白髪が多いけど茶髪にできる?

白髪が多いけど茶髪にできるのでしょうか?

白髪の人が茶髪にする

白髪が生えている人が茶髪にする場合、白髪染めを使う必要があります。

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色?

白髪が多い人は白髪染めを使う必要性を意識しているものですが、
少ない白髪ですと、ヘアカラーで染まると思いこんでいる人もいます。
白髪が少なくても白髪は白髪染めでなければ染まりません。

量の問題ではなく、オシャレ染めの液剤と白髪染めの液剤では調合を
変えているので、オシャレ染めで白髪に色はつかないのです。
オシャレ染めで無理に染めてみても白い毛のまま残るか金色っぽくなるだけ。

もう一つのポイントは、白髪染めと言えば基本はブラック。
白髪を黒く染めて、日本人の生まれ持った髪色である黒に合わせる保護色化。

茶髪にするなら、同じ白髪染めの中でも仕上がりイメージ色がブラウン系統
のものをお選びください。
つまり市販の白髪染めで茶髪に染めることが可能なのです。

セルフか美容院で茶髪に染めるか

市販の白髪染めを使って自宅でセルフで茶髪に染めるか、それとも
美容院で茶髪に染めてもらうか迷う方もいるでしょう。

美容院で白髪のある人が茶髪、というよりも明るい髪色をオーダーしますと、
「白髪染めを使うから明るくするのは無理だよ。」などと断られることもあるはず。

白髪染めは白髪を染める役割も含めて色濃く染める。
オシャレ染めのカラーリングはブリーチで色を抜き明るい色にしていく作用が強い。
こういったことからの判断になっていますので間違ってはいません。

美容師によってはダブルカラーなどのテクニックで部分染めごとに塗り分けたり、
二度染めしたりと難易度の高い染め方をする方もいますが、これはカラーリングが
専門分野になっている美容師でないと対応できません。
そもそもこういった知識がないかもしれないですし、やろうと思えばできるけど
手間がかかって割に合わないとか。向こうも仕事ですから仕方ありませんが・・・。

その点、最近の市販の白髪染めであれば黒髪も白髪も一緒に茶髪にできる。
原材料の元は美容院と同じ白髪染めでありますが、うまく開発されているのです。

白髪が多くても茶髪にできる

白髪が多いけど茶髪にしたいとき、上記の通り、美容室では嫌がられることが
ありますが、市販の白髪染めでセルフで茶髪に染めるのなら白髪が多い少ないは
関係ないということになります。

ダークブラウンのような少しだけ茶色い茶髪にするならば美容室でも染めてくれるでしょう。
やや重い暗い感じの茶髪。

明るい髪色としての茶髪にしたいのならば、市販の白髪染めを使って、セルフで染める
ほうがよいでしょう。

白髪が多くても茶髪にできます。

関連記事

白髪が多い人は黒く染めた方がよいのか茶色か?白髪染め選び
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
白髪がオシャレ染めで明るく染まらないのはなぜ?白髪染めを使いましょう
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?
美容院で白髪染めしたが茶髪に染まっていないのはなぜ?
セルフ白髪染めで黒く染めてるけど、美容院で茶髪にしたい
白髪染めで茶髪にできる?
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?

フォローする