白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?

白髪染めと黒染めの違いは何でしょうか。

しっかり黒く染めて長持ちさせたい場合はどっちを選ぶべきなのか。

白髪染めと黒染めの違い

白髪染めと黒染めの違いですが、
白髪染めは白髪を染めることが主な目的のため染毛力が強い。
脱色力については弱め。

それに対して黒染めにするオシャレ染めヘアカラー剤のブラックは、
白髪染めほど染毛力は強くありません。

髪の表面キューティクルを開いて、地毛のメラニン色素の色を抜いて
脱色してから酸化染料で色付けしていく。
オシャレ染めは先に地毛である黒髪の色を抜くということが優先ですから
ブリーチほどではないにせよ脱色力は強い。

それ以外は、比較して白髪染めも黒染めにするオシャレ染めヘアカラー剤のブラックも
ほぼ同じだと言えます。

白髪ぼかし染めとは男性のカラー?女性の白髪染めとの違い

白髪染めを黒染め代わりに使える?

白髪染めを黒染めオシャレ染めヘアカラー剤のブラック代わりに使うことは可能。
白髪染めは白髪を染めるだけでなく、黒髪も一緒に染めているからです。

ブリーチしてからオシャレ染めで明るい髪色に染めた方が、
その後に白髪染めを使って染めても問題ありません。

ただ、二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めは強い刺激性があり、
頭皮や髪へのダメージも大きいですので、短期間に連続して染めることは控えたい。
頻度としては1か月に1回程度が目安になります。

白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき

白髪染めで真っ黒にしたい

白髪染めで真っ黒にしたいとすれば、それは可能です。

前述のように、白髪染めは髪を強く濃く染めるようにできていますから、
少なくともオシャレ染めヘアカラー剤で黒に染めるよりも真っ黒に染まります。

真っ黒にしたいのであれば、白髪染めのブラック、
ナチュラルブラックといったカラーを選んでください。
ソフトブラック、ダークブラウンなどは避ける。
オシャレ染めは使わないほうがよい。

仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった

白髪染めで染めると黒すぎる?

白髪染めのほうがしっかり染まる分だけ、よりブラックが強い、
髪色が黒すぎるという傾向はあります。

染める人の感じ方や元の髪色でも変わってきますが、
黒染めヘアカラー剤のほうがそこまで黒くはならない。
言い方を変えますと染まり方が白髪染めよりは浅い。

しかし最近では日本人の地毛の黒髪に近い自然な色味に仕上がるよう、
市販の白髪染めや黒染めも製品改良されていますから、
そこまで心配することもないでしょう。
色見本がありますから、参考材料として必ず確認してから購入する。

個人差もありますが、オシャレ染めなら、黒すぎることもなく、
ナチュラルブラック、ソフトブラックといった感じに染まるはず。

ブリーチ後の明るい髪を黒に染めるなら白髪染め?

ブリーチ後の明るい髪を黒に染める場合は、白髪染めと黒染めでどちらがよいのか。

どちらでも染めることはできますが、やはり、しっかり黒く染まるのは白髪染め。
暗く、濃く染まる。

白髪はメラニン色素が抜けて色の薄い、あるいは色の無い透明な髪の毛。
ブリーチした髪も脱色させて髪色が抜けている状態。
ですから髪色としても性質が近い。

だからこそ、ブリーチした髪を黒くしたいなら、
白髪染めで染めたほうがよいと言えるのです。

白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった

黒染めと白髪染めではどちらが長持ちするか

黒染めと白髪染めではどちらが長持ちするでしょうか。

やはりしっかり色が強く濃く付く分だけ、
白髪染めのほうが退色しにくく長持ちする傾向になります。

元の髪色の状態でもかなり変わってきますが、
オシャレ染めをした明るい髪色に対しても、
ブリーチ済のハイトーンな髪に対しても、
しっかりと染めた黒の髪色を色持ちさせたいならば
白髪染めで染めたほうがよいでしょう。

白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?

白髪染めを黒染め代わりとする色味の違いは、真っ黒

黒染めで染めると地毛の黒髪のように見せようと染めると、
やがて色落ちした頃に赤っぽく赤みがでてくることがある。
オシャレ染めヘアカラー剤は、日本人の黒髪に含む赤みや茶色っぽさも
再現するために、これらの色素もわずかに入っているからです。

それに比較して、白髪染めは暗く濃く強く染めるようにできていますから、
色落ちしていくにしても、真っ黒のまま退色していく感じ。

但し、オシャレ染めに完全な黒も販売されておりますし、
白髪染めも自然な黒髪に近く赤みを加えて調整していることがありますので、
最終的には地毛の髪色からくる個人差や、染め方のほうが
色落ちや退色に影響を与える可能性があります。

それでも、しっかり黒く染めたいなら白髪染めで染めるのがよい
ということに間違いありません。
白髪染めを黒染め代わりとする色味の違いは、真っ黒にできるかどうかだとお考え下さい。

オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?

就職活動など一時的な黒髪なら黒髪戻しを使う

就職活動やなど、何らかの理由で一時的に明るい髪色を黒くしたいだけの場合。

黒髪戻しというものもあります。
主に髪の表面を黒くして黒髪に見せるものが多い。
スプレー缶やペンタイプのものもある。

一定期間、黒く染めて、その後は元の髪色に戻すなら、黒髪戻しでよいでしょう。
最短でその日だけ一時的に黒髪にするなら特にそうですね。
結婚式、お葬式、法事などの冠婚葬祭もそうかもしれません。

逆に、髪を染める日を境に、以後、ずっと黒髪にしてしまうのでしたら、
黒髪戻しではなく、オシャレ染めの黒染めか、白髪染めをお使いください。

いずれ再び明るめの髪へ戻す可能性が少しでもあるのなら、
髪色が浅く染まるオシャレ染めのブラック黒染めで染めておいたほうが
無難かもしれません。
白髪染めで染めた場合、しっかり濃く染まっていますので、
後から髪色を変えていくのは難しいからです。

ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事

ヘアマニキュア


セルフで髪を染めるのに、1剤と2剤を混ぜるのは二剤混合式であり、
オシャレ染めも白髪染めも同じ。
これら二剤式は、一度で強く髪色を変えることができます。
美容院で染める時も同じように混ぜてカラー剤を作っています。

一方で、ヘアマニキュアというカラー剤もあり、こちらは
髪の表面に色をつけるタイプ。
髪色の変化は少ない、何度か染めて、ゆっくり染まっていく。
色落ち退色も早い。
髪の表面に色を塗っているような状態だからですね。
しかし、その分だけ、低刺激で髪や頭皮にダメージが少なく、
体にはやさしいというメリットがあります。

一定期間だけ髪色を変えたい場合や、明るい髪色から
少しだけ明るさを落として髪色の雰囲気を変えてみたい、
といった場合には、このヘアマニキュアが適しています。
ブラックだけでなく、ダークブラウンなどのカラーバリエーション
も用意されていますので、明るい髪色からのトーンダウン、
少しだけ暗くしてみるといったことも可能。

もちろん繰り返し使っていけば、髪にしっかりと色がつきますので、
これまで使ってきた二剤混合式の代わりとしても使えますので
ご安心ください。

ヘアマニキュアとしては、
白髪染めトリートメント白髪染めシャンプーがあります。

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは、まさにトリートメントであり、
混ぜないでそのまま使える。

クリーム状なので、ピンポイントに部分染め、
リタッチにも活用できます。

例えば、美容室で染めたり、セルフで二剤混合式の白髪染めで染めて、
しばらくして髪の根元がキラキラと白くなってきたら、
生え際、分け目、もみあげ、頭頂部など、気になる部分だけ
白髪隠しして染めるといった使い方もできる。

ダメージが少ない低刺激ですので毎日使ってよいこともメリット。

黒染めや黒髪戻しで髪色にムラがでてしまって失敗した場合も、
色味が違うように見えるところだけでも、
白髪染めトリートメントで染めて黒くするのもよいでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントの色は何色を選べばいい?カラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーも低刺激なので毎日使えます。
今お使いのシャンプーを使わずに、白髪染めシャンプーで
髪を洗うだけで髪色が染まるという新発想の白髪染め。

少しだけ髪色を黒くしたい、暗くしたいようなときには、
しばらくの間、白髪染めシャンプーのブラックやダークブラウン
で洗髪していけば、髪色のトーンが落ちていきますので
とても簡単に髪色を変えることができて便利。

白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーで黒く染める、黒髪戻し


白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、
白髪染めですから、しっかりと黒く染まる。

それでいてヘアマニキュアですので、ある程度の色落ちがあります。
すなわち一時的に黒く染める、黒髪戻しとして捉えれば、
後に改めて明るい髪色に染めていくことも簡単になります。

あるいは毎日のように染め続ければ、色落ちにもならず、
しっかりとした黒色の髪をキープし続けることが実現できる。

つまり、使い方の工夫で髪色を一時的に変えたり、キープしたりできるのです。

オシャレ染めで黒に染めて後に赤っぽくなってしまった方も、
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーで黒く染めれば
黒色をキープできますので、おすすめします。

※白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーはこちら
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
色移りが心配・・白髪染めトリートメントが色落ちして色味が移る可能性
明るい髪を暗くする白髪染めでダークブラウンに染めたい
仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった
危険、白髪染めやヘアカラーが原因の接触皮膚炎に注意。リスク避けるならヘアマニキュアを
白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう
茶髪にできる市販の白髪染め比較

フォローする