40代の白髪をブリーチの明るい髪色で白髪隠し

40代の白髪をブリーチの明るい髪色で白髪隠しする方法があります。

40代の白髪をブリーチの明るい髪色で白髪隠し

40代でブリーチを使うというと躊躇される方もいるかもしれませんが、気にすることはありません。ブリーチの使い方次第で髪色は変わります。

40代の白髪をブリーチの明るい髪色で白髪隠しすることができる。

ただ単にブリーチしただけですと金髪になってしまいますが、ブリーチの後からヘアカラーや白髪染めで染めることで明るい髪色のきれいな茶髪になります。
いわゆるダブルカラーの手法です。

ただ、この方法は美容室などのサロンで美容師にやってもらう必要があります。

40代の白髪を市販のブリーチを使ってセルフで染められる?

40代の白髪を市販のブリーチを使ってセルフで染めることはできます。
しかしダブルカラーのような染め方はできませんので、かなり明るすぎるハイトーンの髪色か金髪に仕上がってしまう。

それ以前に、ブリーチを使うことによる白髪へのダメージも気になります。

40代の白髪をセルフで染めるなら白髪染めを使うべき。
オシャレ染めヘアカラー剤は使わない、白髪は白髪染めでないと染まらないのです。

明るい髪色にしたいのなら、ブラウン系のカラーの白髪染めを使うことで、白髪があっても明るい色の茶髪に染めることができます。

※ブラウン系の白髪染めはこちら
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

40代は白髪をどうしてるのか

40代は白髪をどうしてるのでしょうか。

白髪が増える、気になる、目立つのは30代半ばといわれていますが、白髪染めを使い始めるのはそれより後の40代前半からが多いという。

実際に40代は白髪をどうしてるかと言えば、白髪が少ない方は切ることで対処しているようですが、明らかに大量に増えてきたり、職場や家族あるいは友人知人に白髪を指摘されるようになると白髪染めで染めるようになるようです。

すなわち30代で白髪に気付いたり自覚して、40代での白髪ケアは白髪染めを使わざるを得なくなるというパターンが最も多いと言えるでしょう。

40代がヘアカラーでアッシュグレーに染める

アッシュグレイに染めると、アッシュで灰色っぽさを出しつつも、グレーがあることの温かみもあって柔らかくなる。

明るい色で染めて黄色すぎたり赤っぽくなるくらいなら、グレイヘアベースの白髪ぼかしのような、くすみも作れるので40代にも向いています。

最近では20代や30代の若い方がアッシュグレーで染めていますから、不自然なヘアカラーには見られません。

アッシュグレーは市販のセルフカラーにもありますし、ブリーチなしでも染められます。

白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

50代・60代もブリーチできるが白髪染めがおすすめ

50代・60代もブリーチはできますが、白髪が増えて、髪全体のほぼ全てが白髪ですと脱色する意味があまりありません。
また、白髪が多いほど髪の毛へのダメージも酷いと言えます。

その場合はブリーチをするより、白髪染めで染めるようにするべきです。
黒染めだけでなく、ブラウン系のカラーを使えば明るい髪色、茶髪にもできます。

逆に、白髪の色に合わせて黒髪を染めてグレイヘアにするのもよいでしょう。

また、白髪がほとんどという方であれば、あえて白髪にヘアカラーで色を付ける手法もあります。外国人の高齢者には割と多いですが、日本でも白髪にパープルがかった髪色にしている方を見たことがあるかもしれません。

白髪を生かしたカラーリング、メッシュやハイライトで白髪隠し

髪色全体を明るくすることに抵抗があるのなら、メッシュやハイライトで白髪隠しするのも悪くありません。白髪を生かしたカラーリングだと言えるでしょう。

黒髪に生えている白髪が目立つ状態から、他に明るい色を入れることで、白と黒だけのコントラストが控えめになりますので、白髪隠しになるのです。

また、新しい白髪が生えてきた後もカモフラージュできますので、染めた髪色やヘアカラーの雰囲気が長持ちするのもメリット。

メッシュは一部の髪を束にして色をつけることで髪全体に対して一部分だけにアクセントをつけ、ハイライトは細いラインで明るい色を複数入れることで髪全体に立体感を出します。

メッシュもハイライトもブリーチで作ることが多いですが、ブリーチなしで作ることも可能ですから、ブリーチを使うことに抵抗がある40代の方にも向いていると言えるでしょう。

ブリーチした後に白髪染めで染める

ブリーチした髪色が明るすぎた場合やブリーチ後の色落ちで髪が黄色くなった場合に、トーンを落としたり、髪色戻ししたいなら白髪染めを使うとよく染まります。

オシャレ染めヘアカラー剤よりも白髪染めのほうが濃くしっかりと染める染毛力が強いので適しているのです。

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?

白髪染めで染めた後にブリーチする

白髪染めで染めた後で、髪色を修正したいと思ってブリーチで明るい髪色にできなくはないですが、その場合は脱染剤を使うべき。ブリーチでは色ムラや変色して失敗する恐れがあります。

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい

白髪はブリーチで染まらない

白髪はブリーチで染まりません。

染まらないというよりも、白髪自体が色の抜けた髪なので脱色しても意味がないのです。
むしろ髪色が無いところからさらに色を取ろうとするのですから、髪に及ぼすダメージは酷く、注意が必要。
白髪があるならブリーチは使わないほうがよいと言えるでしょう。

関連記事

白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事
茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い
茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?
白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める
利尻ヘアファンデーション白髪隠しの使い方。口コミ・評判評価は?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする