茶髪になるシャンプーは?市販おすすめ白髪染めシャンプーで明るい髪に

茶髪になるシャンプーは?
市販のおすすめ白髪染めシャンプーで明るい髪にしてみませんか。

リンスやシャンプーで茶髪にできる?

リンスで髪色が落ちるという解説もありますが、実際にはほとんど明るくはなりません。
茶髪にするのはまず無理でしょう。

昔の時代、髪を洗うのは石鹸で、洗うとアルカリ性により髪がきしむので、それを整えるためにリンスを使って中和していました。
すなわちリンスは酸性。お酢などでも代用していたり。

やがて合成界面活性剤のシャンプーが市販されるようになると中性ですが汚れが落とせるようになりました。

現在のシャンプーはそういった中性、もしくは弱酸性。
リンスが不要な化学的洗浄成分の中性か、シャンプーで洗っても髪がきしみにくい弱酸性。
例えば髪にやさしいアミノ酸系シャンプーなどは弱酸性です。

ですから染めた髪色を落としたいなら、石鹼シャンプーで髪を洗ってキューティクルが開く状態にすればよいのです。

白髪染めで黒くなりすぎたら石鹸で洗えば色落ちして明るくできる?

ただ、地毛の黒髪はなかなかそうはいきません。

リンスで髪が明るくなる話は、どちらかと言えば酸で髪が傷むから褪せたように見えるだけだと考えられています。
同様に弱酸性のシャンプーで洗う場合も同じ。
髪が色褪せて色落ちした分だけ、黒髪よりは薄い色になる。

リンスやシャンプーで洗うだけで髪が明るくなると言われるのはこのような理由です。
しかしカラーリングしたような茶髪になることはありません。

もし茶髪にしたいのでしたら、市販の茶髪になるシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか。

家にあるもので茶髪にする方法はある?

茶髪になるシャンプーは白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーで茶髪にできます。

白髪染めシャンプーのメリットやデメリット、それから他にはどのような種類の白髪染めがあるのか、さらには今人気の白髪染めトリートメントとの違いなどを以下に解説いたします。

二剤式とヘアマニキュアの違い

白髪染めのスタンダードなものは二剤混合式であり、これは1剤と2剤の薬剤を混ぜてから使うタイプ。
美容院でもそうですし、セルフのオシャレ染めヘアカラーや白髪染めもそう。

髪の表面キューティクルを開き、髪内部の中心にあるメラニン色素に発色剤を定着させ色味をつけるのでしっかり染まる、色落ちしにくい、長持ち。
しかし薬剤を化学反応させますので、髪や頭皮のダメージが避けられません。

そこで新しい白髪染めとして白髪染めトリートメント白髪染めシャンプーが登場しました。

これらはヘアマニキュアと呼ばれるものであり、髪の表面を染めるだけ。
さらに天然染料を原材料としており、無添加であることがほとんど。

髪や頭皮のダメージが少ないので、毎日のように高頻度で染められるというメリット。
化学薬品の要素はほとんどなく、素手でも扱えるほど低刺激ですので、手軽に白髪を染められると人気があります。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーとは、シャンプー状の白髪染め。
シャンプーで髪を洗うだけで白髪が染まるという新しい発想の白髪染め。

一般的な洗髪用シャンプーと同じような使い方で髪を洗うだけ。
容器も髪を洗うシャンプーに似たようなボトルに入って販売されていることが多い。

使う時間帯が指定されているわけではないのでお好みで空き時間に髪を染めてもよいのですが、毎晩、風呂に入ったときに使うことが想定されています。
シャンプーとして使っていくという概念。
もちろん髪の汚れも落ちて洗髪にもなります。

髪を洗うだけですので日常的に染められるのが特徴とも言えます。

ダメージが少ないので使用頻度を多くできる

白髪染めシャンプーは二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めに比較して刺激やダメージが少ないことはご説明した通り。

その証拠に手袋をしないで素手で扱えるほど。
シャンプー液を手に取って髪を洗うのに手袋する人はいませんね?
多くの白髪染めは透明の手袋をして手の肌など皮膚さえ保護しなくてはならない、それほど皮膚にも強い刺激があることを意味しています。

白髪染めシャンプーなら臭いは少ない、薬品っぽいニオイは無い。
むしろリンス風に良い匂いがする白髪染めシャンプーもあるくらい。

毛髪や頭皮へのダメージが少ないので、毎日使ってもよいのです。
これまでの二剤混合式化学的な薬剤の白髪染めでは考えられないことです。

これくらいの高頻度で染めていけば根元や分け目にすぐに生えてくるキラキラ部分の白髪隠しは常にケアできて目立つ心配はなくなります。

ジアミンアレルギーとヘナ

白髪染めを含むヘアカラーでアレルギー反応がでますと、かゆみ、かぶれ、湿疹、赤み、肌荒れ、など、頭皮を中心に健康被害を受けることもある。
多くは酸化染料のパラフェニレンジアミン(ジアミン)という成分が原因ですが、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントのほとんどがノンジアミン。
この危険なジアミン成分が入ってなく、化学的な悪影響を受けないので安心です。

あるいは刺激や有害性を避けるためにヘナという薬草の成分で髪の毛を染める方法もある。
ただ、自然でオーガニックであることは素晴らしいですが、染める手間や時間がかかり、仕上がり色の調整も難しいため、トータルで考えますと、ヘナはあまりおすすめできません。

それなら白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントで染めれば健康被害や副作用の問題は心配ありません。

ゆっくり染まる

白髪染めシャンプーの髪の染まり方としては、混合式のように髪の内部を染めるわけではなく、髪の表面に色を付ける方式のヘアマニキュアタイプですので、残念ながら一度染めれば直後にしっかりとした髪色になっているというわけにはいきません。

染まっていない、色の変化がないように見えるかもしれませんが、ゆっくり染まっていくのです。
回数も要しますが、色味も微調整がしやすいという長所としての捉え方もできるでしょう。
理想の髪色になった時点で一度使用を止めればよいわけです。

その後、白髪が目立つ頃にやがて使用を再開していけばよい。
もちろん白髪隠しを最優先させるのであれば、髪色に関係なく毎晩のお風呂のときに使い続ければよいでしょう。
すなわちこれまで使ってきたシャンプーの代わりとして白髪染めシャンプーを使っていけばよいだけ。

白髪染めシャンプーの色落ち

白髪染めシャンプーで染めた後の髪の色付き具合としては、長持ちしない傾向、時間経過によって色落ちが避けられないのが欠点ということになります。

しかし毎日のように染めていれば髪色も自然と濃く色付いてきますし、色落ちのデメリットを心配せずとも、髪色は保たれるのでご安心ください。

白髪染めトリートメントとの違い

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違いですが、シャンプー状の液体と、クリーム状のトリートメントということでまず異なります。

白髪染めトリートメントはその名の通りヘアケアの観点から、美容成分を含めている。

普通の白髪染めでは染めた後はダメージから髪がキシんだり傷んだりするところですが、白髪染めトリートメントなら、むしろ染めた後で髪が艶やか、指通りサラサラに仕上がる。

どちらも低刺激で毎日のように使える。

また、白髪染めトリートメントは部分染めに適しています。

白髪染めトリートメントは、クリーム状で粘度ある液ですから、垂れにくく、気になる部分にだけピンポイントに塗布できる。

一方で白髪染めシャンプーは部分染めには向いていないものの、完全に液状で泡になりますから、髪を洗うだけで、髪の毛と髪の毛の隙間や、髪の根元にまでスムーズに液が入り込んでいき、一般的に染めにくい、染まっていなかった、となりがちな所まで簡単に白髪染め液が触れてきれいに染まってくれます。

白髪染めリンスというものもありますが、ヘアケアで考えるなら白髪染めトリートメントの美容成分がよいですね。

あるいは白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを合わせて使うか、白髪染めシャンプーと白髪染めリンスを併用していくかで選ぶのも白髪染め選びの基準になるかもしれません。

市販の白髪染めシャンプーおすすめ

白髪染めシャンプーはドラッグストアなどで店頭販売はなかなかしていません。
数少ない珍しい少数派。

ネット通販で買うのが簡単で確実であります。
Amazonや楽天市場でも注文できますが、公式サイトのほうが割引やサポートが
充実していておすすめ。

最近ではharuというシャンプーについて、芸能人やモデルも使っていると注目が集まっていますが、黒髪スカルプというネーミングもあり、白髪を染めるのではなく白髪を予防していくというコンセプトですのでお間違いなさりませんように。現在生えている白髪が染まるわけではない。普通のシャンプー。

利尻カラーシャンプー白髪染め

生えている白髪を今すぐ染めたいのなら、有名なもので利尻カラーシャンプーという白髪染めシャンプーがあります。

利尻ヘアカラートリートメントで知られる利尻シリーズのシャンプーですから、信頼度と安心感があります。
口コミや評判を@コスメなどで見ても評価高い。

部分染めに利尻ヘアカラートリートメントを使い、毎日の白髪ケアに利尻カラーシャンプーも併用するというのも有効な白髪隠しの方法です。

なお、女性向けのように思えますが男性も使えます
わざわざメンズ専用の白髪染めシャンプーを探すこともない。

利尻カラーシャンプー洗うだけで白髪染め

※利尻カラーシャンプーはこちら
新発想!白髪染めシャンプー - 株式会社ピュール

利尻カラーシャンプー
は、こちら

利尻ヘアカラートリートメントも使って染めてみる
※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻ヘアカラートリートメント
は、こちら

利尻カラーシャンプーの記事)
白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?
利尻カラーシャンプー新色ナチュラルブラウンで茶髪に。口コミは?
利尻カラーシャンプー茶髪に染める使い方。ブラウン系は3色の茶色を選べる
利尻カラーシャンプーの体験談(口コミ・評判・評価・レビュー)

ブラウン色の白髪染め

白髪染めには基本のブラック以外にも、仕上がりイメージ色がブラウン系のものがあります。

髪が明るい色の茶髪に染まるので、元からオシャレ染めをしていた人に白髪が生えたり、白髪の人が気分を変えて茶髪にしたいということでも使える。

白髪だけでなく黒髪も一緒に染まるので、全頭髪が茶髪になります。

市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる

市販の白髪染めシャンプーにはブラック以外にブラウン系があり、さらにナチュラルブラウンライトブラウンダークブラウンなどのカラーバリエーションまでありますので、お好みの明るさトーンを選んで茶髪に染めることが可能。

新しく生えてきた根元の白い部分染めや、分け目の部分など、普通の白髪染めで極めて染めにくい、なかなかうまく染まらない、通常ならかなり気を配らないと白い部分が残ってしまうような部分でもシャンプータイプなら髪を洗うだけ。意識せずとも知らないうちに染まってる。
難しい部分染めが染めやすく、色がつきやすいメリットは素晴らしい。

簡単、便利、染めやすい、この新しい白髪染めで茶髪に染めることをぜひ活用していただきたい、おすすめできます。

また、これまで使ってきた白髪染めや、美容院での白髪染めと平行して、その間隔を埋める、つなぎとして白髪染めシャンプーを併用するという活用方法もよいですね。

利尻カラーシャンプー【公式】(白髪染めシャンプー)
※利尻カラーシャンプーはこちら
新発想!白髪染めシャンプー - 株式会社ピュール

利尻カラーシャンプー
【公式】

関連記事

黒髪と白髪をカラーシャンプーだけで染める茶髪にする
だんだん染まるシャンプーで茶髪にしたい
白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるの?
白髪染めシャンプーは白髪なくても茶髪にできる?
【色選び】利尻ヘアカラートリートメントのカラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは明るい?
利尻ヘアカラートリートメントに新色ナチュラルブラウン登場
おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック
髪色思ったより暗い。明るい茶色にならないときどうするか
白髪染めで茶髪にできる?

※おすすめ※(白髪染め)
✲゚*:*゚✲゚*:。✲
初回お試しキャンペーン34%OFF
人気の白髪染め

→ 公式「ルプルプ ヘアカラートリートメント」■-■-■
✲゚*:*゚✲゚*:。✲
初回お試しキャンペーン33%OFF
人気の白髪染め

→ 公式「利尻ヘアカラートリートメント」■-■-■
✲゚*:*゚✲゚*:。✲
初回お試しキャンペーン50%OFF
洗うだけで染まる

→ 公式「利尻カラーシャンプー」■-■-■
✲゚*:*゚✲゚*:。✲

フォローする