【色選び】利尻ヘアカラートリートメントのカラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

利尻ヘアカラートリートメントを使う場合、色は何色を選べばいいのでしょうか。

染めたい希望の髪色にするためには、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック、の中から決める、色選びが重要なのは言うまでもありません。

利尻ヘアカラートリートメントの色の選び方について解説いたします。

利尻ヘアカラートリートメントで染めた髪色

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め
利尻ヘアカラートリートメントとは白髪トリートメント。
クリーム状、トリートメントタイプの白髪染め。

天然成分で作られており、低刺激で髪や頭皮にやさしい白髪染め。

黒色以外の髪色にも染められるカラーバリエーションもある。

※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻ヘアカラートリートメントの4色から色選び

利尻ヘアカラートリートメント・4色のカラー

利尻ヘアカラートリートメントには4色から色選びできます。

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック、の4つのカラーバリエーションから選べる。

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

一般的な白髪染めと同じように、白髪を黒く染めるならブラックで染める。

茶髪で明るい髪色にしたいなら、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、3つのブラウン系から選ぶことになります。

同じ茶髪にするにしても、明るさトーンの違いはありますから、中間色のナチュラルブラウンが色選びで迷うところかもしれません。

【ライトブラウン】利尻ヘアカラートリートメント

ライトブラウン(利尻ヘアカラートリートメント)

利尻ヘアカラートリートメントの色、ライトブラウンは、「赤みをおびた明るめのブラウン」です。

【ライトブラウン】利尻ヘアカラートリートメント
「赤みをおびた明るめのブラウン」

明るい髪色に染めたい茶髪にしたいならライトブラウンを選ぶ。

<ライトブラウンで染めた髪色見本>
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染めた髪色

ライトブラウンはこちら

【ナチュラルブラウン】利尻ヘアカラートリートメント

ナチュラルブラウン(利尻ヘアカラートリートメント)

利尻ヘアカラートリートメントの色、ナチュラルブラウンは、「自然に仕上がる明るめのブラウン」です。

【ナチュラルブラウン】利尻ヘアカラートリートメント
「自然に仕上がる明るめのブラウン」

ナチュラルブラウンは明るすぎない暗すぎない程度のブラウン。

ライトブラウンほど明るくなくてよいけれど、ダークブラウンほど黒っぽいのも嫌、という方に合う、ライトブラウンとダークブラウン中間の明るさ、色合いになります。

ライトブラウンで赤みを感じるという方も、このナチュラルブラウンがおすすめです。

<ナチュラルブラウンで染めた髪色見本>
利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンで染めた髪色

ナチュラルブラウンはこちら

【ダークブラウン】利尻ヘアカラートリートメント

ダークブラウン(利尻ヘアカラートリートメント)

利尻ヘアカラートリートメントの色、ダークブラウンは、「落ち着いたシックなブラウン」です。

【ダークブラウン】利尻ヘアカラートリートメント
「落ち着いたシックなブラウン」

暗く重いの茶髪に染めたいならダークブラウンを。
黒っぽく少しだけ茶色が入ったような髪色にしたい人向け。

逆に、ブラックで黒く染めたときに、いかにも白髪染めを使ってると思われそうな、真っ黒髪だと嫌だという人もこのダークブラウンを使うとよいでしょう。

<ダークブラウンで染めた髪色見本>
利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた髪色

ダークブラウンはこちら

【ブラック】利尻ヘアカラートリートメント

ブラック(利尻ヘアカラートリートメント)

利尻ヘアカラートリートメントの色、ブラックは、「黒髪になじむ自然な色合いのブラック」です。

【ブラック】利尻ヘアカラートリートメント
「黒髪になじむ自然な色合いのブラック」

白髪を黒く染めて、地毛の黒髪に合わせた色に染めるならブラック。

<ブラックで染めた髪色見本>
利尻ヘアカラートリートメントのブラックで染めた髪色

ブラックはこちら

利尻ヘアカラートリートメントで黒髪も染まる?

利尻ヘアカラートリートメントで黒髪も染まるのでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントは白髪と黒髪を一緒に染めます。
ブラック、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、どのカラーを使っても、黒髪も染まっている。
例えばライトブラウンで染めれば、白髪も黒髪もライトブラウンのカラーで染まるのです。

利尻ヘアカラートリートメントで茶髪にしたい

利尻ヘアカラートリートメントで茶髪にしたいなら、ライトブラウンで明るい髪色に染める。

ライトブラウンで赤みが気になるという方は、ナチュラルブラウンで茶髪にするとよいでしょう。

ダークブラウンでも茶色の入った髪色にはなりますが、黒に近いので控えめの茶髪あるいは茶色っぽい黒髪ということになります。

ライトブラウンとナチュラルブラウンの違い

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの色選びでライトブラウンとナチュラルブラウンの違いに迷う方がいらっしゃるかもしれません。

全カラー4色の中では、どちらも明るい髪色に染めるカラー。
ではどのような違いがあるのでしょうか。

ライトブラウンは「赤みをおびた明るめのブラウン」であり、赤みがある。
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染めた髪色

【ライトブラウン】

ナチュラルブラウンは「自然に仕上がる明るめのブラウン」であり、赤みは抑えられる。
利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンで染めた髪色

【ナチュラルブラウン】

よってライトブラウンとナチュラルブラウンの違いは、赤みということになります。
明るい色で、茶色っぽい髪色がご希望であればライトブラウンを選ぶ。
黄色っぽい明るい髪色がご希望であればナチュラルブラウンをお選びください。

但し、髪質の個人差や染め方でも仕上がる髪色は変わってきますので、実際に染めてみて確認することをおすすめします。

白髪以外も染まるの?

利尻ヘアカラートリートメントを使うと、白髪と黒髪が一緒に染まる。
髪全体が統一された髪色になりますのでご安心ください。

すなわち白髪以外も染まるのです。

既にヘアカラーで染めた髪にも使えます。

トリートメント状だから部分染めにも最適

利尻ヘアカラートリートメントはトリートメント状ですので、狙った部分だけをピンポイントに染める部分染めにも最適。

二剤式のように使い切りでもありませんので、いつでも何度でも部分染めができて便利。
生え際、分け目、もみあげ、襟足、頭頂部など、気になる部分にだけ塗る。

新しく生えてきた根元の白い部分をリタッチすることもできます。

ゆっくり染まる利尻ヘアカラートリートメントを色落ちするまで色味キープ

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアというタイプの白髪染め。
二剤混合式の白髪染めのように髪の表面キューティクルをはがしていくダメージが髪や頭皮にないのがメリット。

その反面、髪の表面を染めるだけですので染まり方は穏やか、緩やか。
ゆっくり染まるということになりますが、逆に、数回連続で染めていく中で、お好みの髪色に調整しやすいというよさもあります。

理想の髪色になったら、しばらく使用を止める。
もう少し明るくしたいと感じたら、あと数回使うとか。
髪色が馴染んだら後は、週に1~2回程度染めるだけでその色味をキープできます。
色落ちしてきたら、やがて再開すればよいだけです。

1度の使い切りではなく、残して分けて何度でも使えますので、この点も白髪染めトリートメントの便利なメリットだと言えるでしょう。

使い方の注意点

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの使い方は簡単で、シャンプー後に髪に塗って10分ほど放置。あとは洗い流すだけ。

注意点ですが、じっくり濃く染めたい方はシャンプー前の乾いた髪にお使いください。
利尻ヘアカラートリートメントを塗ってから30分ほど放置し、その後でシャンプーして洗い流すのです。

放置時間を短くするほど浅く染まり、放置時間を長くするほど色濃くしっかり染まる。

このように利尻ヘアカラートリートメントの使い方、髪の染め方でも色味の付き方が変わり、仕上がり髪色に違いがでますので、
4色の色選びだけでなく、染め方でも髪色の違いが出ることにご注意ください。
逆に、同じカラーで色の印象を変えたいときは、染め方を変えて工夫してみてください。

注意点と染め方【白髪染め】利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは髪や頭皮に優しい

利尻ヘアカラートリートメントは、一般的な混ぜて使う二剤混合式の白髪染めやオシャレ染めヘアカラー剤と違い、化学薬品を使わず、無添加、天然成分中心ですので、髪や頭皮へのダメージが少ない。
低刺激なので毎日でも使えるメリット。

美容院で白髪染めをしたり、セルフで二剤混合式の白髪染めをしても、1か月から2か月に1回の間に、しばらくして、髪の根元や分け目が白くなってくる。
そのつなぎとして、利尻ヘアカラートリートメントを使って部分染めリタッチをするのも有効な使い方です。
毎日染めていれば気になるキラキラした部分も見えにくくなりますので、気になる白髪隠しがしっかりできて白髪ケアがうまくいきます。

まとめ 利尻ヘアカラートリートメントの色選び。おすすめ色は?

利尻ヘアカラートリートメントの色は何色を選べばいいのか。

一般的な白髪染めとして黒色に染めたいならブラックで問題ありません。

黒髪にしたいけれど、あまりに真っ黒髪は困る、という人方はダークブラウンを選ぶとよいでしょう。
少し茶髪で落ち着いた大人の雰囲気もありつつ、おしゃれを演出できる。

既にオシャレ染めヘアカラー剤で茶髪で明るい髪色の人に白髪が生えてきたり、白髪ケアしながらも垢抜けたアクティブでポジティブな印象を作りたいなら、思い切ってライトブラウンでハイトーンにしてみる。
利尻ヘアカラートリートメントなら白髪染めでも明るい髪色に染められます。

明るいけど派手すぎない茶髪であればナチュラルブラウンを使う。赤みが気になる方はライトブラウンではなくナチュラルブラウンがよい。

なお、オシャレ染めで白髪は染まりませんので、白髪を染めるには必ず白髪染めを使うようにすること。

利尻ヘアカラートリートメントは人気の白髪染めトリートメント。
レビューや口コミでも評価が高く、白髪がきれいに染まると評判。
天然成分で安心して使える白髪染め、おすすめします。

あなたの今の髪色と、染めたい髪色をイメージしながら、ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックからお選びください。

利尻ヘアカラートリートメントが市販されている店舗


利尻ヘアカラートリートメントはどこで買えばよいのでしょうか。
できるだけ安く、最安値で買いたい。

利尻ヘアカラートリートメントはドラッグストアなどの店舗には販売されておらず、
市販品としてはネット通販のみ。

楽天市場やAmazonでも購入できますが、お得で安いのは公式サイト。

利尻ヘアカラートリートメント公式サイトでは2本セット、3本セット、など、まとめ買いがありますから、それがとても安くお得で最安値。
初回送料無料で、キャンペーン中なら選べるプレゼントもついてきます。

ぜひ公式サイトから利尻ヘアカラートリートメントをお買い求めください。
おすすめの白髪染めトリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメント【公式】
※利尻ヘアカラートリートメントはこちら
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール

利尻ヘアカラートリートメント
【公式】サイトは、こちら

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの体験談(口コミ・評判・評価・レビュー)
利尻ヘアカラートリートメントに新色ナチュラルブラウン登場
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは明るい?
利尻カラーシャンプーの体験談(口コミ・評判・評価・レビュー)
白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?
利尻カラーシャンプー茶髪に染める使い方。ブラウン系は3色の茶色を選べる
利尻カラーシャンプー新色ナチュラルブラウンで茶髪に。口コミは?
利尻ヘアファンデーション白髪隠しの使い方。口コミ・評判評価は?

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする