生え始めの白髪を茶髪に染める方法

生え始めの白髪はどのように対処したらよいのでしょうか。
そして生え始めた白髪を茶髪に染める方法について。

白髪が生え始める年齢は?

一般的に白髪が生え始めるのは30代半ば頃だとされていますが、早い人は20代後半から、遅くとも40代のうちには白髪は生え始めます。

それより早く学生や子供の頃からの若白髪のある人もいますし、逆に一生の間で最後まで白髪がほとんど生えない人も一定数存在している。

このように個人差があるので特定はできませんが、およそ35歳前後までには白髪ケアを考えておくべき。

原因がストレスなら一時的

白髪が生えた原因がストレスなら一時的なもの。

ストレスが解消されるとともに、白髪が減るか、無くなります。

但し、白髪が生えていることにストレスを感じてしまうと、そのことがストレスになり、また白髪が増えたり、生え続ける可能性も否定できません。

白髪が生え始める場所

白髪が生え始める場所は、人によって違います。

頭頂部、もみあげ、生え際、分け目、後頭部、襟足などに白髪が生えてきます。

もみあげ、生え際、分け目などの見えているところはよいですが、頭頂部、後頭部、襟足などの、ご自身では見えない場所に生えている白髪は気が付かずに放置してしまうことになりますので注意が必要です。

30歳を超えたら、合わせ鏡などで、定期的に確認することをおすすめします。

生え始めをカラーでごまかす

白髪の生え始めをカラーでごまかすという方法もあります。

まだ数本だったり、カットできる範囲内であれば、明るい髪色にヘアカラーで染めるのです。

黒髪に白髪は1本だけでも目立ちますが、茶髪や金髪などの明るい髪色に染めれば、白髪が生えていても目立たなくなります。

アッシュで染めたり、ハイライトを入れて白髪ぼかしにすることも有効です。

生え始めた白髪のケア。数本でも染める?

生え始めの白髪をどのようにケアするべきか、白髪隠しですね。

1本あるいは数本程度ならハサミでカットすればよいでしょう。
但し、鏡で見て切れる前髪などはよいものの、後頭部、後ろ髪、襟足など目で見えない位置ですと、セルフで切るのはほぼ不可能。

そもそも見える位置であっても、髪をかき分けて白髪だけを切り落とすというのは意外に難しいものです。

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染める

白髪は加齢とともに増える

生え始めた白髪は急激に増えていく傾向があることをご存知でしょうか。
爆発的に増える白髪を切ることで対処はできません。
あまりカットする本数が多すぎますと髪の毛量も減りますし。

白髪染めを使うのが最も有効な白髪ケアと言えます。
部分染めであれ、全体を染めるのであれ、染めて隠すのが簡単。

美容院かセルフ染めか

いつも通っている美容院でも、白髪を見つけたら美容師は黙ってカットしています。
生え始めなら数本程度でしょうし、その都度、告知はしません。

やがて本数が増えると白髪染めで染めますね、とか、白髪染め使いましょうか、などと提案されるようになります。
プロの判断でカットでは追いつかないという状態。

ですから特に何も言われていなければ、白髪量は気にするほどでもないレベル。
それでも今後は増えますし、ひとまずセルフで染めてみてはいかがでしょうか。

美容院ではカットしかオーダーしないという人、パーマやカラーリングなどは一切オーダーしない方、そういう人の白髪対策はセルフしかない。

オシャレ染めを美容院でオーダーしている人も、白髪染めだけは自宅でセルフ染めするとか、次回の白髪染めまでのつなぎにするとか、工夫次第でやりようはいくらでもあるのです。

よって、セルフで染めるという選択肢を持っておきたい。

市販の白髪染めで茶髪に染める

生え始めでそこまで本数が多いわけでなければ白髪染めトリートメントがおすすめ。
市販されていますのでドラッグストアやネット通販で簡単に買える。

使い方、染める方法としては、トリートメントタイプは混ぜる必要もなく、そのまま風呂場で髪に塗って少し待ってから洗い流すだけで完了、とても簡単。
クリーム状ですのでピンポイントに狙った所だけ染める、部分染めにも適している。

ブラウンやライトブラウンもありますので明るい髪色に仕上げ茶髪に染まる。
これまでオシャレ染めで茶髪にしていた人も安心してお使いください。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

若白髪を簡単に染める方法

若白髪にお悩みの方は20代でもいらっしゃいますが、10代、特に中学生や高校生など学生さんですと、特にお困りでしょう。

簡単に白髪ケアするなら、結局、染めるのが一番。
市販の白髪染めを使うこと。

既にヘアカラー剤で茶髪など明るい髪色に染めたことがあれば、同じように二剤式の白髪染めを使えばよいでしょう。似たようなパッケージですが白髪用と記載されています。

髪を染めた経験がないのであれば、白髪染めトリートメントがおすすめ。
混ぜないですぐに使えますし、使い分けて何回でも、いつでも染められる。
なによりも髪色がゆっくり染まっていきますので、自然な感じに染まりますし、大きな失敗にならないのが安心です。

※学生の方もお使いになっている白髪染めの例
【色選び】利尻ヘアカラートリートメントのカラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

白髪になりやすい人の特徴

白髪になりやすい人の特徴というのは決まっていません。

中年以降になれば、加齢を要因として、白髪が生えてくる人が多いことは事実。

白髪の原因は明らかになっていませんが、メラニン色素で色がつかなくなった髪の毛が白髪ですから、紫外線の浴びすぎ、ドライヤーのかけすぎ、食事などでの栄養不足、睡眠不足などの関係が懸念されます。

白髪になりやすい人の特徴は、髪への悪影響があったり、健康面に問題がある人ということも言えるのかもしれません。

白髪は警告?急に増える原因


白髪が多い部位によって、体調不良を示している可能性が言われています。

例えば、頭頂部の白髪は内臓の不調、耳の周囲の白髪は耳や聴覚の不調、後頭部の白髪は生殖器の不調、額の周囲の白髪は眼の不調など。

但し、頭頂部および分け目や生え際に白髪が多い方は、紫外線の浴びすぎが原因の可能性もあります。
全般的に白髪は、ストレスや加齢による老化現象ということになりますので、あくまでも目安としましょう。

それでも白髪は警告なのかもしれません。
急に白髪が増えたり、多い場所と体調不良に自覚や心当たりがある場合は、すぐにご自身で改善に取り組んだり、病院で医師の診察を受けることです。

白髪染めすればするほど白髪が増えるって本当?

白髪染めすればするほど白髪が増えるという噂がありますが、真実ではありません。むしろ嘘、俗説でしょう。

髪を染めることと、白髪が生えることに因果関係はありません。
それから白髪が生える原因自体も明確にはわかっていません。

おそらく、白髪染めを使った人の白髪が見えなくなり、うっかり染めるのを忘れたり、染めるまでの期間が空いてしまったときに、以前よりも白髪が増えていて驚いたことが噂の発端でしょう。
その方は、仮に白髪を染めていなくても、白髪が増えていたのです。
加齢要因であれば、1年後、5年後、10年後、以前よりも白髪の量が増えて当然だと言えます。

白髪染めすればするほど白髪が増えることはありませんから、心配することなく、安心して白髪染めをお使いになってください。

関連記事

白髪が少ない人の市販の白髪染めで明るく茶髪にする
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
白髪が少ない人の白髪染めは?明るいカラーの白髪染めで茶髪にしよう
ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合
市販の白髪染めは茶色に染まらない?
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする