茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

茶髪のヘアカラーで染めて失敗してしまった場合どうするべきか。

髪色が明るすぎたときの対処法としては白髪染めを使うべきか、それともオシャレ染めを使うのが正しいのでしょうか。

セルフの茶髪ヘアカラー失敗で明るすぎた

セルフの茶髪ヘアカラー失敗で明るすぎた場合は、ひとまず様子をみましょう。

他のヘアカラーを使って連続で染めても髪色が変色して失敗する可能性が高いと言えます。
少なくとも髪や頭皮へのダメージを考えますと、次回に髪を染めるのは最低でも2週間、できれば1か月は間隔を空けたい。

なお、強引にブリーチで色を落してから染め直そうと考えるのは危険です。

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?

美容院で茶髪のヘアカラー失敗して明るすぎた


美容院で茶髪のヘアカラー失敗して明るすぎた場合は、担当の美容師に、その旨をはっきり伝えましょう。
あるいはご自宅に帰宅された後でしたら、翌日でも構いませんので電話で連絡してください。

大抵は改めて染め直しをしてくれます。
染め直ししないケースでも、少なくとも相談にはのってくれますので、遠慮なく申し出てください。

また、美容師の側もヘアカラーの失敗や、髪色のイメージがオーダーと違うというクレームは何度も経験していますので、問題なく対処してくれます、ご安心ください。

美容院での茶髪の頼み方。白髪染めでも茶髪にオーダーできる?

髪色が明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

髪色が明るすぎた対処法としては白髪染めを使うべきか、それともオシャレ染めを使うかで迷う方がいらっしゃるかもしれません。

黒髪戻しのように黒っぽく濃い色に染めてもよいという方に関しては、白髪染めのほうがよいと言えます。白髪染めは、オシャレ染めヘアカラーとほぼ同じものですが、白髪染めのほうが濃くしっかりと染まるように染毛力が強くできているからです。

また、現在の白髪染めのカラーにはブラックだけでなく、ナチュラルブラウンやダークブラウンといった明るい髪色に染める白髪染めも市販されていますので、茶髪に染めたい方にもお使いいただけます。

白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める

髪色が明るすぎた失敗をごまかすのは難しい

髪色が明るすぎた失敗を今すぐに、ごまかすのは難しいと言えます。
なぜなら髪色は絵具やペンキのように色を混ぜたり変更したりできないからです。

基本的には、やり直しで染めたい気持ちを抑えて待つのが正解だと言えます。

どうしても誤魔化す対処法をということであれば、ヘアマニキュアのような髪の表面に塗るタイプを使って染めてみてください。
ヘアカラーで染めたメラニン色素の色とは関係なく髪に色をつけるだけですので、色が混ざることなく、かつ、髪や頭皮の受けるダメージも抑えることができます。

茶髪をごまかす方法は?茶髪の上手なごまかし方

茶髪の人が白髪染めを使うか、明るい髪色に染まるヘアカラー剤オシャレ染めを使うか迷ったとき


茶髪の人が白髪染めを使うか、明るい髪色に染まるヘアカラー剤オシャレ染めを使うか迷ったとき。

既に明るい髪色に染めている茶髪の人が、白髪を発見したときは、白髪染め、ヘアカラー剤オシャレ染めのどちらを使うのが正しいのでしょうか。

茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い

茶髪にしたいが、先に白髪染めで黒く染める失敗

白髪が生えているのを見つけたので白髪隠ししなくてはなりませんが、完成するヘアスタイルとしては明るい髪色、茶髪にしたいわけです。

先に白髪染めの黒で染めて白髪を見えなくしてから、その後にヘアカラー剤オシャレ染めを使って全体を茶髪のカラーリングにしよう、などと二段階での染め方を考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、これは間違い。

連続で髪を染めるのもよくありませんが、一度、白髪染めで髪を黒く染めてしまうと、しばらくの間は髪に色をつけることはできなくなります。

色がつくとしても、ほとんど見えないくらいダークで重たいトーン、ほとんどブラックのまま。

茶髪の中に白髪が生えてもヘアカラー剤オシャレ染めで染める失敗

これまで茶髪で明るい髪色に染めていた人に白髪が見えた場合、茶髪用の明るい色オシャレ染めでブラウン系で染めれば問題ない、などと気にしないかもしれません。
つまり今まで通りのヘアカラー剤オシャレ染めで白髪も染まるだろうという考え。

これも間違い。髪色の染毛は失敗に終わる。

残念ながらヘアカラー剤オシャレ染めで白髪は染まりません。
そもそも白髪染めとオシャレ染めは性質が違うのです。

白髪染めとオシャレ染めの違い

白髪染めとオシャレ染めには違いがあります。

白髪染めも、ヘアカラー剤のオシャレ染めカラーリング剤も、1剤と2剤を混ぜて使う仕組みと化学反応の仕組みは同じなのですが、白髪染めは染毛力が強く作られており、カラーリング剤はブリーチ力、脱色力が強い性質になっている。

先に黒の白髪染めを使った場合、全ての髪が黒く強めに染毛されてしまうので、その上からオシャレ染めのカラーリングをして二度染めを試みてもなかなか色は抜けないし、発色の色が定着する余地は少なく、色づきませんので、ほとんど見えない。
しかも黒が最も他の色からの影響を受けにくい染まりにくいカラーなので当然、髪色を変えにくい。

黒の白髪染めで染めて、そして明るい色のヘアカラー剤の順番で連続して染めた場合、結果はダークな仕上がり。多少の色味が入ったとして黒っぽい重い茶髪になる。
少なくとも明るくきれいなブラウン系の色合いでの茶髪は期待できません。

基本的には最初の白髪染めで染めた黒髪のまま。

ヘアカラー剤オシャレ染めで茶髪にはできない


ヘアカラー剤オシャレ染めカラーリングだけで茶髪にしようと考える人は多い。

オシャレ染めのブリーチ力が強いのは先にご説明した通りですが、白髪というのはメラニン色素の黒が抜けている状態の毛ですので、既に色が抜けている白髪に脱色はあまり関係ない。
それよりもしっかり濃く染めることが必要。

実際にヘアカラー剤で染めてみるとおわかりになると思いますが、結果として、黒髪は茶髪になるものの、白髪は白のまま残る。
あるいは金色かオレンジ色の妙な焼けて痩せたような毛になって失敗。

ある程度は茶髪に混じってわかりにくいですが、近くで見たり、髪が光に反射すると、なぜ数本だけ金色なんだろう?と変に目立って周りの人にバレます。
白髪が生えてる部分だけ金髪っぽくも見えるかもしれません。

白髪も染まるオシャレ染めはないが白髪も染まるトリートメントなら明るい髪色にできる

茶髪にできる白髪染めで明るい髪色に染めよう

白髪を染めるには白髪染めを使うのが正解、というのが結論。

白髪も混じる髪の人が茶髪にしたいというのであれば、茶髪に仕上がる白髪染めを使うのです。
仕上がりイメージ色がブラウン系の白髪染め。

オシャレ染めのブリーチ力と染毛力を調整した商品が白髪染めであり、染毛力が強く開発されている。
そして明るい色に染めるタイプは、白を黒ではなく、カラーリングの要素も取り入れた。

ここでのポイントは一度で染めるということ。
白髪染めしてからオシャレ染め、みたいな二段階方式ではない。
白髪染め1本で一度染めれば白髪ケアできて、髪色も明るく染められるのです。

茶髪にできるブラウン系の種類

茶髪にできるブラウン系の種類もカラーバリエーションがある。

シックで落ち着いた大人のブラウン系(ダークブラウン、モカブランなど)から、かなり明るい髪色のブラウン(ライトブラウン、イエローブラウン)などもありますので、ご希望のヘアカラー剤を選び、お好みの明るさや髪色に染めていってください。

これまでヘアカラー剤オシャレ染めで明るい髪色にしてきた人は、白髪が生え始めた後も、茶髪を諦めなくてよいのです。
今後は、白髪隠ししながら、明るい髪色も続けられる。

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

市販の白髪染めを使ってセルフで染める

白髪染めは市販のものが薬局ドラッグストアやインターネットで簡単に買えますので、自宅で手軽にセルフで染められる。

美容院では色味の細かな調合まであるのですが、そこまで詳細にカラー設定するかどうかはそのお店の美容師さんの腕や知識次第とも言えます。
そもそも白髪染めにカラータイプがあるということを知らない美容師もいるようですし、白髪染めは絶対に黒仕上げしかしないという方針の店もあるくらい。

かえって市販の白髪染めのほうが自分の好みで明るさやブラウンのトーンを選べますし、素人である一般人が染めてもイメージ通りきれいな髪色に仕上がるように開発されていますので、セルフで白髪ケアすることはおすすめです。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪染めトリートメント

最近人気の白髪染めに白髪染めトリートメントがあります。
髪の表面を染めるヘアマニキュア。

二剤混合式のように混ぜる必要はなく、そのまま使う。

天然成分で作られ、ノンジアミンなので、低刺激でアレルギー体質の人も安心安全。
髪や頭皮にやさしい成分で、毎日使える。

白髪染めトリートメントはクリーム状で液ダレしにくいので、髪の根元や分け目、生え際などもピンポイントに部分染め可能。

毎晩のお風呂で塗って、5分ほど放置して、洗い流すだけなので、手軽で簡単。
使い切りではないことも合わせ、1本持っておくととても重宝します。

ブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなどのカラーバリエーションもありますので、明るい髪色に染めることもできます。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
美容院で白髪染めしたが茶髪に染まっていないのはなぜ?
白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?
白髪染めで茶髪にできる?
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
白髪染め失敗、やり直しで染めたい気持ちを抑えて待つのが正解

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする