白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

白髪染めでカラーリングするのに、何色にすればよいのでしょう。
色の選び方にコツがあるのかどうか。

明るい茶髪が思い浮かべる人が多いでしょうけれど、
アッシュもおすすめ。

白髪を綺麗にカラーリングする方法

白髪を綺麗にカラーリングするには美容院のほうが上手い。
プロの美容師が髪質や髪の色素などを見極めて、
その人に合ったカラー剤を使ってカラーリングをしてくれるからです。

しかし、美容院はお金がかかるのが悩み。
節約したい場合や美容院に行く時間がとれない方は、
市販のカラー剤を買って、セルフでカラーリングを行えば安い。

しかも最近の市販の白髪染めは思っていたよりも簡単に
カラーリングすることができます。
ヘアカラーの種類も豊富ですし、きちんと綺麗に染まるので
安心してセルフ方式にトライしてみましょう。

ヘアカラーリングのために必ずしも美容院へ行く必要はないのです。

ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツは?

白髪のカラーリングにおすすめの色はアッシュ

白髪を染める場合、黒色に染めるのが一番綺麗になると思われがち。

しかし、元々が黒髪で白髪を黒くカラーリングした場合、
白髪部分が伸びてきた時にはとても目立ちやすくなってしまいます。

逆に全体の色を明るくしておくほうが、白髪が伸びてきた時に
目立たなくなる。
ですから茶髪の方が白髪隠しには向いているのです。

ハイライトなども入れられます。むしろハイライトを入れたほうが、
白髪が目立たない状態になってさらに白髪隠しになる。

白髪隠しになる一番のおすすめのカラーはアッシュ

アッシュとは、くすんだ色味で灰色に近い色のことを言います。
髪自体にツヤ感が無くなって色落ちをしても馴染みやすく、
伸びてきても白髪が目立たなくなるのでおすすめなのです。
白髪隠しに最適。

茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い

カラーリングで綺麗にアッシュを出す方法

日本人の髪の毛は、赤味が強い人が多いのが特徴。
赤味を消さないとアッシュカラーは綺麗に入りません。

それは赤がアッシュカラーを打ち消してしまうのため、
赤味が残ってしまい綺麗なアッシュになりにくいのです。

ですから一番綺麗にアッシュのカラーリングをする方法は、
一度赤味を消すカラーリングをしてから、アッシュの色をのせる
ダブルカラーになります。

セルフだとなかなか難しくなるので、美容院でカラーする
ほうがいいでしょう。

もちろん、一回のカラーリングでもアッシュにする
ことは可能ですが、ダブルカラーでのカラーリングのほうが
染めた後、長持ちしやすい綺麗な色味にすることができます。

白髪をアッシュにカラーリングすると

髪の毛全体をアッシュにして白髪も一緒にアッシュにカラーリングをすると、
とても自然な仕上がりになって白髪が目立たないですし、
やがて白髪が少し伸びてきても目立たない、目立ちにくいというメリットもある。

しっかりと黒髪にするように白髪染めをした時と比較してみると、
染まっていながらも白髪に色味が薄く入っている感じ。

しかし、白髪以外の部分との差を考えると真っ黒に染めた場合よりも
不思議と白髪が目立たなくなっている。

黒髪の場合は髪の毛にツヤ感がありますが、アッシュヘアの髪の毛は
艶がないので色落ちしても白髪に馴染みやすい。

黒髪よりもアッシュカラーのヘアのほうが、手の込んだ色味なので
オシャレ感も出しやすくなるのでうれしいですね。

おすすめなアッシュの市販の白髪染め

美容院に行かなくても、つまりダブルカラーをしなくても
アッシュカラーに自宅でセルフで行うことが可能です。

今は市販のカラー剤もどんどん進化しており、白髪を含めた
頭髪全体を綺麗に染めることができます。

おすすめの市販のアッシュカラーができる白髪染めですが、
白髪染めランキングでも上位の花王ブローネ「泡カラー」が挙げられます。

アッシュはアッシュベージュとアッシュブラウンの2種類。
アッシュブラウンは明るさがベーシックです。
アッシュベージュは少し明るくなります。

白髪のカラーリングはアッシュで

お金や時間に余裕がある方が美容院に行って白髪染めをするのも
正しいですが、たまにはセルフで染めてみませんか?

市販の白髪染めは秀逸にできています。
思ったよりも簡単で、きれいに染まるので、セルフの魅力に目覚めることでしょう。

染める色選びは、やがて白髪が伸びたときにも目立たないアッシュ系のカラーにしてみて下さい。

アッシュは落ち着いた印象を与えてくれる色味でもあります。

男性女性とも仕事の邪魔になるようなことはありませんし、
むしろ他人にはオシャレで洗練された印象も与えることができます。

白髪染めでおしゃれにカラーリング

髪の毛に白髪が混ざっているのを放置すると、どうしても老けた印象を与えてしまいがち。
白髪が少しでも生えて気になったら白髪染めで染めること。

最近では若い方も白髪が増えてきているので、白髪染めについて
知りたい方も多くなってきているのではないでしょうか。

せっかく洋服やファッションでおしゃれをしても、
ビジネスの装いでびしっとキマっていても、
白髪を染めていないと全体のバランスが崩れて残念な仕上がりになってしまいます。

40代50代の方でも綺麗に白髪をカラーリングしている人は若々しくなって、
実年齢よりも下に見られることが多くなります。
男性は格好良く、女性は綺麗になりたいのなら、白髪染めをすることです。

今の市販の白髪染めに年寄り臭いイメージはありません。
ただ単に白髪を染める、白髪隠しではなくなっています。
おしゃれ染めと全く変わらなくなったと言っても過言ではありません。

白髪もしっかりと染めながら、お好みのカラーに髪の毛全体を染めることが可能。
当然、髪の毛全体を明るくすることもできますので、
白髪が増えてきている人にもお好みのカラーリングができて、
おしゃれも一緒に楽しむことができる。

つまり白髪をカラーリングすればよいのです。

若返って自信もつきますし、みんなに褒められること間違いなし。

アッシュっぽく染まる白髪染め

アッシュの髪色に仕上がる市販の白髪染めに、
グローイングショット カラートリートメント(POLA)があります。

BK(ブラック)で染めるとアッシュっぽくなります。
BR(ブラウン)ではないことがポイント。

グローイングショット カラートリートメント【POLA】 で茶髪に染める?【口コミ】

個人差もありますが、ブラックで染めることで、
アッシュブラウンの髪色に染まるイメージ。

わずか5分の短時間で染まる白髪染めなので忙しい人にぴったり。

トリートメントタイプですから、生え際や分け目、根元などを
定期的に部分染めに使うのにも適しています。

※アッシュに染めるグローイングショットはこちら
→ グローイングショット カラートリートメント(POLA)のブラック【公式】

※ルプルプの「ベージュブラウン」で染めると赤みを抑えたアッシュ系に染まります
→ ルプルプ「ベージュブラウン」(LPLP)ヘアカラートリートメント【公式】

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

関連記事

白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア
白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
ブラウンで茶髪か黒髪か?40代の白髪染め色選びはイメージが大事
白髪ぼかし染めとは男性のカラー?女性の白髪染めとの違い
白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる
白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい
白髪には茶色か黒か迷う、明るい髪色なら茶髪へ
ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック

フォローする