白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

白髪染めの上からカラーリングしたら髪色が明るくなるのでしょうか。

白髪染めで染めた後に、思ったよりも暗いので、もう少し明るくしたい、
もう少し茶髪にしたいというときに、
連続染めとして追加で白髪染めの後におしゃれ染めを使う染め方について。

白髪染めの上からカラーリング

白髪染めの上からカラーリングするのは、あまり意味がありません。
白髪染めの後におしゃれ染めしても髪色はほとんど変わらない。
あるいは変色したような予測できないカラーに仕上がり失敗となるでしょう。

なぜなら二剤混合式の白髪染めで染めたということは、
既に髪の内部の色素を染めて色付いていますので、
そこからさらに二剤混合式のオシャレ染めの連続染めでは色が付かない可能性が高い。
既に違う色になっているメラニン色素をさらに変色させようとするからです。

白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする

明るい髪色になる市販の白髪染めを使う

市販されている二剤混合式の白髪染めのブラウンやライトブラウンであれば、
一度染めるだけで直後から明るい髪色に染まりますから、その1本で染めるようにしましょう。

思ったよりも明るい色に染まっていなくても、2週間か1か月後にもう一度同じように染めれば、さらに明るくなる。

明るくならなければ、次回はさらに明るいカラーへ変えて染める。
それ以上明るいカラーが無いのであれば、他社のブラウンやライトブラウンで染めてみる。

白髪染めとカラーリングを同時に使っても大丈夫?

白髪染めとカラーリングを同時に使うのはあまりよろしくありません。
健康被害などの面で大丈夫であっても止めるべき。

白髪染めで染めて、その直後にヘアカラー剤の連続染めは仕上がり髪色もイメージ通りにならないばかりか、頭皮や髪のダメージも大きい。

白髪染めの2か月後にヘアカラー剤とは言わないまでも、1か月後、最低でも2週間は間を空けたいものです。

白髪染めの上からブリーチしたら明るい髪色になる?

白髪染めの上からブリーチしたら明るい髪色になると思い付いた方がいらっしゃるかもしれません。

しかし白髪染め後のブリーチをやってみたところで、せっかく色付けたメラニン色素の色も合わせて完全に抜けるか、変な色になって失敗に終わるでしょう。

それならはじめからブリーチで明るい髪色にするのが正解なのです。

そもそもブリーチは髪色を抜いて無色にしている。
白髪は色素が色付かないので黒髪になれず無色になった毛が白色や銀色に見えている。
ブリーチを使うのは全頭白髪にすることに近いとも言えます。

実際のところは、色が抜けた髪からさらに髪の色素を取ろうとするのですから髪へのダメージは相当なものになります。
それ以前に追加的な連続染めは薬剤の高刺激性から頭皮やお肌にも負担が大きい。

白髪染めの上からブリーチするのは止めておきましょう。
正しくは白髪が生えている状態ならばブリーチは使わないほうがよいと言えるでしょう。

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい

髪が生え変わるまで待つのが正解

髪を染めるというのは絵具やペンキで色を塗ることとは違い、色素を変色させているので、染めた直後の修正は難しい。

特に二剤混合式は髪の表面キューティクルを開いて内部のメラニン色素を色付けてしまっていますので、さらに上から染めても見本色のようなカラーにならないことが多い。

試しにプロの美容師さんに髪色の修正を相談してみてください。
「2週間か1か月空けて、しばらくしてから染めたほうがよいよ」という回答になるでしょう。
これは髪や頭皮へのダメージも考慮した上での判断になっています。

髪を染めた後で髪色のイメージが違っても、髪がある程度以上に生え変わるまで待つのが正解なのです。

白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき

白髪染めの上からヘアマニキュアで染めるとうまくいく

白髪染めの上からヘアマニキュアで染めるとうまくいく方法があります。

二剤混合式の白髪染めで染めてみて、もっと明るい髪色にしたい、もっと茶色の髪色にしたいと思ったら、白髪染めの上から白髪染めトリートメントなどのヘアマニキュアを使うのです。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけですので、髪の内部メラニン色素の色味に関係なく色付けできます。

しかも低刺激ですので頭皮や髪にほぼダメージがありません。
毎日染めても大丈夫、連続染めも可能。

ゆっくり髪色が染まるので髪色の調整がしやすいのもメリット。
お好みの髪色になった日に染めるのを一時停止すればそのカラーで維持されます。

おしゃれ染めヘアカラー剤の上から連続染めで白髪染めトリートメントを使う

お急ぎであれば、先にオシャレ染めヘアカラー剤で明るい髪色の染めて、その上からブラウンやライトブラウンの白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを使うとよいでしょう。
但し、オシャレ染めのようなヘアカラー剤では、黒髪は染まっても白髪は染まっていませんので、後から白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーで染めるのを忘れない事。

できることなら、これを機に今後はセルフでの二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めを使うのを止めて、美容室での白髪染めも止め、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュアだけで白髪ケアしていくことをおすすめします。

※おすすめの白髪染めトリートメントはこちら
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
カラートリートメントで白髪を染めた、その後カラーリングで茶髪にできる?
どのような化学反応から白髪染め薬剤で脱色し茶髪に染まるのか
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
白髪染めで茶髪にするダメージは?髪や頭皮にダメージ少ない低刺激の市販品を
仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった

フォローする