おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?

オシャレ染めで茶髪にした、その後日、頭髪を見てみると白髪を発見。
これは白髪隠しのために染めなくてはなりません。

黒のカラートリートメントで染めるとどうなるのでしょうか。

ヘアカラーの黒

ヘアカラーの黒というのは、髪を黒く染める。

日本人の髪は黒なのになぜ黒く染めるのかと言えば、黒髪戻し
と呼ばれることもあるように、黒髪以外から黒へ染める目的があるから。

学生さんが就職活動やバイトの面接などで一時的に黒髪にしたい場合や、
あるいは染めた髪が明るくなりすぎたときによく使われるもの。

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色?

黒ヘアカラーの種類とタイプ

二剤混合式のヘアカラーリング剤や白髪染めを頂点にして、
ヘアマニキュアやカラートリートメントなどいくつかのタイプがあります。

二剤混合式は髪の内部を染めるのでしっかり染まる。

ヘアマニキュアは髪の表面に色付けするので多少は色落ちします。

カラートリートメントはさらに染料が弱く、何回か使うことで
ゆっくり染まっていく。

逆に、髪や頭皮が受けるダメージは二剤式が最も強く、ヘアマニキュア、
トリートメントと下がっていきます。トリートメントタイプは
美容成分まで含有されていることもありますから、同時にヘアケアまでできる。

おしゃれ染めで茶髪にした後、白髪を発見

おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪があった場合、どう対処するか。

数本であればカットで切り落とせばよろしいですが、数本以上、
あるいは部分的に大量に生えているなら染めるしか選択肢はありません。

一時的なストレスで白髪が生えただけなら問題ありませんが、
加齢によって生え始めた白髪は思ったより早く大量に増えてくるため、
染めないととても対処しきれません。

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合

ヘアカラーで白髪は染まらない

ヘアカラーリングおしゃれ染めで白髪は染まりません。
強引に染めても白い毛のまま残っています。多少染まっても金髪にも似た
中途半端な染まり方で失敗に終わる。

黒のカラートリートメントで染めてみれば、茶髪の部分は黒くなっていきますが、
白髪は染まりません。それらしく色がついてもすぐに色落ちが見えます。

白髪を染めるなら白髪染めを使う。オシャレ染めよりも染毛力も強く、
しっかりと白髪にも色付けしてくれる。

白髪染めは茶髪にもできる

おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪が見つかった場合に、スタンダードな
黒の白髪染めで染めれば頭髪全てが黒髪になります。

しかし仕上がりイメージ色がブラウン系の白髪染めもありまして、
こちらを使うと頭髪全体が茶髪になる。
髪に白髪が混じっているという人は初めからブラウン系の白髪染めを使えば
一度で全ての髪が茶髪にできたのです。

白髪染めトリートメント

白髪染めにもトリートメントのタイプがあります。
手軽に短時間で染めることができるうえ、美容成分によってヘアケアも実現。

クリーム状で液ダレしにくいメリットもありますので、白髪の割合がまだ少ない程度の
人に必要な部分染めにも適しています。

市販の白髪染めトリートメントはドラッグストアやネット通販で入手可能。
ブラウンもありますので、茶髪に白髪が生えてきた人にもおすすめ。

関連記事

白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
白髪少ないけど市販の白髪染めで明るく茶髪にする
茶髪にも効く白髪用カラートリートメント
市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単カラーリング

フォローする