白髪少ないけど市販の白髪染めで明るく茶髪にする

白髪は少ないけど、市販の白髪染めで明るく茶髪にする場合には
どのように髪を染めるべきでしょうか。

少ない白髪の対処法

白髪の対処法、白髪ケアは全頭髪の毛量に対する白髪の割合でも
変わってきます。
1本だけ見つけたとか、数本あって困る程度ならハサミでカット。
まめに切るのは手間ですが、生え始めの段階なら何とかなります。
但し、鏡で入念に確認しても目で見えない、見えていない位置は
対処不可能ですので切ることでは白髪ケアできないのだと
自覚すべき段階に入ってきています。

白髪が全体の1割~3割程度だったら白髪染めで部分染め。
特に、もみあげ、分け目、後ろ髪、襟足が生えやすい。
あるいは女性でロングヘアーなどで毛量の多い方ですと、
白髪に全く気付かないまま、髪を持ちあげて、かき分けると
裏側が真っ白だったというケースもあります。

白髪が全体の2~3割以上、それを越えたら全ての毛髪を染めたほうがよいでしょう。
見えて無い位置にも生えているに違いないのでカットや部分染めでは
対処できていないと考えたほうがよいでしょう。
また、今後において白髪が爆発的に増える可能性を否定できないわけですから、
将来的な予測も髪全体を染める理由に挙げられます。

生え始めの白髪を茶髪に染める方法

市販の白髪染めでセルフで茶髪に

市販の白髪染めを使えば、自宅で自分で髪を染められる。
このセルフ染めは経験の無い素人が行っても、きれいに髪が
染められるようにできていますので、安心してお使いください。
これまでにオシャレ染めで自分の髪を染めた経験がある方ならば、
抵抗はないでしょう、ほぼ同じものですから。

市販の白髪染めはドラッグストアに売っていますが、
インターネットショップ通販で買うほうが簡単に入手できます。

但し、カラーについては、ブラックではなくブラウンの白髪染め選ぶようにしてください。例えば、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンといった色です。
こういった白髪染めで髪を染めると茶色になり、黒髪も白髪も茶髪に染まります。

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

白髪少ない人が使うなら白髪染めトリートメントがおすすめ

まだ白髪が少ない人がセルフで染めるなら白髪染めトリートメント
をおすすめします。

二剤を混ぜることなくすぐに使えるので手間がかかりませんし、
風呂場などで髪に塗る、少し待って洗い流すだけ。
とにかく簡単に髪を染めることが可能。

クリーム状の液剤なので、液ダレが少なく、狙った部分に
ピンポイントで染めることができるので部分染めにも適しています。
少ない白髪なら、この程度で白髪隠しは充分。

白髪染めトリートメントなら毎日染めてヘアケアもできる

さらに白髪染めトリートメントは髪や頭皮へのダメージが少ないので、
使う頻度を多くしても大丈夫。
毎日使える。何度も塗り直しができていい。

部分染めで見落としもあることを考慮しても都合がよい。
もしくは先日染めた部分と違う箇所に白髪が生えてきても対処できます。
残った分も次回に使えるようになっていますので、毎回買う必要もないのです。

トリートメントの名の通り、美容成分が豊富に含有されたものもありまして、
髪を染めると同時にヘアケアできる。
仕上がり後はきれいに髪も染まって、艶やか。
毛髪の修復もできたサラサラの髪になってうれしい限りです。

白髪が少ないからこそカラートリートメント

白髪が少ないからこそカラートリートメントや白髪染めトリートメントを使うべきです。

一度の使い切りでないこともメリットですし、気になる白髪を見つけたら、そこだけをピンポイントに部分染めしてリタッチすることも可能。

クリーム状で液だれの心配もありません。
襟足や後頭部の白髪隠しも自分1人で難なくできる。

また、白髪が少ない場合は、目立つほどの状況ではありませんので、
軽い色付けで白髪ぼかしのニュアンスで染めても効果的。
こういった使い方にも白髪染めトリートメントは適しています。
一般的な二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤では絶対にできない染め方です。

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合

白髪が少ない人の特徴は?

白髪が少ない人の特徴というものは特にありません。

白髪が原因として主に加齢要因がありますので、年齢が上がるほど白髪は増えるもの。
それがたまたま遅いというだけに過ぎません。

すなわち個人差が大きいと言えます。
遺伝という意味では両親や祖父母に白髪が少ないとご本人の白髪も少ないかもしれません。

ストレスも白髪につながるとされていますので、ストレスをうまく解消できている方は白髪が少ないかもしれません。

健康を維持できている方のほうが白髪が少ない可能性はあります。
栄養バランスのよい食事、質のよい睡眠、適度な運動を実践しましょう。

40代で白髪少ないのは珍しい?

白髪が生える理由はストレスが原因とも言われていますが、
歳をとって体が衰えてくる加齢も代表的な要因。

白髪が気になる、生え始める平均年齢は30代半ばだとされています。

よって40代で白髪少ない方は珍しいということになります。
しかし、実際には60代でもほとんど白髪が生えていない方もいらっしゃいますので、
生まれ持った遺伝的な体質といったことでしか説明できないでしょう。

白髪を減らそうと努力するのは間違いで、そのことに悩むよりも
白髪染めで染めることが正解です。

関連記事

市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?
明るいカラーの白髪染めで茶髪に。白髪少ない人も大丈夫
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
白髪染めで茶髪にできる?
白髪が多いけど茶髪にできる?
明るい茶色になる市販の白髪染め
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツは?

フォローする