生え始めの白髪を茶髪に染める方法

生え始めの白髪はどのように対処したらよいか。
そして生え始めた白髪を茶髪に染める方法について。

白髪が生え始める年齢は?

一般的に白髪が生え始めるのは30代半ば頃だとされていますが、
早い人は20代後半から、遅くとも40代のうちには白髪は生え始めます。

それより早く学生や子供の頃からの若白髪のある人もいますし、
逆に一生の間で最後まで白髪がほとんど生えない人も一定数存在している。

このように個人差があるので特定はできませんが、およそ35歳前後までには
白髪ケアを考えておくべき。

生え始めた白髪のケア

生え始めの白髪をどのようにケアするべきか、白髪隠しですね。

1本あるいは数本程度ならハサミでカットすればよい。
但し、鏡で見て切れる前髪などはよいものの、後頭部、後ろ髪、襟足など
目で見えない位置ですと切るのは不可能。

そもそも見える位置であっても、髪をかき分けて白髪だけを切り落とす
というのは意外に難しいものです。

ちらほら白髪を市販のカラートリートメントで茶髪に染める

白髪は増える

生え始めた白髪は急激に増えていく傾向があることをご存知でしょうか。
爆発的に増える白髪を切ることで対処はできません。
あまりカットする本数が多すぎますと髪の毛量も減りますし。

白髪染めを使うのが最も有効な白髪ケアと言えます。
部分染めであれ、全体を染めるのであれ、染めて隠すのが簡単。

美容院かセルフ染めか

いつも通っている美容院でも、白髪を見つけたら美容師は黙ってカットしています。
生え始めなら数本程度でしょうし、毎回告知はしません。

やがて本数が増えると白髪染めで染めますね、とか、白髪染め使いましょうか、
などと提案されるようになります。
プロの判断でカットでは追いつかないという状態。

ですから特に何も言われていなければ、白髪量は気にするほどでもないレベル。
それでも今後は増えますし、ひとまずセルフで染めてみてはいかがでしょうか。

美容院ではカットしかオーダーしないという人、パーマやカラーリングなどは
一切オーダーしない方、そういう人の白髪対策はセルフしかない。

オシャレ染めを美容院でオーダーしている人も、白髪染めだけは自宅で
セルフ染めするとか、次回の白髪染めまでのつなぎにするとか、工夫次第で
やりようはいくらでもあるのです。

よって、セルフで染めるという選択肢を持っておきたい。

市販の白髪染めで茶髪に染める

生え始めでそこまで本数が多いわけでなければ白髪染めトリートメントがおすすめ。
市販されていますのでドラッグストアやネット通販で簡単に買える。

使い方、染める方法としては、トリートメントタイプは混ぜる必要もなく、
そのまま風呂場で髪に塗って少し待ってから洗い流すだけで完了、とても簡単。
クリーム状ですのでピンポイントに狙った所だけ染める、部分染めにも適している。

ブラウンやライトブラウンもありますので明るい髪色に仕上げ茶髪に染まる。
これまでオシャレ染めで茶髪にしていた人も安心してお使いください。

関連記事

白髪少ないけど市販の白髪染めで明るく茶髪にする
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
明るいカラーの白髪染めで茶髪に。白髪少ない人も大丈夫
ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック
市販の白髪染めは茶色に染まらない?
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事
美容院で白髪染めしたが茶髪に染まっていないのはなぜ?

フォローする