白髪には茶色か黒か迷う、明るい髪色なら茶髪へ

白髪を染めるには茶色がよいのか?やはり黒で染めるべきか
迷ってしまうかもしれません。
明るい髪色をご希望なら茶髪にしましょう。

ヘアカラーで白髪は染まらない

ヘアカラー、オシャレ染めで白髪を染めようとお考えでしたら、
茶色でも黒でも染まらないということを知っておく。
ヘアカラーを使うのが間違いなのです。

二剤混合式のタイプでもスプレータイプでも関係ありません。
ヘアマニキュアですと表面に色塗りするので色がつかないわけでは
ありませんが、色落ちは早いうえ、少しでも色落ちすれば相当に目立ちます。
カラーに見え隠れして真っ白な箇所が露出してくるのですから。

白髪を染められるのは白髪染めだけ。

白髪染めでブラウンへ、茶髪仕上がり

白髪染めで染めるということは強制的に黒髪にするということ
だとお思いですか。
白髪染めで茶髪に仕上がるものがあるのです。

ブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなど、明るさ違いの
カラーバリエーションまで用意されています。

オシャレ染め金髪なら白髪隠しに

もし強引にオシャレ染めで茶髪にすれば白髪も隠せるだろうと
お思いでしょうか?それは間違い。
日本人の黒髪は明るい色にするとどうしても赤っぽさが出てしまうので、
アッシュに染めた髪と違って茶髪に混在する白い毛は目立ちます。
白髪隠しにはなりません。

どうしても保護色にしたければブリーチで色を抜いて金髪にするしかないでしょう。
かなり明るいハイトーンな毛色にしてしまう。
白髪は染まっていないのですが金色の薄い色との混在であれば極めて見えにくく、
カモフラージュになりえる。

しかし多くの人にとって金髪という髪色自体が現実的ではないでしょう。

白髪染めでもライトブラウンくらいまで明るく染まる

オシャレ染めはブリーチが強いので金髪などの極めて薄い髪色にできる。

一方、白髪染めは染毛力が強いので重い暗い色になりがちな傾向。
白髪は色が抜けたことで白い毛なのですから、かなりしっかりと色付けを
しなければ色が定着しないから。

明るい髪色をご希望なら茶髪へ。
白髪染めだと重めな色合いとは言いましても、市販の白髪染めでライトブラウン
程度の明るい髪色なら充分に実現できます。

白髪染めで染めるなら茶色か黒か迷う?

一般的に白髪染めで髪を染めると言えば、黒。
日本人は生まれつきのネイティブで黒髪なので。

それはよいのですが、白髪染めで髪を黒に染めますと真っ黒になって、
いかにも白髪染めで染めましたと言わんばかりの艶やかな日本人形のような黒髪に
なってしまうこともありますのでご注意ください。

少しだけ茶色い髪の毛に仕上げたければ、ソフトブラックやダークブラウンあたりで
染めれば、髪色に若干の変化があってちょうどよいかもしれません。

関連記事

茶髪にも効く白髪用カラートリートメント
おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?
白髪が多い人は黒く染めた方がよいのか茶色か?白髪染め選び
ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合
白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる
白髪染めで黒髪か茶髪にするかの違い
白髪染めを明るい色選びで髪を明るい色にしたい。茶髪にしたいならライトブラウン?
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする
白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
明るいカラーの白髪染めで茶髪に。白髪少ない人も大丈夫

フォローする