美容院では白髪染めとヘアカラーを混ぜるの?

美容院では白髪染めとヘアカラーを混ぜるのでしょうか。

白髪染めとヘアカラーの違い

ヘアカラー、いわゆるオシャレ染めというのは、二剤を混合させて作っていきます。

薬品の化学反応によるブリーチ脱色作用と着色作用で髪を染めていくわけですが、
白髪染めというものはなく、ヘアカラーを白髪向けとして色濃く髪を染めるようにしたものが、
白髪染めと呼ばれているだけ。

オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?

美容院ではオシャレ染めと白髪染めを分ける意味はなく、
どちらについてもヘアカラーで統一されている。
お客様の要望や提案をするのに「白髪染め」という言葉は使います。

メニューではグレイカラー(グレーカラー)と表記して、
カラーリングのファッションカラーと区別しているかもしれません。

ヘアカラーは薬剤を混ぜて作る、白髪染めも

ヘアカラーというのは上記の通り複数の薬剤を混ぜて作る。

市販のオシャレ染めや白髪染めも1剤を2剤を混ぜて化学反応させた混合液で髪を染めることは、
セルフで染めたことがあればご存知でしょう。
それと同じ原理、仕組み。

美容師の場合は、多数ある1剤や2剤を複雑に混ぜて調合します。
目指す髪色はもちろんのこと、髪質、ダメージや傷みなど髪の状態、
ヘアスタイル、あらゆる内容を加味してその場限りのヘアカラー剤を作り出す。
まさにプロのテクニック。

ダブルカラー

美容師のテクニックにダブルカラーというものがあります。

ブリーチで髪の脱色をして金髪のようにハイトーンにしてから、白髪染めで染める。
明るい髪色に染めやすい。但し髪のダメージがやや大きいので好まない美容師も。

もうひとつは頭髪全体をオシャレ染めで染めて、新しく生えてきた
根元の白い部分だけ、あるいは部分的に生えた白髪だけ白髪染めで染める。
2つのヘアカラーでそれぞれ部分染めしていくことになります。
これは色の変わり目のグラデーションや2種類の色での統一感を実現するに
ハイセンスな色感覚がなくてはなりませんし、手間や技術面を考えると
美容師は面倒で嫌がる可能性が高い。

単純に全頭オシャレ染めして、連続で白髪染めをすることもあり得ますが、
髪や頭皮のダメージも酷です。料金も2倍取られるかもしれません。

オシャレ染めヘアカラーが長持ちするテクニック

ヘアカラーを通常のオシャレ染めとして使うときに、色がしっかりついて
色味を長持ちすることを目的として、ヘアカラーの薬剤に白髪染めをいくらか混ぜる
というテクニックもあり得ます。

白髪染めというのは色の抜けた白い毛、薄い色を濃く色付ける
という目的があり作られていますから、これをヘアカラーにちょっと混ぜてあげれば、
髪の色に深みがでて、なおかつ色落ちしにくくオシャレ染めが長持ちするというわけ。

厳密にダブルカラーとは違いますが少し似ていますね。

美容院、白髪染めとカラー混ぜる?

このように美容院では多数の薬剤を混ぜて白髪染めやオシャレ染めを
作っているのですが、ご説明しました通り、美容師にとっては
オシャレ染めも白髪染めも同じヘアカラーとして扱っているだけ。

複数の薬剤を混ぜるのですが、それは美容師の知識と経験があってのテクニック。
一般人が市販のオシャレ染めと白髪染めを混ぜて使うことは、
髪や頭皮のダメージも気になりますし、薬品の化学反応を考えても危険です、
絶対に止めましょう。

関連記事

白髪染め、美容院で染める髪色は?
美容院での茶髪の頼み方。白髪染めでも茶髪にオーダーできる?
美容院で白髪染めをしたら真っ黒になった
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか
おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう

フォローする