白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係

白髪染めトリートメントの色選びにライトブラウンにするか
ダークブラウンにするか迷ってしまいます。
茶髪としての違いは何なのか。

そしてこの色選びにおいて白髪が多い、白髪が少ないことが
関係してくるのでしょうか?

白髪染めトリートメントのカラーと色選び

白髪染めと言えばブラックですが、それは日本人が生まれつきの
黒髪の中に生えてきた白髪を黒く染めることが目的だから。

黒髪でなく明るい髪色を好む人のために、茶髪に仕上げる白髪染め
も市販されています、それはブラウン系に染めるタイプ。

大抵は、ブラウン(ナチュラルブラウン)、ライトブラウン、
ダークブラウンが中心。
モカブラウンやピンクブラウンも稀にありますが、白髪染めの
カラーバリエーションはオシャレ染めヘアカラーほど多くはありません。

日本人の茶髪は赤味がでる

白髪染め、オシャレ染め、ともにそうですが、ヘアカラーは
髪の内部にあるメラニン色素を染めるため、元の髪色や遺伝的な体質および
人種によって変わってきます。

黒髪の日本人が茶髪に染めると赤味がでる、赤っぽくなる。
髪を明るくしすぎますと赤が強い品の無い感じに仕上がることもありますので注意。

こういった点に細かく配慮する美容師は色彩的に赤の真逆の色である青や緑を
若干混ぜてトーンを落ち着かせる、赤味を打ち消し純粋な茶色に近づけていく
といったテクニックを駆使する場合もあります。

カラーリングを得意としない、専門的な研究を重ねていない美容師はこのような
打消しテクニックは用いないかもしれません。単に手間がかかる、料金に対して
割に合わないだけかもしれませんが。

ライトブラウンかダークブラウンか、白髪染めの色選び

ライトブラウンは、かなり明るい茶髪に仕上がり、
ダークブラウンは暗い、重めの茶髪、落ち着いたブラウンに仕上がる。

もちろん元の髪色や染め方および放置時間によっても変わってきます。

そして明るい髪色を目指すほど、ご説明しました通り赤味がでやすいですので、
ライトブラウンでハイトーンにするなら知っておきたい。

白髪染めでも同じですから、赤っぽくなるのを避けたければ、
ライトブラウンはやめてダークブラウンにしておくのが無難だと言えるでしょう。

その中間の選択肢をするならブラウン、ナチュラルブラウンということになります。
人によってはナチュラルブラウンでも赤味がでるかもしれませんが、ライトブラウン
ほどではないでしょう。

白髪の量が多い場合

生えている白髪の量によっても影響がでます。
厳密には白髪と黒髪で染める仕組みが同じでも染まり方が違うから。
白髪は色をつけることが重要で、黒髪はブリーチ作用で色を抜いて
からの色付け。

白髪の量が多い場合は、ほとんど白髪を染めることになりますから、
しっかりと色をつける必要があります。

また、黒髪が少ないということは赤っぽくなる心配はあまりありません。
ハイトーンカラーも思い切って使えそうですが、白髪自体は色濃く
しっかり染める必要がありますので、やはり重いトーンのほうが
無難ではあります。

白髪の量が少ない場合

生えている白髪が少ない人、部分的に生えているだけの人は、
染めるのが黒髪中心か、白と黒で半分くらいづつ染めることになるでしょう。

これで明るい髪色を目指しますと、ダークブラウン系ですと黒髪の染まりが
いまいちで明るくなりにくい。
思ったより明るくならなければ、日を置いて二回目三回目と、繰り返し
染めていくうちに段々と明るくなっていくでしょう。

ライトブラウンを選べば黒のメラニン色素が赤っぽくなる可能性があります。
黒髪が多いですから、全頭的に赤っぽさが目立つ可能性もあります。

白髪染めで明るい髪色にはできないと美容師が言う

結局のところ白髪が多くても少なくても暗めの茶髪に染めるのがよい
ということになってきますが、これこそが美容師の言うところの
「白髪染めで明るい髪色にはできない、白髪あるなら暗いトーンで染めるしかない」
というお話なのです。

ただ、このお話は混合式のヘアカラーから作る白髪染め、市販品で言うところの
二剤混合式の白髪染めことになります。
白髪染めトリートメントは違う。

白髪染めトリートメントならライトブラウンでもいい

市販の白髪染めトリートメント場合、髪の表面キューティクルを傷つけることなく
髪の表面を染めるタイプ、いわゆるヘアマニキュア的なものが多い。

このタイプですと髪のメラニン色素からの影響はでにくい、あるいは
全くと言ってよいほどでませんから、赤味を気にする必要はなくなってきます。

つまり白髪染めトリートメントならライトブラウンを選んでも、
きれいな茶色の髪に染めることが可能なのです。

もちろんしっかりとした色を定着させたければダークブラウンのほうが
間違いないかもしれません。

あとはあなたの好みで色を選ぶ。
思ったような髪色に仕上がることもあれば、意外な髪色になってしまうことも
あるでしょうが、そのあたりは実際にセルフで染めながら、次回の白髪染めに
つなげていってください。

調整しつつ、様子を見つつ、やがて自分のイメージ通りの素敵な髪色にできるはずです。
染まり方がゆっくりなのも白髪染めトリートメントのよいところ。
このゆっくり染まることを活かして理想の髪色を目指してまいりましょう。

関連記事

白髪が多い人は黒く染めた方がよいのか茶色か?白髪染め選び
白髪少ないけど市販の白髪染めで明るく茶髪にする
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
茶髪にも効く白髪用カラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは明るい?
利尻ヘアカラートリートメントの色は何色を選べばいい?カラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)
ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP
混ぜない泡の白髪染めがおすすめな理由、髪に優しいから痛む心配なし
白髪ぼかし染めとは男性のカラー?女性の白髪染めとの違い

フォローする