白髪が多い人は黒く染めた方がよいのか茶色か?白髪染め選び

白髪が多い人は黒く染めた方がよいのでしょうか?
それとも茶色で茶髪に染めるほうがきれいに染まるのか。
白髪染め選びのヒントを。

白髪が多い人

白髪は平均して30代半ばから生え始めます。もちろん個人差がありますので、
何歳で黒髪のどのくらいの割合が白髪になるということは言えません。

40代で全頭白髪になる人もいれば、70歳になっても白髪が少ない人もいる。

ごま塩頭は半分くらい白髪が入り混じる、白髪が目立つくらいの割合。

ここでは全頭白髪か、ほぼ真っ白な頭髪に近いくらい白髪が多い人を
想定してみましょう。

白髪はオシャレ染めでは染まらない

白髪をオシャレ染めで染めようとする人がいます。
特にこれまでセルフで茶髪にしてきた場合。

白髪が生えてきても、このまま茶髪に染めるからいいやと気にしていません。
残念ながら白髪はオシャレ染めでは染まりません。

白髪は白髪染めで染める

白髪は白髪染めで染めること。
オシャレ染めと違って白髪染めは染毛力が強くなっており、白髪をしっかり
色付けできるようになっています。

白髪が数本くらいで少ないうちは切って対処しつつ、残った黒髪はオシャレ染め
を使ってヘアカラーするのもよいですが、ある程度以上、白髪が増えたら迷わずに
白髪染めで染めることです。

美容院での白髪染めは明るくできない?

美容院で白髪染めを使う場合に、明るい髪色にしたいとリクエストしても、
美容師に断られるか嫌な顔をされることが多いはず。

基本的に黒髪はオシャレ染めで染め、白髪は白髪染めを使う。

白髪染めというのは、色の薄い白髪に濃くしっかり色付ける役割がありまして、
その結果、比較的ダークな暗い髪色に仕上げていくことになります。

美容師によっては白髪染めで明るい髪色にするのは面倒。
あるいは明るくするのは無理だと思っている美容師もいます。

間違ってはいませんが、原理上は白髪染めで明るくできなくもない。

市販の白髪染めで茶髪に

市販の白髪染めがドラッグストアやネット通販で販売されています。

仕上がりイメージの髪色も、基本のブラックのみならず、ブラウン系、
つまり茶髪にできます。

カラーバリエーションも少し茶色で大人の雰囲気ダークブラウンや、
明るいハイトーンの髪色ライトブラウンがある。

これらを使えば自宅で自分でセルフ染めにして、白髪があっても明るい髪にできます。

白髪が多い人のヘアカラー、黒く染めるか茶髪か

白髪が多い人はどのようなヘアカラーを選ぶべきか。

全頭白髪か、ほぼ真っ白な頭髪であるとしても、先の説明の通りセルフ染め、
市販の白髪染めを使って黒にも茶色にも染められます。

よって、ご自分の好みで決めるべき。
普段のファッションのイメージや、現在の年齢やご職業、立場や役割で考える。

日本人ならブラックが普通で無難なのはご存知の通り。
黒というのも、真っ黒になりますと、いかにも白髪染めで染めています、という
主張になりがちですので、少しだけ茶色いダークブラウンもよいかもしれません。

もちろん茶髪にしたいのならブラウン、ナチュラルブラウンなどで。
かなり明るくハイトーンな髪色ならライトブラウンで染めればよいでしょう。

色はともかく、白髪が多い人が髪を染めるのであれば早い段階で染め始めて、
月1回くらいのペースで染め続けて色を保つ。

白髪が多い髪色のイメージを持たれる前に、あなたのヘアカラーのイメージを
周囲に対して定着するくらい維持していくことが大事だと考えられます。

関連記事

白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
白髪が多いけど茶髪にできる?
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
白髪には茶色か黒か迷う、明るい髪色なら茶髪へ
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
白髪染め、美容院で染める髪色は?

フォローする