白髪隠し使って茶髪にできる?茶色の白髪隠しで明るい色に染める

白髪隠しを使って茶髪にできるのでしょうか。

また、茶色の白髪隠しというものがあるのかどうか。

白髪隠しで明るい色に染めたいのです。

白髪隠しとは?

白髪隠しとは、白髪を一時的に隠すアイテム。

白髪染めは髪を全体的に染めて白髪ケアするわけですが、
このときに白髪だけでなく黒髪も染めて髪色を変える。

一方で白髪隠しについては、見つけた数本の白髪、
部分的な白髪だけを染めて隠す、
その場だけ隠してケアするいうアイテムになります。
1日だけ染めたり、シャンプーで洗髪すれば洗い流せる
というものも少なくない。

白髪隠しのタイプ

白髪隠しのアイテムには、ファンデーション、
コーム(櫛)、スティック(筆で塗る)、
マスカラなどが市販されています。

白髪染めの部分染め以上に、数本だけ染める、
根元だけ染めるなどとかなりピンポイントに
白髪だけを染めることのが目的ですので、
細い筆状の先端で塗るものまである。

あるいは、スプレーのタイプもあります。
これは狙った箇所を部分的に染めるのは難しく、
髪の毛全体に色付けをする。
他の白髪隠しより色が落ちにくい反面、色ムラなどで
髪色が不自然になりやすいのがデメリット。

茶色の白髪隠しはあるの?

白髪隠しには、基本となるブラックだけでなく、
ブラウンも市販されている。

茶色の白髪隠しはあると言えます。
主にダークブラウンのような黒っぽい茶色が多いですが、
メーカーによってはライトブラウンや
ナチュラルブラウンなどの
カラーバリエーションも用意されていますので、
様々な茶色の髪色に対応可能です。

白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった

白髪隠しを使って明るい色の茶髪にできる?

茶色の白髪隠しがありますので、ダークブラウン、ブラウン、ナチュラルブラウンなどを使えば、白髪隠しを使って茶髪にできる。

白髪隠しだから黒い髪色にするしかないと思う必要はありません。
白髪隠しでも明るい髪色に染めることができるのです。

明るい色にしたいならライトブラウンの白髪隠しをお試しください。
もし無ければ、ブラウンやナチュラルブラウンを使いましょう。

白髪隠しを使って茶髪を隠すことも可能

オシャレ染めヘアカラー剤で茶髪に染めている方、
もしくは白髪染めで明るい髪色に染めている方、
そういった方が白髪隠しを使って茶髪を隠すことも可能。
明るさを消してトーンを落すためにダークブラウンを
使うこともありますが、黒髪に見せるために
ブラックを使うことが多いので黒染めとも呼ばれています。

ただ、髪の毛の全体の髪色を変えるのであれば、
白髪隠しアイテムの中ではスプレータイプが適切だと言えます。
筆やマスカラのようなタイプでは全てを塗っていくのは面倒になります。

白髪染めと黒染めの違い。しっかり黒く染める長持ちタイプはどっち?

白髪染めで茶髪にできる? 明るい髪色で白髪隠し

白髪染めで茶髪にできます。

白髪染めを使うから黒髪に合わせてブラックで
染めるしかないと嘆くことはなく、白髪染めの中でも
ブラウン系の茶色のカラーを使えば
明るい髪色に染めて白髪隠しできるのです。

美容室ですと白髪染めで茶髪を希望しても、
黒い系統のダークブラウンに染めることが少なくありませんので、
市販の白髪染めを使ってセルフで染めることをおすすめします。

白髪染めで茶髪にできる?

白髪染めとオシャレ染めヘアカラー剤の違いに注意

白髪染めとオシャレ染めヘアカラー剤は似ているようで違います。

白髪染めは白髪を染めるために作られており、染毛力が強い。
一方で、オシャレ染めヘアカラー剤は黒髪を染めることが
目的ですので脱色力が強い。

白髪がある人が、オシャレ染めヘアカラー剤で髪を染めた場合、
黒髪に色は付きますが、白髪はそのまま残りますのでご注意ください。
白髪は白髪染めでなければ染められません。

ヘアマニキュアと二剤混合式の違い

ヘアマニキュアとは、髪の表面に色をつけるタイプのヘアカラー剤。
白髪隠しもヘアマニキュア。

美容室やセルフで使うヘアカラー剤の多くは二剤混合式であり、
薬剤を混ぜて使う。
髪の内部に色を付けるタイプのヘアカラー剤ですので、
染めた直後に髪色全体が大きく変わり、色落ちしにくく長持ちする。

白髪染めトリートメントが人気の理由

ヘアマニキュアは、二剤式と違って髪や頭皮に優しく
低刺激ですので使う方が増えています。

その中でも特に人気なのが白髪染めトリートメント
気軽に髪を染めることができて、ダメージもなく、ヘアケアにもなる。

もし、全体的に髪色を変えたい場合には、
白髪隠しアイテムよりも白髪染めトリートメントが適しています。
それでいて部分染めリタッチもしやすいので便利。

※白髪染めトリートメントのおすすめはこちら
茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

利尻ヘアファンデーション(白髪隠し)

利尻ヘアファンデーション

白髪隠しのファンデーションタイプに
「利尻ヘアファンデーション」があります。
白髪染めトリートメントの中でも人気の
利尻ヘアカラートリートメントの白髪隠し。

【利尻ヘアファンデーション】
>>【公式】<<

白髪染めトリートメントはご自宅のお風呂場などで
入浴時などに染めることになりますが、
利尻ヘアファンデーションは、コンパクトに持ち歩き、
気になるその場でさっと塗る。
付属する専用ブラシで白髪隠しファンデーションを髪につけるだけなのです。
すなわち、お出かけ直前でも、外出先でも白髪ケアできるのです。

利尻ヘアファンデーションの使い方

普段、美容室やセルフで白髪染めをしている方、
すぐに伸びてきてしまう根元や分け目のキラキラ白髪を
さっと塗って白髪ケアできたら便利だと思いませんか?
利尻ヘアファンデーションはそれができる白髪隠しのアイテムです。

利尻ヘアカラートリートメントを使っているなら、
カラーで色味の統一感もでますので、
白髪隠しグッズをお探しでしたら
利尻ヘアファンデーションが特におすすめです。

※詳しくはこちらの記事へ
利尻ヘアファンデーション白髪隠しの使い方。口コミ・評判評価は?

関連記事

茶髪にできる市販の白髪染め比較
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア
茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い
白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい
茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い

フォローする