茶色の白髪染めで黒髪も染まる?黒髪に使用し普通の髪を染める

茶色の白髪染めで黒髪も染まるのでしょうか。

ヘアカラーおしゃれ染めと白髪染めの違いから、白髪染めを黒髪に使用して普通の髪を染めることについて考えてみましょう。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪染めは白髪も黒髪も染まる

白髪染めは白髪だけを染めているようでいて、黒髪も染めています。

白髪が生えている人がブラウン系の白髪染めで茶髪に染めようとしたときに白髪しか染まらなければ、白髪だけ茶色になって黒髪はそのままということになり全体的に茶髪に仕上がりません。
つまり、茶色の白髪染めで黒髪も染まる

それはブラックの白髪染めでも同じ。
地毛の黒髪というのは元来の色合いや微妙なヤケや擦れからの赤味および茶色っぽさなどがありまして、単にブラックで真っ黒に染めた髪色とは色合いが異なる。
白髪だけが白髪染めのブラックに染まった場合、地毛である黒髪の髪色との違いができてしまい、不自然な髪色になってしまう。

白髪染めで茶髪にできる?

茶色の白髪染めで黒髪も染まる?

二剤混合式の白髪染めは髪の表面キューティクルを開いて、髪の内部に混合剤が入り込みメラニン色素を染めています。

この染毛の仕組みは黒髪用のオシャレ染めヘアカラー剤も、白髪用の白髪染めも同じ。

ただし白髪染めのほうが染毛力が強く設定されており、オシャレ染めのほうが脱色力が強く設定されています。
白髪は色の抜けた髪であるから色濃くしっかり染める必要があり、黒髪はまずメラニン色素の色味を抜く必要があるからです。

茶色の白髪染めを使えば、白髪だけでなく黒髪も同色の茶色に染まります。

白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる

ヘアカラーおしゃれ染めと白髪染めの違い

ヘアカラーいわゆるオシャレ染めは黒髪を染めるためのもの。
一方で、白髪染めとは言うまでもなく白髪を染めるためのもの、白髪隠しが目的。

白髪染めで黒髪を染めることはできますが、オシャレ染めで白髪を染めることはできません。
オシャレ染めのヘアカラー剤はそこまで染毛力が強くないからです。

仮にも強引にオシャレ染めで染めてみても、白髪は染まらず失敗に終わる。
多少の色がついていても変色したような色で他の髪色とは異なるので、色の違う髪が生えてるようで周囲からは不思議な目で見られることでしょう。

白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?

白髪無い人が白髪染めで普通の髪を染める

それならば白髪が無い人が白髪染めで染めたらどうなるでしょう。
白髪染めで普通の髪を染めるのはよいのかどうか。

問題ありません、白髪染めで普通の髪を染めることができます。
白髪が生えていない黒髪の人が茶色の白髪染めで茶髪にすることも可能です。

白髪染めで普通の髪を染める?普通の人が茶色の白髪染めで染めてもよいのか

むしろ濃い色合いでしっかり染まりますので、きれいなダークブウランとなり、おすすめしたいところですが、白髪が無い日本人は黒髪でありますから、そこから明るい髪色に染めるには回数と時間を要します。

だからこそオシャレ染めのヘアカラー剤で染める必要がある。
黒髪を茶髪にするならこれが一番。
特にライトブラウンなどのハイトーンにしたいなら迷わずオシャレ染めヘアカラー剤を選ぶ。
ブリーチ剤を使うという手もあります。

逆に、オシャレ染めヘアカラー剤で染めた茶髪の人が白髪染めを黒髪戻しとして使うなら、これはこれで問題ありません。しっかり黒く濃く染まりますから。

茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

白髪染めとは黒髪に使用してもよいものなのか

先の通り、白髪染めとヘアカラー剤の違いは、染まり方にあります。
白髪は白髪染めでなければ染まりません、ヘアカラー剤では無理。

そして白髪染めは、染めるときに白髪と黒髪を一緒に染めています。
そうでなければ、染めた白髪の色と染まっていない黒髪との違いでムラになってしまうでしょう。

それ以外、構成している成分や薬剤の種類および色素などはほぼ同じものであり、黒髪に塗っても白髪に塗っても、作用や影響は同じ。染まるか染まらないかの違いだけ。

すなわち、白髪染めは黒髪も染まるようにできていますので、白髪染めとは黒髪に使用してもよいものなのです。

白髪染めで明るくしたいからブリーチを使うのはよいか

白髪染めで明るくしたいから、その前にブリーチを使うのはよいかと言いますと、理屈としては悪くはありません。

しかしブリーチを使うと髪が傷みますので、そこから連続で白髪染めを使うことは、さらに髪が傷む可能性があります。必ずしもよい染め方とは言えませんのでご注意ください。

あるいはブリーチで色抜きした場合、ライトブラウンよりもハイトーンの金髪にすることも可能であり、その場合は、既に白髪が目立たない髪色になっていますから、それだけで白髪隠しができているとも言えます。そのあとに白髪染めは不要という考え方。

茶髪に染める心理、髪を染めるのはなぜ?

少しだけの白髪

白髪が1本とか数本程度など、少しだけの白髪であれば、カットで切り落として、あとはオシャレ染めヘアカラー剤で染めるという手もあります。
これなら黒髪だけを染めればよいだけなので難しいことはありません。

ただ、30代~40代以降で生えた白髪は、ほぼ加齢要因。
そこからは白髪が爆発的に増える可能性が高いと言えます。
中年の方は、男女問わず、数本だけの白髪なので気にしないなどとあなどらないほうがよいでしょう。
白髪染めは年齢的に、いつから使うべきなのかな?などと迷わず、ある程度白髪を見つけたなら早い段階で白髪染めを使い始めることをご提案いたします。

白髪染めで黒髪も染まる

白髪が生え始めで少ない場合も、大量に生えていても、半分半分のごま塩頭のような状態でも、オシャレ染めヘアカラー剤ではなく白髪染めを使うべき。

白髪は白髪染めでなければ染められないからです。

白髪以外の地毛の量が多いからと迷ってしまうかもしれませんが、その点に関しては関係ありません、黒髪も同色に染まりますから。

白髪染めで黒髪も染まるのは美容院でもセルフでも同じ。
市販の白髪染めも白髪と黒髪を一緒に染めるものです、安心してお使いください。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪と黒髪を一緒に染めたい。茶髪にする市販の白髪染めは?
仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった
白髪染めで茶髪にする頻度、ヘアカラーの適切な間隔と最短期間を知ろう
白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする