市販の白髪染めは茶色に染まらない?

市販の白髪染めでは茶色の髪色に染まらないのでしょうか。

白髪染めが染まらない理由

白髪染めが染まらない理由はいくつか考えられます。

  • ヘアカラー剤では染まらない
  • 黒髪から一度で明るい髪色に染まらない
  • 髪が傷んでると染まらない
  • オイルやワックスが付いていると染まらない

まずヘアカラーではなく白髪染めを使うこと。白髪はヘアカラー剤オシャレ染めでは染まりません。

白髪染めであっても明るい髪色に染めようとしている場合は、黒髪が明るくなるのに何回かかかることがあります。
間隔を開けながら繰り返し染めていけば、やがて明るくなってきます。

髪が傷んでる方は、カラーがつきにくく色が落ちやすい傾向があります。
パーマやカラーをやり過ぎていませんか?ドライヤーにも注意するなど、普段のヘアケアを見直しましょう。

また、白髪染めで染めるときには、事前にオイルやワックスなどの整髪料を落としておかないと色がつかずに染まらないことがあります。

白髪が染まらない理由。茶髪の明るい髪色に染まらないのはなぜ?

市販の白髪染めは染まらない?家で白髪染め失敗

家で白髪染め失敗すると、「市販の白髪染めは染まらない?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

白髪染めが染まらない理由は上記にご説明した通りでありまして、これらの点に注意していれば、市販の白髪染めで染まらないということはありません。

明るい髪色に染めようとしている場合は、染まっているのに思ったよりも暗いことで、染まっていないと勘違いしている可能性もあります。
ダークブラウンで染めたなら、次回はナチュラルブラウンで染めてみるなど、トーンの明るい色を試してみるとよいかもしれません。

茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

茶色に仕上がる白髪染め

市販の白髪染めには仕上がり色が様々なものが用意されており、ブラウン系であれば、髪は茶色に染まります。

例えば、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンなどがあり、他にもカラーバリエーションはありますが、いずれも茶色の髪に仕上がるようになっています。

薬品の化学反応を用いて色を脱色させ染める。元の髪色が何であれ、きちんと染まる。
髪質の違いや髪の太さなどの個人差や、ヘアスタイルがロングでもショートでも、ほとんどの方が問題なく染まるように作られています。

白髪染めで明るい茶髪にはできない?黒い茶色にならない染め方のコツ

美容院で白髪染め明るい茶色に染まらないのはなぜ?

白髪染めで髪が染まる仕組みメカニズムは、美容院で美容師が使うものも、市販の白髪染めも原理は同じ。
二剤混合式は1剤と2剤を混ぜて化学反応で髪色を変えます。

ただ、美容院では美容師が色の調合を調整することができますから、髪質や、これまでの髪色およびヘアスタイルから総合的に判断して、その人に合った髪色に作っている。

やや暗めの落ち着いた仕上がり色になることが多いかもしれません。
白髪がしっかり染毛されるようにと、暗い色合いに調整しているのです。
これが基本の染め方。
美容院で白髪染め明るい茶色に染まらないのは当然のことなのです。

次回に美容室で染める際には、「前回よりも明るい色にしてほしい」とリクエストしてみましょう。
おそらく断られるとは思いますが、カラーが得意分野の美容師であれば、様々な工夫で白髪染めでも明るく染めてくれるはずです。

無理であれば、今度からはセルフで市販の白髪染めで明るく染めることをご提案します。

美容院での茶髪の頼み方。白髪染めでも茶髪にオーダーできる?

白髪染めブラウンは染まらないの?

白髪染めブラウンが染まらないということはありません。

ダークブラウンであれば、その名の通り重厚で落ち着いた色合いの茶色に髪が染まります。
黒髪に近い色としては、このダークブラウンか、ソフトブラックなどが挙げられます。

染めた後の仕上がり髪色で、見た目の印象が黒髪とほとんど変わらないので染まっていないように思えてしまうのかもしれません。

逆に、ナチュラルブラウンやライトブラウンを選べば、かなり明るい髪色、カラーで言えば明らかな茶色の髪、茶髪になります。

どうしても黒髪に近い色になってしまうという場合、元の髪色が地毛の黒髪だったのではないでしょうか。

髪を明るい色にするには、元の髪色が明るめでないと難易度が上がります。
染める回数が1回目より2回目、2回目よりも3回目と、より明るい色になっていくのです。
回数を重ねて明るい髪色になっていくのはオシャレ染めのヘアカラーリング剤も白髪染めも同様のことが言えます。

黒髪だけ茶色になって白髪は残った

茶色に仕上がる市販の白髪染めを使って染めてみたところ、確かに黒い髪は茶色になったが、白髪はそのまま白い、染まっていないという人もいるようです。

これは染め方が悪いと思われます、間違った使い方をしている可能性あり。

オシャレ染めヘアカラーリングと違って、白髪を染めるのが白髪染めであり、仕上がり色は黒髪も白髪も両方を色付けます。
白い髪がそのまま残ることはありません。

もし間違って、白髪染めではなくオシャレ染めヘアカラーで剤を買っていたのでしたら、白髪は染まりません。

似たような製品だから間違えてしまうことがあるかもしれません。
白髪染めかヘアカラー製品かの見分け方ですが、商品のパッケージ面に、「白髪用」とか「白髪染め」などと、明確に白髪向けの製品であると記載があるのが白髪染めです、よく確認してから買うようにしましょう。

髪色は明るくなっていく

染めた直後に鏡で自分の顔を見て、「あれ?全然明るい髪色になってない、茶色じゃないよ」と驚き残念がる方がいらっしゃるようです。

染めた髪はシャンプーでの洗髪や、水、空気などに触れ、あるいは物理的に擦れたりして、色が変色していくことがあります。

染めてから1週間ほどして、かなり色が抜けているケースもあります。
つまり茶色の髪の毛になっている。

髪色は明るくなっていくことがありますので、しばらく様子をみてみましょう。

すぐに明るくしたいからと、連続して染めるのは染毛剤に接触する頻度が多すぎて、髪や頭皮のダメージや負担が大きすぎます、連続使用は控えるべき。

市販の白髪染めで茶色に染まる

市販の白髪染めでも仕上がり色をブラウン系のものにすれば、黒髪も白髪も一緒に染まる、すなわち頭髪全体が茶色に染まります。

イメージしていたような茶色にならなかったら、2週間程度様子を見て、それから2回目を染めましょう。

なお、染める際に放置時間をやや長めにとったり、部屋を暖めておいたり、白髪染めを塗ってある髪をラップで包んだ状態で待つなどしますと、市販のものでも明るい茶色に染めやすくなりますので、お試しください。

市販の白髪染めで髪は茶色に染まります。

関連記事

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?
白髪染めしたら茶髪が真っ黒になってしまった
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?
白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう
カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
明るい茶色になる市販の白髪染め
白髪が少ない人の市販の白髪染めで明るく茶髪にする
市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単カラーリング
白髪染めで茶髪にする頻度、ヘアカラーの適切な間隔と最短期間を知ろう

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする