白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで色を抜いて脱色して
明るい茶髪にしたいけれど、してもよいものでしょうか。

白髪染めで染めた黒髪

白髪染めで染めた髪は、濃い黒か、真っ黒とも言えるような
ブラックに染まっているはず。

同じ白髪染めでも、髪の内部のメラニン色素を染める二剤混合式や、
表面に色を乗せるような簡易型ヘアマニキュアなど、いくつか種類は
あるものの、基本は二剤混合式。

この二剤式というのは2種類の液剤を混ぜて化学反応によって染めるもので、
セルフにもありますし、美容院ではこのタイプ。
白髪染めで髪を染めたと言えば基本的にはこの二剤混合式のことを指しています。

白髪染めとオシャレ染めの違い

二剤混合式は髪の表面キューティクルを破壊し、その隙間から髪内部に
液剤が入り込みます。これによって髪の内部メラニン色素の色を脱色し、
酸化染料ジアミンが酸化した発色剤の色が定着する仕組み。

日本人のメラニン色素はユーメラニンが多いので、黒っぽい。
このメラニンの黒色で生まれつきの髪が黒髪に見えていますが、
それを脱色し色を付けて髪色が変わる仕組み。

上記はオシャレ染めの説明だったのですが、白髪染めも仕組みは同じ。
ただ、白髪の毛は色が抜けてしまった髪の毛ですので、
ブリーチ作用はほぼ必要がなく、むしろ色をしっかりつけなくてはなりません。

よって白髪染めはオシャレ染めよりもブリーチ力は弱め、そして
染毛力が強くなるよう作られています。
これが白髪染めオシャレ染めの違い。

白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

ブリーチ剤で髪色を脱色

ブリーチ剤は髪の色を脱色させます。
ヘアカラーいわゆるオシャレ染めにも近いのですが、オシャレ染めは
ブリーチしたうえで酸化染料の発色で毛に色をつける。

ブリーチはこれの脱色のみの強化版と言った感じで、中には髪の色を抜くため
というよりは明るくする目的のハイブリーチもありますが、
大抵はハイトーンになることをわかったうえで色を抜くことが目的。

この結果、ブリーチすると日本人の髪は金髪のような色になります。

明るい茶髪にしたい


髪を明るい茶髪に染めるには、オシャレ染めやカラー仕上げの白髪染めで
ハイトーンにしていく必要があります。

ここで確認が必要なのは元の髪色。

染める前の髪色が黒ければ黒いほど染まりにくく、明るければ明るいほど
仕上がりも明るくなります。

例えばセルフで市販のヘアカラーで染める場合も、二度目、三度目は
同じカラーで同じように染めても、髪はより明るくなる。
それは染める直前の髪色が前回よりも明るいから。

逆に、真っ黒な髪の毛から染めるなら一度で明るくするのは難しく、
急ぎであればブリーチで強力に脱色せねばなりません。

市販の白髪染めで髪を明るくしたい。セルフで明るく染める方法は?

白髪染めで染めた黒髪をブリーチで茶髪に

白髪染めで染めた黒髪は二剤式であれば、ご説明しました通り、
髪の内部メラニン色素までしっかり染まっており、髪の表面である
キューティクルも閉じていますので、簡単には色落ちしません。

生まれつき生えている黒髪の状態から脱色する以上に難しい。
しかも黒という色の特性は全てを覆い、混ざらない色なので余計に厳しい。

髪のダメージも心配。
白髪染めで染めた時点で髪の表面キューティクルを破壊し
内部のメラニン色素を染めたわけですから、これをもう一度
やるということで、再度キューティクルを開き、
染まった内部の色を抜いていくことになります。
どれだけ髪が傷むか考えるまでもありません。
酷い負担は避けられない。

ヘアカラーの黒、しかも白髪染めの黒色ですから、色合い的にも抜けにくい。
髪色の変化はほとんど期待できないわけで、ダメージも考慮すればなおさら、
やらないほうがよいというのが結論になります。

通いつけの美容師に相談しても答えは同じでしょう。
むしろプロから見れば余計にやりたくないはず。髪がボロボロに
なってしまいますから。

頭皮や髪を傷め続けますと、以後に生える髪が細くなったり、
抜け毛が増えたりと、将来的な薄毛リスクも高まる可能性がありますので、
お気をつけください。

ブリーチと脱染剤

ブリーチは脱色剤とも呼ばれますが、これはあくまで
髪のメラニン色素の色を抜くもの。

ヘアカラーで染めた髪の色はブリーチでは抜けません。
脱色剤ではなく、脱染毛というものを使います。
ブリーチのより強力なものと言えばよいでしょうか。

よって、白髪染めで染めた黒髪を変えていくなら、
ブリーチの脱色剤では色は抜けず、やるなら脱染剤を使います。

但し、この脱染剤はダメージがブリーチよりも大きいので、
美容院でも大抵は使いません。

ましてや白髪が生えていたら使いません。

白髪は髪の色素が抜けた透明な毛が白く見えています。
ブリーチは髪の色素を漂白する作用があるのですから、
色が無くなった毛の色を抜くために化学薬品を使うことが
どれだけ負担になるか。
それよりもあまり意味の無い使い方であることが
お分かりいただけると思います。

新しい髪が生えてから白髪染めで茶髪にする

一度、白髪染めで染めた黒髪は、色を抜くにも染めるにも無理があります。
髪が伸びるのをそのまま待って、次の新しい髪に生え変わってから
改めて髪を染めたりブリーチするのが正解。

なお、白髪は白髪染めでなければ染まりません。
白髪があるけれど茶髪にしたいのであれば仕上がり色がブラウン系の
白髪染めで染めるようにしてください。
例えばナチュラルブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなどの
カラーバリエーションがあります。

ブリーチ剤は必要ありません。
市販のブラウン系白髪染めで染めるだけで茶髪にできます。

関連記事

白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
カラートリートメントで白髪を染めた、その後カラーリングで茶髪にできる?
どのような化学反応から白髪染め薬剤で脱色し茶髪に染まるのか
セルフ白髪染めで黒く染めてるけど、美容院で茶髪にしたい
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
白髪染めで茶髪にするダメージは?髪や頭皮にダメージ少ない低刺激の市販品を
白髪染めで茶髪にする頻度、ヘアカラーの適切な間隔と最短期間を知ろう
生え始めの白髪を茶髪に染める方法
仕上がり髪色ブラウンの白髪染めを使ったけど黒髪になった

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする