白髪が少ない人の白髪染めは?明るいカラーの白髪染めで茶髪にしよう

白髪染めで髪色を明るいカラーにできるのでしょうか。黒ではなく、茶髪のような明るいカラーにしたい。

白髪少ない人なら白髪染めではなくてオシャレ染めで染めてもよいのかどうか。

白髪が少ない人が白髪染めで明るいカラーにする

全頭の髪の毛で白髪の割合が少ない人も明るいカラーにすることは可能。

黒髪はオシャレ染めを使うことでブリーチ作用から脱色し染料で着色して染毛を行います。明るい髪色にも染められる。
しかし白髪はオシャレ染めの染毛力では弱すぎて染まらないことに注意が必要。

白髪はしっかり色をつける染毛力が必要ですので、オシャレ染めでは色付けできません、染まりません。
黒ではない明るいカラーで染めるとしても、必ず白髪染めで染めるようにしてください。

白髪が少ない人の市販の白髪染めで明るく茶髪にする

半分くらい白髪の人が白髪染めで明るいカラーにする

髪の毛の半分くらいが白髪の場合、混じりあってゴマ塩頭になり、中途半端な感じから不潔に思われたり、ご自身でも不快感があったりとお困りのことでしょう。

実際のところ、半分前後の白髪量を染めるのが一番難しい。

白髪を認めて周囲に見せるのであれば、白髪ぼかしという手もあります。
男性では一般的になりつつある染め方で、ブラックやブラウンで根本を中心に軽く染めて薄く色付けして白髪の強調を抑えていきます。

逆に、白髪を隠したいのであれば白髪染めで黒に染めましょう。
白髪染めで明るいカラーにすることもできます。

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び

白髪が多い人が明るいカラーにする白髪染め

全頭の髪の毛の割合で黒髪よりも白髪が多い人が明るいカラーにするのは、カラーリングの方法が2つに分かれます。
白髪を認めて白髪頭を見せるのか、白髪を隠すのかで完全に違う。

全く染めないで全頭白髪グレイヘアで堂々と過ごすのもよいでしょう。
素敵な紳士淑女ならロマンスグレーと呼ばれることもあります。

ただ、基本的に白髪というのは色の抜けた、色の薄い毛髪であり、むしろブリーチ後のような状態とも言えますから、ほぼ全ての髪が白髪ならば、ほんのり色付けしてあげるだけで明るい髪色にするのは思ったより簡単とも言えます。高齢の婦人が紫っぽい髪色をしているのはこの手法。

白髪を隠すのであれば白髪が多い人も白髪染めで染めることで白髪隠しできます。
明るいカラーの白髪染めなら茶髪にすることもできる。

美容院で白髪が染まらない?

美容院で白髪が染まらないということも稀にあります。
それは美容師のミスの可能性がありますので、染まっていないことをクレームとしてお伝えください。

少ない数本程度の白髪でしたら美容師のカット技術で対処できます。
厄介なのは全体の5~10%以上が白髪のときはもう一度白髪染めするしかありません。
白髪のほうが少ない状況でありながらもカットだけでは取り除けない場合です。

あるいは美容師側が最初にカットで白髪を取り除いたことで安心して、間違えてオシャレ染めヘアカラー剤のほうで染めてしまった可能性もありえます。この場合、見落とした白髪は染まらずに残っています。

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合

美容室で明るいカラーに染める方法はあるか

美容室で白髪染めをグレイカラーと言いますが、全体的に黒またはダークブラウンなどの暗いカラーで仕上げることになります。

白髪染めグレイカラーで明るいカラーをオーダーすると美容師に嫌がられるか、最悪は断られることもあります。「白髪染めを使うので明るいカラーにはできないよ」と。

例外的に、髪を染める技術や知識を得意分野とする美容師であれば、黒髪だけオシャレ染めして、白髪のみ白髪染めで部分染めする。
または、全体をブリーチで完全に色抜きして金髪のようにしてから白髪染めやカラーリングのハイトーンで染める。
これらはダブルカラーというプロのテクニックによるヘアカラーの方法になりますが、そこまで手の込んだカラーリングをする美容師はむしろ少数派。
ご希望であれば、事前にネットで調べて美容室を探し、美容師を選ぶなどするしかありません。

しかしダブルカラーは料金も高額になりがち。染める時間も長くかかる可能性がありますので、必ずしもよいとは言えないのです。

遠方の美容院まで時間や交通費をかけて行っても割に合うでしょうか。
残念ながら染めて2~3週間もすれば、髪の毛は根本や分け目からキラキラ白くなってきてしまうわけですから。

そもそもこういった連続染め二度染めのような染め方は、美容師側に面倒な作業となるだけでなく、利用者にとっても髪や頭皮へのダメージが大きいので、双方にとってよろしくないことなのです。

セルフ染め市販のヘアマニキュアで白髪ケア

市販の白髪染めがドラッグストアやネット通販にて販売されておりますから、入手も簡単ですぐに白髪ケアできます。

白髪染めと言えば以前は仕上がり髪色イメージが黒(ブラック)だけでしたが、最近では明るいカラーの白髪染めが扱われるようになりました。

市販の白髪染めを使えば、美容院に行かなくとも自宅で自分で白髪を染める、セルフで白髪隠しが可能。

白髪が少ない人の中には気にしないから染めないという方もいらっしゃるようですが、周囲の知人や友人、家族、職場の人には必ず見えており隠せません。
セルフ用の市販の白髪染めは安価で誰でも簡単に染められますので、白髪ケアとしては気軽に使えて、おすすめのアイテムです。

二剤混合式の薬品や薬剤からの髪や頭皮へのダメージを気にして、植物染料のヘナを使うセルフ白髪染めも悪くありませんが、粉から混ぜて作る準備や手間が大変。

それならば市販の白髪染めの中からヘアマニキュアをお使いください。
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーが天然成分で作られた髪の表面を染めるだけのヘアマニキュアですので、髪や頭皮および健康面にも安心安全です。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

初心者が市販の白髪染めできれいに染められる?

市販の白髪染めは、はじめて使うような初心者の方でも髪色をきれいに染められるようにできています。

どうしても心配ということであれば、初心者ならヘアマニキュアタイプの白髪染めを使うとよいでしょう。
二剤混合式のように混ぜて使う必要がありません。
何よりも髪の表面を染めるだけですので、少しづつ色が付いていく、髪色の変化がわかる。
ご希望の髪色になったところで染める頻度を落とせば髪色もその色で安定。
仕上がり髪色での失敗がほぼありません。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めでは白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーが代表的です。

ちらほら白髪を市販のヘアカラーで染める

ちらほら白髪が生えてきているときに、白髪染めを使うまでもないと考えて、市販のヘアカラーで染めようとしていませんか。

白髪は白髪染めでなければ染まりません。
オシャレ染めのようなヘアカラー剤では染毛力が弱く、染めたとしても白髪はそのまま残ります。

ちらほら数本の少ない白髪をカットできているうちはよいですが、やがて本数が増えたときは対処できなくなります。
ずっと白髪が少ないとしても後頭部や頭頂部などは自分ではカットできないですし、見落としがち。毎日鏡でチェックするのも億劫。

ちらほらと少ない白髪でも白髪染めで染めるべきなのです。

白髪染めで普通の髪を染めることができる?

白髪染めは普通の髪を染めることができます。
白髪を染めることが目的ですが、一緒に黒髪も染まるからです。
わざわざ黒髪も染まる白髪染めを探すことは必要ありません、どれも染まります。

但し、ブリーチ力が弱く脱色しきらない部分もありますので、重いダークな色合いの髪色に仕上がって明るいカラーにはなりにくい傾向は否めません。
濃い色に染めるには向いている。
茶髪などの明るい髪色から黒髪戻しとして白髪染めブラックを使うには適しています。

黒髪が多く白髪少ない人も、白髪染めで普通の髪を染めることができるのかと気にすることなく、積極的に白髪染めで染めてよいのです。

明るいカラー市販の白髪染めで茶髪に

白髪を美容院で染めるときは、白髪隠しのためしっかりと色付ける、色を暗く濃くするというカラーリングの基本によって仕上がり髪色は暗くなる。
前述しましたように、白髪染めで明るいカラーにはできない、不可能であると決めつけて譲らない美容師も少なくありません。それは正しい見解であります。

市販の白髪染めを使えば基本のブラックやダークブランだけでなく、ナチュラルブラウン、ライトブラウンなどのカラーバリエーションもありますので、白髪ケアしながら髪色をセルフで明るいカラー茶髪に染めることができる。

白髪も黒髪も一緒に茶髪にできますので、白髪の多い少ないなど生えている白髪の量に関わらず、きれいな明るい髪色に仕上げたい人には市販の白髪染めが最適。

髪や頭皮へのダメージが気になるという方は、白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュアを選んで、髪にやさしい白髪ケアを実践していきましょう。
こちらもナチュラルブラウン、ライトブラウンなど、ブラウン系を使えば明るい髪色の茶髪に染められます。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

関連記事

ルプルプのブラウン、白髪が多い少ないに関係ある?
白髪が多い人は黒く染めた方がよいのか茶色か?白髪染め選び
白髪が多いけど茶髪にできる?
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
白髪染めシャンプーは白髪なくても茶髪にできる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする