白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア

白髪をホームケアで茶髪キープしましょう。

自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケアして、つなぎにすれば、美容院や市販の白髪染めで染める回数を減らすことができます。

美容院で白髪染めしてもすぐに髪の根元から白くなってくる

美容院などのヘアサロンで白髪染めグレーカラーをオーダーしている方も、
しばらくするとすぐに髪の根元から白くなってくる悩み。

髪の毛は1か月で1cmほど伸びていますので、
染めてから例え1週間でも、髪の根元が2~3mm白くなっていることは不思議ではないのです。

およそ1か月ごとのカットと同時に白髪染めしている場合なら、
1か月に1回の頻度で白髪染めしていることになるので、その間ずっとは新しく生えてくる白髪を隠しきれません。

美容師によっては、白髪が目立つ部分だけを部分染めとしてリタッチしてくれる場合もあり、染める所が少ない分だけ料金も低価格ですので活用したい。

それでも染めていることに変わりはありませんから、髪や頭皮へのダメージは避けられませんし、毎週のように美容院へ通うのも難しい。

市販の白髪染めでもやがて白いキラキラが見えてくる

市販の白髪染め、ホームカラー剤で染めても、しばらくするとやがて白いキラキラが見えてくる。

二剤混合式は使い切りのうえに、刺激が強いため、1か月に1回程度の使用が推奨されています。
これでは細かな白髪ホームケアとして毎週のように染めるわけにはいきません。

さらに二剤式は使い切りですから、部分染めのように1本で複数回使い分けることも不可能。1週間~2週間ごとに新しい1本を使うのは購入も染める手間も面倒ですし、経済的にも負担になってきます。

染めすぎ注意。白髪染めの頻度を下げる

髪の染めすぎには注意が必要。
特に白髪ケアはどうしても新しく生えてくる白い部分が気になるので、頻繫に白髪染めを使いたくなる気持ちもわかります。

しかし、気にし過ぎることで過剰なまでに短期間に何度も白髪染めするのは問題。
髪や頭皮に刺激や負担が大きくダメージで髪が弱くなってしまうからです。
抜け毛や将来的な薄毛につながってしまう可能性すらあります。

上手にホームケアを行っていけば、美容院などのヘアサロンで染める頻度も、
二剤混合式の市販の白髪染めを使う頻度も1か月より少なくすることが可能。

最低でも2か月に1回、長ければ4か月程度に1回くらいまで頻度を下げることも不可能ではありません。

セルフで行う白髪染めホームケアは、自分で簡単にできる

セルフで行う白髪染めホームケアは、自分で簡単にできるものです。

市販の白髪染めで染めた場合は、直後にシャンプーをして洗い流しますが、
美容院で染めた場合、その当日はあえてシャンプー洗髪をしない。
そのほうが染めたことで受けたダメージから髪を落ち着かせられるからです。

また、ヘアケアを心がけていくことによって、髪が艶やかになり、白い部分も割と目立ちにくくなることも意識してみてください。例えばドライヤーや紫外線などにもお気を付けください。トリートメントを使うのもよいでしょう。

それでもどうしても根元が白く見えてしまう時期が困るということであれば、
少しだけマスカラやファンデーションを塗ってあげれば若干の白髪隠しにはなります。
しかし色落ちはしますので、あくまでも一時的な緊急処置。

気づいたその場で塗るだけ「利尻ヘアファンデーション」
※ファンデーション型の白髪隠しアイテム。
利尻ヘアファンデーション

※詳しい解説記事はこちら
利尻ヘアファンデーション白髪隠しの使い方。口コミ・評判評価は?

市販のヘアカラーおしゃれ染めと白髪染めの違いは?

市販のヘアカラーおしゃれ染めと白髪染めの違いですが、
おしゃれ染めは脱色力が強く色付きはそこまで強くないのに対して、
白髪染めは色付きが強くなっているという違いがあります。
それだけ髪色が濃くしっかり染まるのです。

白髪はヘアカラーおしゃれ染めでは染まりません。
白髪は必ず白髪染めで染めるようにしてください。

白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア

白髪をホームケアで茶髪キープする方法としては、白髪染めトリートメントを使うこと。

髪の表面に色をつけるタイプの白髪染めですので、髪や頭皮にダメージがほぼありません。
天然成分で作られていることも含め低刺激。
毎日使うことが可能なのです。
さらに、二剤式と違い、一度の使い切りではありません。

毎日ご自身で鏡を見て、気になった部分があれば、そこだけ白髪染めトリートメントを塗り、リタッチすればよいのです。

生え際、もみあげ、分け目、頭頂部など、すぐに白髪が目立ちやすい部分も自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケアが実現できます。

つなぎとして小まめに染めていけば、美容院で白髪染めしたり、市販の二剤混合式の白髪っ染めを使う頻度を、毎月ではなく、うまくいけば4か月に1回くらいにまで頻度を下げることも実現できます。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪染めトリートメントはカラーもあり茶髪にできる

白髪染めトリートメントはカラーもあり茶髪にできる。

色が一般的なブラックだけでなく、ブラウン、ライトブラウン、ダークブラウンなどのカラーバリエーションがあります。
これらを選べば白髪があっても茶色の明るい髪色に染めることができる。

白髪だけでなく一緒に黒髪も茶髪になりますのでご安心ください。

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

利尻ヘアカラートリートメントの色は何色を選べばいい?カラー4色(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

白髪染めカラーシャンプーもホームケアに最適

白髪染めカラーシャンプーもホームケアに最適です。

白髪染めシャンプーは髪を洗うだけで白髪が染まるという白髪ケアのアイテムですから、
毎晩のお風呂のときに白髪染めカラーシャンプーで洗うだけと簡単。

毎日使っていれば、根元の白くなる部分も常に染まっていますし、
髪全体の色落ちも目立たなくなります。

カラーバリエーションにブラウンやライトブラウンなどがありますので、
白髪染めシャンプーで茶髪にすることもできる。

白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?

白髪染めはいつから使うのものなのか

白髪が気になるのは30代半ば頃からが最も多いとされています。
40歳以上であれば、積極的に白髪染めを使うべき。

また、個人差によっては20代後半でも白髪が増える方はいますし、
少し遅く40代後半になってから気になる方もいます。
白髪染めはいつから使うのものなのか?と考えるよりも髪が白くなることに気づいたら使うようにしましょう。

特に白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは混ぜないで簡単に使える白髪染めですから、誰でも気軽に使い始めることができます、おすすめです。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう
白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう
セルフ白髪染めで赤み消す色や赤みのない色ってある?市販のヘアカラーで赤みを消す
美容院で白髪染め茶髪は黒いので、セルフで髪色を明るくしたい
セルフ白髪染めで黒く染めてるけど、美容院で茶髪にしたい
自分でちょっと白髪隠しすれば白髪染めのつなぎにできる白髪のホームケア

フォローする