ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染める

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染めることはできるでしょうか。

ちらほら白髪の原因は何か

ちらほら白髪が生えてきたというお悩み。

ちらほら白髪の原因はいくつか考えられますが、ほとんどが加齢によるもの。

ストレス要因であれば放置しておいてもやがて無くなりますが、年齢が40歳前後のアラフォーであれば、染めて白髪ケアするべきです。
なぜなら、白髪が生え始めるのが30代半ば頃が多いと言われておりますし、最初はチラホラでも、あっという間に増える可能性が高いからです。

まだ20代の方など年齢に関係なくても、やがて消えるストレス要因であっても、白髪隠ししたほうが気にしなくて済むのは間違いありません。

ちらほら白髪の対策はあるか

ちらほら白髪の対策としては、髪を染めることが一番。

ストレスを軽減したり、食事を改善することで栄養を摂ったりと、白髪を減らす対策法はいくつか考えられますので実行していただきたいと思いますが、時間がかかるのと、その効果が曖昧で対策としてはよいとは言えません。

ちらほら白髪を見つけるたびに切るという対策はキリがありませんし、見落としもありえます。そもそも頭頂部や後頭部の白髪をご自身でカットするのは不可能です。
加齢要因であれば、やがて爆発的に増える可能性がありますので見える範囲内でも手に負えなくなります。
1本切るだけならまだしも、やがて根本的な解決策にはならなくなります。

白髪を抜く方がいらっしゃいますが止めてください。
髪の色が違うだけで黒髪と同じ髪の毛ですから地肌や毛穴にダメージがでてしまいます。

ちらほら白髪を市販のヘアカラーで染められる?

ちらほら白髪を市販のヘアカラーで染めることはできます。
しかし白髪隠しにはなりません。

オシャレ染めなどのヘアカラー剤は、黒髪を染めるようにできていますので、白髪を染めることはできないのです。
無理に染めたとしても少し色がつけばよいほうで、全く色がつかない白髪のまま残る可能性が高い。

オシャレ染めで、ある程度は色がつくかもしれませんが、染めた黒髪とのコントラストも気になるところですし、完全に色がつくように染めたいのであれば白髪染めを使うこと。

茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染める

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染めるなら、白髪染めトリートメントをお使いください。
一般的なカラートリートメントでは黒髪が染まっても、白髪が染まりません。

同じ白髪染めでも二剤混合式よりも、トリートメントタイプのほうが、狙ったところだけをピンポイントに染める部分染めに使いやすい。
だからこそチラホラ白髪に活用できる。

もし、間違えてヘアカラー剤オシャレ染めで染めてしまい、ちらほら白髪が染まらずに残ってしまった場合や、いつもオシャレ染めで茶髪に染めている方にチラホラ白髪が生えてきた場合なども、白髪染めトリートメントが有効に使えます。

白髪染めは白髪だけでなく黒髪も染まる

白髪染めは白髪だけでなく黒髪も染まるようにできています。

市販の白髪染めトリートメントも白髪と黒髪が一緒に染まる。

よって、黒髪の方が明るい髪色に染める目的で使うことも可能。
ブラウン系のカラーを選ぶことで、髪の毛全てが茶髪に染まります。

白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?

市販の白髪染めは初心者でも使いやすくできている

市販の白髪染めは初心者でも使いやすくできているのでご安心ください。

これまでカラーリングや白髪染めは美容室でやってもらっていただけという方でも、問題なくきれいに髪を染めて、白髪隠しできます。

二剤式でも慣れれば普通に使うことができて難しくありません。

白髪染めトリートメントなら、混ぜることなくすぐに染めて洗い流すだけですので、もっと簡単。

ちらほら白髪には白髪染めトリートメントがおすすめ

ちらほら白髪には白髪染めトリートメントがおすすめ。

白髪が1本だけ生えているのをはじめて見つけたとか、数本くらい生えているという状況であれば、プロの美容師はカットで対処します。
そこからさらに増えたら白髪染めをする。

セルフで髪を染める場合、たった1本の白髪のために、二剤式白髪染めを混ぜて髪の毛全てを染めるのは、やや大袈裟なことですし、何より面倒。
これまで髪をご自身で染めたことがない方であればさらに抵抗があるでしょう。

白髪染めトリートメントであれば、混ぜる必要もなく、薬品臭くもありません。
何よりも髪や頭皮に低刺激でダメージを受ける心配がない。
いつでもすぐにトリートメントを髪に塗って、10分ほど待ってから髪をすすぐだけ。

低刺激であることから毎日でも使えますので、鏡を見ていて、ちらほら白髪を見つけたという場合でもすぐに対処できます。
黒髪の新しく生えてきた根本が白っぽくキラキラしてるという場合にも、根本だけリタッチするなどできて使いやすい。

また、髪色に関しても、ライトブラウンやダークブラウンなどのカラーバリエーションがありますので、明るい髪色にしたい方や、少しだけ茶色に染めたいという方にも向いています。

ちらほら白髪にお悩みの方には白髪染めトリートメントをおすすめします。

関連記事

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
白髪染めで茶髪にできる?
市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
カラートリートメントで白髪を染めた、その後カラーリングで茶髪にできる?
生え始めの白髪を茶髪に染める方法
白髪が黒く戻る理由とは?白髪が黒くなる食べ物に黒ゴマ
美容院で白髪染め茶髪は黒いので、セルフで髪色を明るくしたい

フォローする