る。
多少色がついても茶色にはならず金色っぽい焼けて痩せた髪の毛になってしまいます。

市販のオシャレ染めを使って自宅でのセルフ染めで茶髪にしている人も同じ。
これまで通りに強引にカラーリングすれば問題ない、なんて思っていても、染め終わった後で鏡で自分の髪を見て驚くと思います。
「白髪残ってる、白髪だけ染まってない、そのままじゃない・・・?」と。

茶髪ダメ。白髪を明るい髪にしたくない美容師もいる

美容室にもいろいろな薬剤があったり、混ぜて使うテクニックもあるのですが、美容師がこれを嫌がったり面倒に思っていることもあります。
もしくはこの辺りのヘアカラーリングの知識に乏しい美容師がいるのも事実。

髪色を明るくするならブリーチを使うのが正しいものの、白髪は色が抜けていますので、使うとダメージが大きすぎるので使いません。

何よりも白髪染めは白髪という色の抜けた毛を染めることが第一目的ですので、濃く染めなくてはならないのです。黒やこげ茶のような色でしか染められない。

髪が重い色に仕上がるという染毛の考え方で間違っていません。
つまり重い暗い髪色になりがち。

美容師はプロで経験を積んでいますから、少なくとも素人のあなたよりは髪のことに詳しい。
意見が食い違うようであれば、何としても白髪染めで明るくしてほしいという強引な注文は止めておきましょう。

白髪を明るい髪にしたくない美容師もいるというより、白髪の染め方が暗く濃く染める技法なのです。茶髪ダメと一方的に拒否しているわけではありません。

市販の白髪染めで黒髪も茶髪にできる

茶髪にできる白髪染めは市販されています。
ドラッグストアやホームセンター、大型スーパーなどで販売。
実店舗でもよいですがインターネット通販で入手するのが簡単です。

白髪染めで茶髪にしたい場合は、必ず仕上がりイメージ色がブラウン系のものを選んでください。
例えばブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ライトブラウン、ローズブラウンといった色を選ぶ。

注意点としましては黒髪から一度で極端に明るい髪色にしようとしないこと。
何度か染めるうちに明るくなってきます。特に現状が完全な黒髪でこれから茶髪にしようとしている人は慌てないようにしてください。

それさえ気を付ければ、最近の市販の白髪染めは、プロではない一般の素人が自宅で自分でセルフ染めしても簡単にきれいな髪色に仕上がるように作られていますので問題なく染めることが可能。

メンズ用の白髪染めもありますが、多くは男女兼用ですから、女性だけでなく男性もお使いいただけます。

白髪があっても大丈夫。
市販の白髪染めで素敵な茶髪に染めましょう。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい
白髪染めで明るい茶髪にはできない?黒い茶色にならない染め方のコツ
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき

フォローする