白髪染めで色の選び方。明るい髪色の決め方はどうすればよいか

白髪染めで色の選び方をどうするか。

特に茶色っぽい、あるいは茶髪系統など、明るい髪色の決め方は
どうすればよいでしょうか。

白髪あるけど明るい髪色にも染めたいのです。

白髪染め色の選び方と色の決め方のコツ

白髪染め色の選び方と色の決め方のコツについては、まず純粋に
ヘアカラーで髪を染めるなら何色にしたいのかというイメージが大切。

白髪があってもなくても髪の色は変えないという方は、
地毛に合わせて染めるために白髪染めブラックを選ぶしかない。

少し茶色を入れるだけでも明るい髪色になる。
白髪染めにもブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、
ライトブラウンなどの色の種類がありますのでセルフでも白髪ケア
しながら明るい髪色に染めることは可能。

髪色次第で人の見た目の印象はガラっと変わります。

髪の色の選び方と決め方としては、普段の服装からのファッションカラー、
職業や社会的地位など、イメージに沿った色合いが肝心。

特に白髪染めを使い始める30代、40代ですと社会的な役割にも関係して
きますから、あまりにも派手で奇抜な茶髪はよろしくないとも言えます。

しかしブラックの白髪染めで染めますと、真っ黒の髪色になることもあり、
いかにも白髪染めで染めましたという髪色に仕上がることもありますので、
ダークブラン程度の、やや明るい髪色イメージの白髪染めで染めていくのが
最も無難で現実的だと言えるかもしれません。

美容院の白髪染めの色び方と決め方は?

美容院では美容師が染毛剤を調合して作ります。

ヘアカラーでは色見本を見て色を選び決めることになりますが、
白髪染めの場合はグレーヘアーというメニューがあるように、
暗い重い濃い色で染めていきますので、ほぼ美容師にお任せということになります。

白髪あるけど明るい髪色に染めたいと希望を伝えても、
断られることが多いのでほとんど意味がありません。

白髪はメラニン色素の黒から色の抜けた髪ですので、
この薄い色の毛にしっかり染毛するという技術が白髪染め

美容師はプロ。説明は正しく、間違ってはいないのです。

市販の白髪染めでの色の選び方と決め方は?

それに対して、市販の白髪染めにはブラックだけではなく、
茶色っぽくブラウン系統に明るく染める白髪染めがあります。

もし、白髪あるけど明るい髪色に染めたいというのがご希望でしたら、
ご自宅で自分で、セルフ白髪染めをするほうがよいと言えます。

誰でも簡単に白髪ケアして、きれいに染められるようになって
いますので、仕上がりの髪色を心配する必要はありません。

白髪が目立たないカラーの色は?

もし白髪が少ないのでしたら、数本ならカットで切り落として、
残りの黒髪だけヘアカラーおしゃれ染めで染めるという方法もあります。

この場合、次に生えてくる白髪や、切り落としきれなかった白髪、
見落とした白髪もカモフラージュするために明るい髪色に染める
ほうが得策だと言えます。

白髪が目立たないカラーの究極は金髪ですが、この髪色は現実的に無理なので
茶色系統でライトブラウン
それも難しいのなら多少でも茶色を混ぜたい。

少なくともブラックは地毛の黒髪とはマッチしますが、かなり頻繁に染めて
リタッチしていかないと、時間経過とともに白髪が目立ちやすいことは事実。

黒の白髪染めでリタッチの煩わしさ

白髪染めの色の選び方のポイントとしては、次の白髪が生えてきた時にも
目立つことがないかどうかもひとつの判断基準になります。

ブラックやダークブラウンなどの暗い系統のカラーほど、新しく根本から
白髪が生えてくると目立つことになり、キラキラが見え隠れして、さらに伸びると
プリン頭になりかねない。

何度も部分染めの白髪染め、リタッチをする必要が出てきます。
特に根本、生え際、頭頂部が危険。

茶色、ブラウンの白髪染めで明るい色に

黒系統に対して、ブラウンの明るい色の白髪染めを利用すると根本の白髪
キラキラと相違がわかりにくく、少なからず白髪隠しになる。

ある程度の期間、頻繁にケアする必要がなくなりますので、多忙なライフスタイル
の方は、白髪あっても明るい髪色に染めることをご提案いたします。

同じブラウンでも、ライトブラウン、ダークブラウンなど、
カラーバリエーションがありますので、必ずしも派手で奇抜な茶髪にする必要は
ありませんのでご安心ください。

少しだけ明るい髪色にもできるのです。

白髪染めトリートメント

明るい色をキープしたい場合には二剤混合式の白髪染めやヘアカラーを
利用するのではなく、刺激が低い白髪染めシャンプー白髪染めトリートメント
を利用することで、肌トラブルが起きることも少なくなります。

これらはヘアマニキュアと呼ばれる部類の白髪染めであり、キューティクル
を破壊することなく、髪の毛の表面だけを染める染毛剤。

低刺激で染め直しをしても痒みを感じる心配がありませんし、
毎日のように染めても頭皮や髪を健康的な状態に保つことが可能です。
部分染めリタッチに最適。

根本や分け目が白くなってきたからと、ヘアカラーなどの刺激の強い薬剤を
短期間に何度も利用すると、髪や頭皮だけでなくお肌や体全身の健康にも
悪影響を与えかねませんのでご注意が必要。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーにもブラウン、
ライトブラウン、ダークブラウンなど明るい髪色に仕上げるカラーが
ありますので、白髪染めで色の選び方。髪色の決め方に迷ったら、
セルフで明るい髪色へ白髪ケアするのもお試しください。

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは何度か染めていくなかで、
ゆっくり染まっていくのが特徴でもあります。
一度の染毛で極端に髪色を変えることはできませんが、逆に失敗することもありません。
髪色の変化を見ながら、イメージに近い仕上がり色に変えていけるのでおすすめです。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
白髪染めで茶髪にできる?
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった

フォローする