白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう

美容院で白髪染めをオーダーしたら、色見本にはダークな色しかありませんでした。

美容院で白髪染め

髪を染めるオシャレ染めのカラーリングは髪を明るくする目的で
染毛することが多いですが、白髪染めの場合は逆。

なぜかと言いますと、白髪は髪の色素が抜けた色の薄い毛髪であり、
しっかり濃く染める必要があるからです。

プロの美容師の白髪の染め方としてはダークな色で染めるというのが
基本中の基本ということになります。

白髪あるけど明るい髪色で染めたいと伝えると美容師に嫌な顔をされたり、
一方的に断られるのはこのため。

こちらの気持ちを汲み取ってくれる美容師であれば、白髪をいくぶんか
カットしたり、根本や分け目、生え際など目立つ部分だけ白髪染め部分染めして、
毛先など大部分の目立つ位置だけを明るく染めるというダブルカラーで
対処してくれる場合もあります。

市販の明るい白髪染め

美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう
という考え方は正しいのです。

美容師としては明るく、あるいは明るめに染める技術もないわけではありませんが、
明るい髪色に染めるということは、薄い色に染めるということでもあり、
白髪染めのメソッドとは違う。
万が一、白髪が染まっていないとなると、そのミスのほうが問題なので、
プロとしては白髪をしっかり染めるように色濃く染めざるを得ないのです。

この考え方、染め方はカラーリングの基本であり間違っていません。

それに対して、無理に明るい髪色をオーダーしてトラブルのようになるなら、
セルフで白髪ケアすることをおすすめします。

市販の白髪染めを使えば、白髪が生えていてもセルフで明るい髪色に
染めることができるのですから。

白髪染め色の選び方

白髪染め色の選び方ですが、先の通りダークな色、濃い色、暗い色が
基本になります。

ブラックはもちろんのこと、茶髪にするならダークブラウン

明るい髪色という意味で言いますと、ブラックに比較すれば、
ダークブラウンでも明るいほうの色と言える。
ブラックですと、いかにも白髪染めで染めましたという真っ黒な髪色に
なるからです。

市販品のメーカーによってはダークブラウンが無く、
明るめ白髪染めとしてブラウンが基本色になっている場合もあります。
こればかりはわかりませんので、色見本で見比べながら、
実際に使ってみましょう。

白髪染めはオシャレ染めカラーリング剤に比べて脱色力が弱いので、
一度で劇的に明るくはなりにくいことも特徴。

いきなりライトブラウンで染めていくよりも、
まずはダークブラウンやブラウンで何度か染めて、いずれライトブラウンも
試してみるような使い方がよろしいかと思います。

なお、ライトブランのような一番明るい色を選びますと、
元の髪色や個人差によって赤みがでてしまうこともありますので、
注意が必要です。

白髪染めの色見本を参考にきれいな髪色に染めたい

白髪染めの色見本を参考にして理想的なきれいな色に
髪を染めたいと考えるのは当然のこと。

セルフで染めるなら、プロではない自分が髪の毛を染めるのですから、
きれいに染まるかなあ?上手く染められるかな?失敗しないかな?
などと悩みも尽きない。

ところで色見本は見栄えを良くするために極限にまで注意を払って
染めて美しく撮影されたものだと知っておきましょう。
下手すると画像加工で色味も見栄えよく後から調整されている可能性すらある。
よって、色見本と全く同じように染めることは難しいのであり、
あくまでも目安程度に考えておきましょう。

白髪染めを専門にしている美容師などにとっても、
なるべく本人の希望通りにきれいに染めようとはしてくれますが、
全くの色見本通りにするのは腕が立つ人でも困難な施術。
プロでも難しいのですからセルフで染める場合は尚更です。

セルフで色見本通りに白髪が染まらない、どうしたら見本通りになるのだろう?
と悩んでいる方は以下のように考えれば気が楽です。

環境によって同じ色であっても別のように感じることがある。
例えばアパレルショップで見て気に入って購入した洋服が、
自宅で見ると色味が異なるように見えるということがあります。
人間は感情や環境次第で、同じ色も補正して別の色のように捉えてしまう
可能性すらあるもの。

実際のところ、同じ髪色でも光が当たる角度や見る距離によっても
違う色に見えてしまうのです。

見本通りにならないのは上記のような理由もありそうです。

髪色を色見本に近づける工夫

仕上がり髪色を色見本に近づけるための工夫も知っておきましょう。

自分の髪質や太さ、現状の髪色から白髪染めのカラーを選択。

当然ですが、髪は根本からキラキラと白くなってきますので、
髪の根元である毛根付近をしっかり染める。
根本付近は体温による染まりやすいのでそこまで難易度は高くありません。
そして根元と毛先で色が異ならないように染め進めていく。

セルフで行う市販の白髪染めは放置時間が長いほど色濃く染められる、
放置時間を短めにすると色付きは浅めになる。

部屋の温度や湿度が高いほうが染まりやすく、待ち時間にフィルムラップや
ヘアキャップのようなもので頭髪全体を覆うことでも濃く染まります。

関連記事

ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツは?
白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア
美容院で白髪染めしたが茶髪に染まっていないのはなぜ?

美容院で白髪染めをしたら真っ黒になった
美容院では白髪染めとヘアカラーを混ぜるの?
白髪染め、美容院で染める髪色は?
美容院での茶髪の頼み方。白髪染めでも茶髪にオーダーできる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする