明るい茶色になる市販の白髪染め

明るい茶色になる市販の白髪染めについて考えてみましょう。

白髪染め美容院では明るい茶色にできない?

美容院で白髪を染めると、黒っぽい茶色になるのでイメージと違う
というお悩みはよくある話。
白髪染めを美容院でしてもらう場合に、明るい髪色の茶色にはできないのでしょうか。

美容院で白髪染めする際には、美容師が毎回、お客様ごとに
1剤と2剤を混ぜて二剤混合で白髪染めを作っています。
これは普通に髪を染めるオシャレ染めの作業工程と同じ。

染毛作業は同じでも、混ぜ合わせていく薬剤はオシャレ染めと白髪染めで若干違う。
そして髪色へのアプローチも違う。

白髪染めのメニューがグレイカラーと呼ばれるように、
美容師のテクニックとしては白髪は暗く濃く染めるのが基本技。
白髪が色素の抜けた無色の毛ですので、しっかり色付けしなくては染まらない。
少しでも色味が不足すると薄い色しかつかない、白髪染めとしては失敗ということになってしまう。

一方で、オシャレ染めのように黒髪を明るい髪色に染めていくためには、
焦げ茶色をベースとして、そこにオレンジや黄色を混ぜていくことでトーンを上げていく、
濃い茶色を薄めていくわけです。
ブリーチは髪色を抜くことで無色にしてハイトーンに見せる。
つまり髪色というのは色を薄くすることが明るくすることでもあるのです。

このことから白髪については既に薄い色の毛ですから、
白髪隠しするならブラックで染めて濃くするか、あるいは真っ黒を避けるために
茶色系としてダークブラウンで染めることで濃くするしかない。

美容師に「白髪染めを明るい髪色にしてほしい」とオーダーすると嫌な顔をされるのは、
これが理由です。
薄い色の毛を濃い色で染毛しようとしているのに、髪を薄い色味にしてほしいと頼まれてる。
それは白髪隠しとして失敗であり、無理な注文なのです。

白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう

髪が明るい茶色になるブラウンの種類

市販の白髪染めがドラッグストア、ホームセンター、 コンビニなどで
販売されているのを見たことがあるかもしれません。
ネット通販でも購入可能。

白髪染めといえば日本人の黒髪に合わせて白を黒に染めるため、どうしても
ブラックという固定的なイメージが強いですが、黒系以外に、
髪が明るい茶色になる市販の白髪染めがあるのをご存知でしょうか。

明るい茶色に染めたいのであれば、市販の白髪染めを入手してセルフで染めたほうがよいと言えます。

白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう

白髪染めで茶色の髪色に仕上がるタイプは、染めると明るい髪色の茶髪になる。
そしてブラウンのカラー分けや種類としてはカラーネームかトーンで決まっています。

ブラウンもしくはナチュラルブラウンが基本的な茶色となりますが、
重め暗めのダークブラウン、明るいライトブラウンもある。

オシャレ染めほど細かな種類はありません。ひとまず髪を茶色にするならブラウンやナチュラルブラウンを選ぶ。
極めて明るい茶色にしたいという希望ならばライトブランを選ぶ。

これで白髪染めを使って明るい茶色の髪色になる。

白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー

どのくらい明るい茶色にしたいのかイメージしておく

髪をどのくらい明るい茶色にしたいのか、それなりにイメージできていればよいのですが、
あまりに事前のイメージと仕上がり色が違うと困りますので、
まずは基本色のブラウンあたりから染めていくことをおすすめします。

明るさのトーンについては、数字で表記されており、
数字が大きいほど明るい色になり、小さいほど暗い色と決まっています。
但し、市販の白髪染めでナンバーがついている商品名においては、数字が小さいほうが明るい色という独自の製品分類で逆順になっていることもあり、選ぶ際には注意が必要。

大抵は、市販の白髪染めのパッケージに仕上がりの髪色イメージが色見本として掲載されていますので、
間違うことはないと思いますが、よく確認してから買うようにしましょう。

インターネット通販ですと、実際に染めた仕上がり後の髪色の写真が公式サイト上に掲載されていることが多い。
仕上がりの髪色はあなたの髪質や染め方における放置時間などによっても変わるのですが、
色見本や染めた髪色の見本画像は少なからず参考になりますので必ず見ておくことをおすすめします。

白髪染めだと明るい茶色の髪にできない?

白髪染めだと明るい茶色に染めることはできない、市販品の白髪染め茶色だと髪がうまく染まらない、
などと思いこんでいる方がいらっしゃいますが、それは違います。

美容院で相談すると否定されることがありますが、それはその美容師が知識として知らないのか、
白髪染めで染めて明るい髪色にすることに否定的な立場の人なのでしょう。

美容室で使う白髪染めは、元来、オシャレ染めと同じ薬剤、同じ仕組みで染めていくもの。
その配合や調合を変えているだけなので原理的には明るい髪色にできなくはない。ただやらないだけ。
市販の二剤混合式白髪染めも同じ。

ただ、白髪染めの染毛力は強いので髪が濃く染まること、そしてブリーチ力が弱めなので脱色しにくいことなど、
確かに全般的に暗い重い傾向の髪色に仕上がることは否定できません。
美容師が主張する白髪染めでは明るくしにくいという説明や理屈は、プロの知識として正しいのです。

実際のところ市販のオシャレ染めで白髪は染まりません。
白髪を染めるには白髪染めを使うしかない。

市販の白髪染めにはブラウン系のものがあります、例えばナチュラルブラウン、ライトブラウン、ダークブラウンなど。
こういった白髪染めで染めれば明るい茶色の髪、茶髪に仕上がるのは間違いありません。
白髪染めで明るい茶色に染めることはできます。

黒髪から明るい茶色の髪にしたい

そもそも明るい髪色になるかならないかは、染める前の髪色が大きく影響します。
地毛の黒髪なのか、一度でも茶色に染めた後のやや明るい髪なのか。

真っ黒な髪色から、すぐに明るい髪色にするのが難しいのはオシャレ染めでも同じ。
白髪染めだから茶色に染めるのが不可能なのではありません。

黒髪に対してダークブラウンで染め始めると茶色になる期待はほとんどできません。
染めてみて真っ黒の黒髪は嫌だというのを避ける目的から、ソフトブラックのようなイメージで使うのなら
間違いではないものの、黒髪にダークブラウンでは肉眼で見て茶色という色味はほとんどわからないくらい。

ナチュラルブラウンやブラウンで染めてみて、あまり明るくならなかったとか、
イメージより重く暗い感じに仕上がってしまったなら、1週間~1か月ほどは、そのままにしてしばらく様子を見てください。
キューティクルが閉じて色素が髪に定着する時間を経過していけば色味が出てくるからです。
また、紫外線や水、シャンプー、ドライヤーなど意識しないヤケといった外的影響から、
染めた直後よりも髪が明るくなってくる。

3週間ほど待ったあとで、暗いままならば、再度同じ白髪染めを使って染めてみましょう。

繰り返し染めていく。二度目、三度目、と染める回数で明るくしていくのが基本。
数か月間で何度か染めれば、どんどん明るい髪色になる。
黒髪から染める1回目、2回目といった初期だけがダークだとも言えます。
そのあとは明るくなる一方なので、途中からは、むしろ明るくなりすぎに注意とも言えます。

どうしても黒髪から急いで明るい茶色にしたい場合には、最初から
ライトブラウンの白髪染めで染めていくのも悪くはありません。それでも無理な期待はし過ぎないようにしたい。

黒髪を明るくするのはオシャレ染めであり、ブリーチでもしない限りは、
1度だけのカラーリングで明るい髪色にするのは、ほぼ無理だと知っておいてください。
黒髪からは、ゆっくり染めていくしかないのです。

明るい茶色になる市販の白髪染め

市販の白髪染めの中から、どれを買えば明るい茶色の髪に仕上がるのでしょうか。
そして髪を茶色くしたい明るくしたいときに気をつけるべきポイントは何か。

まず、白髪染めの会社ごとに色味や色設定が異なり、同じブラウンでもそれぞれに微妙な違いがあること。
そこまで大差はありませんが、メーカーによってはブラウンが他社のライトブラウン相当のこともありますので、
やはり染めた後こうなるという髪色見本の画像をパッケージや公式サイトで見てみたり、ネットでの口コミやレビューを参考にしたい。

それが無理ならカラーバリエーション、色名で選ぶ。
3色あるなら、無難に2段階目、真ん中にあたるナチュラルブラウンやブラウンで染めてみる。
イメージ通りに髪が明るい茶色に染まればよいですし、
何度か染めてもあまり変わりなければトーンを上げてライトブラウンで染める。

染め方の工夫でも明るい髪色になる

染め方の違いや工夫でも仕上がり色が変わってくるものです。

染めるときの部屋の室温を高めにすると色素の発色がよくなる。
冬場や寒い場所で染めるのはなるべく避けたほうがよいでしょう。

染める際の放置時間をやや長めにとるのも髪を明るい茶色にするには効果的。
前回が放置時間30分だったなら、次回は放置時間40分に伸ばしてみるとか。
その際に調理用のラップフィルムやシャワーキャップなどで頭髪全体を覆って放置すると明るい色がでやすい。

こういったセルフでの染め方も慣れれば、次第にコツがつかめて上手になっていくものです、ご安心ください。

市販の白髪染めで明るい茶色の髪に染めましょう。

おすすめは?明るい茶色になる市販の白髪染め

茶色に染まる市販品の白髪染めをお探しの方もいらっしゃるかと思います。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

白髪染め茶色だと染まらない、ということはありません。
最近販売されている白髪染めは製品改良も進み、プロではない素人が染めてもきれいな髪色に染まる。
明るい茶色に染まるように開発されていますので安心してお使いください。

おすすめの白髪染めをご紹介します。

白髪染めトリートメントという髪や頭皮に低刺激で毎日のように染めていける白髪染めがネット通販で販売されています。
1剤と2剤を混ぜて使う二剤式ではなく、混ぜないでそのまますぐ使うタイプ。
有害成分も無く余計な添加物も無添加、天然成分の白髪染めなので安心安全。

ヘアマニキュアとされる白髪染めであり、髪の表面に色を付けるだけなので低刺激。
ゆっくり染まるので髪色の変化を確認しながら染めていけるのもメリット。

使い切りではなく、ピンポイントで染めることも可能ですので常に手元に置いて、
すぐに生えてくる根元や生え際、分け目のキラキラ白髪だけを部分染めするのにも最適。

女性だけでなく男性もお使いいただける男女兼用。

以下でご紹介する白髪染めは髪色の染まり具合が素晴らしく、髪や頭皮にも低刺激で安全、
それでいて明るい髪色になる市販の白髪染めとして人気となっています。

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

【おすすめ】ルプルプ ヘアカラートリートメント(白髪染め)
茶色にする4色では「ブラウン」が最も明るい髪色に染まります。

→ ルプルプ「ブラウン」ヘアカラートリートメント

ゆっくり染めていく、様子を見たい、
赤みが気になる方は「ダークブラウン」がおすすめ。

→ ルプルプ「ダークブラウン 」ヘアカラートリートメント

明るいけど赤みの無い仕上がり、アッシュっぽく染めるなら「ベージュブラウン」。

→ ルプルプ「ベージュブラウン 」ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント白髪染め

【おすすめ】利尻ヘアカラートリートメント(白髪染め)
茶色にする3色では「ライトブラウン」が最も明るい色に染まります。

→ 利尻ヘアカラートリートメント「ライトブラウン」

ゆっくり染めていく、様子を見たい、
赤みが気になる方は 「ナチュラルブラウン」がおすすめ。

→ 利尻ヘアカラートリートメント「ナチュラルブラウン」

関連記事

茶髪にできる市販の白髪染め比較
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
市販の白髪染めは茶色に染まらない?
白髪と黒髪を一緒に茶髪にできる市販の白髪染めは?
白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする

フォローする