白髪染めシャンプーは白髪なくても茶髪にできる?

白髪は無いけれども白髪染めシャンプーを使ってみたい。

白髪染めシャンプーは、頭髪に白髪が生えてなくても茶髪にできるのでしょうか。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーとはシャンプー液タイプの白髪染めであり、
髪を洗うだけで白髪が染まるセルフ染め用の液剤。
市販のシャンプーに似たような容器に入っており、髪を洗うのですから洗浄成分もあります。

これまでの白髪染めのような塗ってからの放置時間、待ち時間もなく、
髪を洗って、すすぐだけですので、毎晩お風呂のときに洗髪するだけで白髪ケアになる
という新発想の白髪染め。

美容室やセルフで使う二剤混合式の白髪染めはジアミンという酸化染料など
化学薬品で構成されていますが、白髪染めシャンプーは白髪染めトリートメント
と同様、天然染料と植物エキスや果物エキスなどで構成されていますから、
髪と頭皮にダメージが少なく優しい。
低刺激ですので使用頻度的にも毎日使って染めていける。
1か月に1回などと期間を空ける必要はないので白髪ケアには適しています。

しかしダメージは少ないものの二剤式よりは染まり方が弱いので、
回数を重ねてゆっくり染まっていく。
3回目、5回目あたりから色付く傾向、ちょうど1週間くらいかかるような感じ。

仕上がりカラーは、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、
ナチュラルブラウンなど、明るいカラーまであるので、
ご希望の髪色イメージに合わせて使うことが可能。

利尻カラーシャンプー茶髪に染める使い方。ブラウン系は3色の茶色を選べる

白髪が無い人が白髪染めシャンプーを使う

白髪が生えていない人が白髪染めを使って髪を染めても問題はありません。

例えばカラーリングで染めた茶髪から黒髪戻しとして使う。
あるいは明るい髪色にしたいときにオシャレ染めではなく白髪染めの
ブラウン系のカラーを使うなどといった使用例が考えられます。

但し、白髪染めは白髪というメラニン色素の抜けた色の無い髪を染毛する目的のために、
しっかり染めることが必要であり、メーカー側では染毛力を強く開発しています。
厳密には濃い髪色、黒っぽい髪色に染めるということ。
プロの美容師ならば常識的な白髪の染め方。

色抜けしにくい黒をベースとした重めの暗い色に仕上がりますから、
黒髪戻しに白髪染めブラックを使うのはある意味よい選択だと言えます。

逆に、とても明るい髪色、ハイトーンにしたいのでしたら、やはり
オシャレ染めを使うかブリーチしたほうがよいでしょう。
白髪染めでも無理ではないのですが、本質的なことから言えば向いていない。

しかし白髪が1本でも生えているのならば、すなわち白髪があるけど明るい髪色にしたい
のであれば、白髪染めのブラウン系カラーで染めてください。
白髪の毛はオシャレ染めでは染まりませんから、その点だけは注意が必要。

茶髪の人が白髪染めシャンプー

茶髪の人が白髪染めシャンプーを使っても問題ありません。
白髪が生えている、白髪が無いも関係ありません。

但し、緊急で黒に染める必要がある場合には黒髪戻しのヘアカラーやオシャレ染め
二剤式のほうのブラックで染めたほうがよろしいでしょう。
白髪染めシャンプーですと色付けが浅く時間がかかってしまう。
最低でも1週間くらい毎晩洗い続けないと目に見えて黒髪にはなっていないはず。

茶髪の人が茶髪を維持するだけが目的ならば白髪染めシャンプーは適している。
もちろんブラウン系の白髪染めシャンプーを選ぶ。

そもそも白髪が生えている人が使うことが前提の白髪染めシャンプーですが、
その人の髪の毛が白髪だけとは限りません。
大抵は黒髪も生えていて、茶髪、黒髪、白髪が入り混じっているでしょう。
黒髪も白髪も一緒に茶髪に染まるので気にしないで使ってください。

白髪染めシャンプーでの染まり方、染め方

白髪染めシャンプーがゆっくり染まるという特性は弱点ではありますが、
逆に考えますと色合いを調整できるのだとメリットとして捉えることもできます。

毎日白髪染めシャンプーで洗髪していきながら、髪色が変化していき、
お好みの髪色になった時点で一旦使用をストップ。

生え際、分け目など髪の根元に白っぽい感じが出てきたら使用を再開すればよいのです。
はっきりとキラキラ白髪が目立ち始めるより前の段階です。

これは他の白髪染めではできないことなのでとても便利。

もちろん色の変化に関わらず継続して使い続ければ、根元も退色してきた毛先にも効果的。
生え際や特に見えやすい分け目なども常に染まった状態をキープできるので素晴らしい。
これは他の白髪染めではほぼ無理です。

白髪染めシャンプーは白髪なくても茶髪にできる

白髪染めシャンプーは白髪がある人も生えてない人も、誰でも使えます。
女性のみならず男性も使用可能。
ダークブラウンやライトブラウンなどブラウン系のカラーを選べば茶髪にできる。

シャンプーするだけで髪が染まるのですから、こんなに楽で手軽な白髪染めもありません。
月に1回染めている美容院やセルフでの二剤混合式の白髪ケアのつなぎとして、
その間の期間に部分染めとして活用するにも最適。

白髪染めシャンプーを使ったことが無いのであれば一度お試しになってはいかがでしょうか。
黒髪、茶髪、白髪ある無しにかかわらずどなたでもご利用いただけます。

関連記事

白髪用の利尻カラーシャンプー色選び、4色のカラーからどの色を選ぶべき?
利尻カラーシャンプーに新色ナチュラルブラウン登場、髪を洗うだけで茶髪へ
男性用の白髪染めシャンプーでは明るく染まらないの?
市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単カラーリング
白髪染めシャンプーを茶髪にやるとどうなるの?

フォローする