白髪が多い人のカラーは?白髪が多い人の白髪染め選び

白髪が多い人のカラーは黒く染めた方がよいのでしょうか?
それとも茶色で茶髪に染めるほうがきれいに染まるのか。

白髪が多い人の白髪染め選びのヒントにもしてください。

白髪が多い人のカラー、黒く染めるか茶髪か

白髪が多い人のカラーとしては、どのような髪色を選ぶべきでしょうか。
ヘアカラーは黒く染めるか茶髪か。

まず前提としてまして、全頭白髪や、ほぼ真っ白な頭髪であるとしても、市販の白髪染めを使ってセルフ染めして黒にも茶色にも染められます。
黒髪にも茶髪にも染められる以上、あとは、ご自身の好みでカラーを決めるべきと言えるでしょう。

では、何色が染めやすいか。

黒く、暗い色ほど、地毛の黒髪に合わせることになり、逆に、明るくするのは、白髪の色に合わせたり近づけるのに有利になります。

全体の2割以上が白髪、半分以上が白髪、ほぼ全て白髪といった、白髪が多い人ほど明るい髪色が簡単です。
なぜなら、染めるべき黒髪が少ないのもそうですが、やがて新しい髪が生えてきたときも白髪がカモフラージュで誤魔化しやすいからです。
黒に染めると髪が伸びたときに、白髪が目立つのは言うまでもありません。

この考え方から、美容室では白髪染めではなく、明るいカラーでヘアカラーやブリーチを使ったり、ハイライトを入れたりして、白髪が馴染むように見せかける方法を施術することもあります。すなわち白髪が多いことを利用して、白髪ぼかしにする。

白髪の量に関係なく、ご自身でカラーを決めるなら、普段のファッションからのカラーイメージや、現在の年齢やご職業、社会的な立場や役割で考えと決めやすい。
大人っぽく、落ち着いた感じほど黒く、暗く染める。
若々しく、明るく快活に、元気なイメージは明るく染める。
もちろんその中庸もあります。

白髪が多い人が髪を染める、髪色を変えるのであれば早い段階で染める。
白髪が多い人だというイメージを持たれる前に、周囲に対してあなたのヘアカラーのイメージが定着するくらい維持していくことが大事だと考えられます。

白髪が多い人の白髪染めおすすめカラーは?

市販の白髪染めで染めるときの色選びで、白髪が多い人の白髪染めおすすめカラーは何色でしょうか。

日本人なら黒髪のブラックが普通で無難なのはご存知の通りですが、一概に黒と言いましても、真っ黒な髪色になったら、いかにも「白髪染めで染めています」という黒々とした髪色になりがち。
少し柔らかい黒のソフトブラックや、少しだけ明るくしてほんのり茶色いダークブラウンがよいかもしれません。

もちろん茶髪にしたいのならブラウン、ナチュラルブラウンなどで染める。
かなり明るくハイトーンな髪色ならライトブラウンで染めればよい。

白髪が多い人の白髪染めおすすめカラーは、明るい色の茶髪。
やはり、髪が伸びてきて根元のキラキラ白髪が目立ってきそうなときも、髪色が明るく染まっていれば目立ちにくくカモフラージュになるからです。
次に白髪染めをするまでの期間もかなりあけられるので、手間も省けて経済的にもよいはず。

ライトブラウンはさすがに無理というのであれば、まずはダークブラウンからはじめて、やがてナチュラルブラウンをお試しになってみるのはいかがでしょうか。

白髪が多い人の白髪染めおすすめカラーはダークブラウンと言えるでしょう。

白髪が多い人


白髪は平均して30代半ばから生え始める、あるいは目立つようになると言われています。
もちろん個人差がありますので、何歳で髪のどのくらいの割合が白髪になるということは言えません。

40代で全頭白髪になる人もいれば、70歳になっても白髪が少ない人もいる。

ごま塩頭は半分くらい白髪が入り混じる、白髪が目立つくらいの割合。

白髪が多い人というのは、遠くから見ても明らかに白髪がたくさん生えているのがわかる方。
そしてほぼ真っ白な頭髪や全頭白髪の方が該当します。

白髪はオシャレ染めでは染まらない

白髪をヘアカラー剤のオシャレ染めで染めようとする人がいます。

特にこれまでセルフで茶髪にしてきた場合がそうです。
白髪が生えてきても、このまま茶髪に染めるからいいやと気にしていません。

残念ながら白髪はオシャレ染めでは染まりません。

白髪は白髪染めで染める


白髪は白髪染めで染めること。
オシャレ染めと違って白髪染めは染毛力が強くなっており、白髪をしっかり色付けできるようになっています。

白髪が数本くらいで少ないうちはオシャレ染めを使ってヘアカラーしつつ、白髪を切って対処するのもよいでしょう。
しかし一旦増え始めると、爆発的に増える傾向があるので注意が必要です。
ある程度以上、白髪が増えたら迷わずに白髪染めで染めることをおすすめします。

美容院での白髪染めは明るくできない?


美容院で白髪染めを使う場合に、明るい髪色にしたいとリクエストしても、美容師に断られるか嫌な顔をされることが多いかもしれません。

基本的にオシャレ染めも白髪染めも似たような液剤で混ぜて作るのですが微妙に違います。
白髪染めというのは、色の薄い白髪に濃くしっかり色付ける役割がありまして、その結果、比較的ダークな暗い髪色に仕上げていくことになるのです。

美容師によっては白髪染めで明るい髪色にするのは面倒。
あるいは明るくするのは無理だと言い切る美容師もいます。

間違ってはいませんが、原理上は白髪染めでは明るくできない。

市販の白髪染めで茶髪に

市販の白髪染めがドラッグストアやネット通販で販売されています。

仕上がりイメージの髪色も、黒く染める基本のブラックのみならず、ブラウン系もあり、茶髪にできます。

ブラウンのカラーバリエーションには、少しだけ茶色で大人の雰囲気になるダークブラウンや、明るいハイトーンの髪色ライトブラウンなどがある。

これらを使えば自宅で自分でセルフ染めにして、白髪があっても明るい髪にできます。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
白髪が多いけど茶髪にできる?
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
白髪には茶色か黒か迷う、明るい髪色なら茶髪へ
白髪と黒髪を一緒に染めたい。茶髪にする市販の白髪染めは?
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
白髪染め、美容院で染める髪色は?

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする