市販の白髪染め、ブリーチなしで黒髪から茶髪にする方法

市販の白髪染め、ブリーチなしで黒髪から茶髪にする方法について。

ブリーチなしでも明るめの茶髪にできる

ヘアカラーをするときに、明るめの茶髪にするにはブリーチしなくてはならないのでしょうか。
必ずしもそのようなことはなく、明るめの茶髪にするには色選びが重要。

ブリーチしないで、市販のヘアカラー剤から「ブラウン」、「ライトブラウン」といった色を選んで染めてください。
色の傾向としてはオレンジ系、ピンク系、グレー系のカラーで明るくなりますので、「オレンジブラウン」、「ピンクブラウン」などもよいでしょう。

すなわち、ブリーチなしでも明るめの茶髪にできるのです。

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?

白髪染めで黒髪から茶髪にする方法

市販の白髪染めには黒く染めるブラックしかないように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それ以外のカラーもあります。

白髪染めで黒髪から茶髪にする方法としては、ブラウン系のカラーを選ぶこと。
具体的には「ブラウン」、「ライトブラウン」、「ダークブラウン」など。

ブリーチなしの市販の白髪染めはある?

二剤一式の混合式の白髪染めは、混ぜてから染めるようになっています。
市販のヘアカラー剤や白髪染めもそうですが、美容室のカラーも同じ。

これらは地毛の黒髪の色を落とすブリーチ作用が含まれているのです。

一方で、ヘアマニキュアのようなヘアカラー剤や白髪染めは、髪の表面に色をつけるだけなので、ブリーチ作用はありません。

白髪染めでヘアマニキュアと言えば、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーがあります。これらがブリーチなしの市販の白髪染めだと言えるでしょう。

初心者向け市販の白髪染め

初心者向け市販の白髪染めということでは、混ぜて使う二剤一式のほうが、一度で完全に髪色が変わるので使いやすいとも言えます。

しかし、髪色が変わるということは、イメージと違って失敗した場合に、やり直しがききません。
また、薬品のような臭いがして、頭皮にも刺激があることで苦手な方もいます。

その点、ヘアマニキュアタイプですと、ゆっくり染まっていきますので、髪色の変化を徐々に確認できるのが便利。イメージと違えば染めるのを止めればよいだけですので手軽に使えるはず。
臭いや刺激もないので、この点も初心者向きだと言えるかもしれません。

赤毛にならない市販の白髪染め

赤毛にならない市販の白髪染めを選ぶコツは、明るい色を避けること。

ヘアカラー剤は全般的にそうですが、明るい色ほど色素オレンジを含ませることが多いため、オレンジの中にある赤の要素が目立ってしまうのです。

白髪染めトリートメントがおすすめな理由

白髪染めトリートメントはヘアマニキュア。

髪の表面を染めるだけですので、毎日使える。
混ぜることなく、手軽に染めることができますので、便利ですし、頻繁に染めていれば根元の白髪ケアもできる。リタッチにも有効。

ブラウン、ライトブラウンといったカラーもありますので、ブリーチなしで黒髪から茶髪にできる。
おすすめの市販の白髪染め。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

白髪染めシャンプーがおすすめな理由

白髪染めシャンプーはヘアマニキュア。
髪を洗うだけで白髪が染まる。

こちらも髪の表面を染めるだけですので、毎日使えますから、毎晩のお風呂のときに洗髪するだけ。

ブラウン、ライトブラウンといったカラーもありますので、ブリーチなしで黒髪から茶髪にできる。
おすすめの市販の白髪染め。

白髪染めシャンプーで毎日洗って、気になるところや根元だけは白髪染めトリートメントを塗って白髪隠しするという方法で併用していくのも効果的です。

関連記事

家にあるもので茶髪にする方法はある?
白髪染めからブリーチして染めた黒髪を明るい茶髪にしたい
白髪染め代わりのブリーチで汚いハイライトの白髪ぼかしが嫌
市販の白髪染めシャンプーは本当に染まる?おすすめは?
黒髪と白髪をカラーシャンプーだけで染める茶髪にする
だんだん染まるシャンプーで茶髪にしたい
市販に一回で染まる白髪染めトリートメントある?白髪染めシャンプーは?
利尻カラーシャンプー茶髪に染める使い方。ブラウン系は3色の茶色を選べる

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする