白髪染めアッシュでも赤くなるのはなぜ?

白髪染めアッシュでも赤くなるのはなぜなのでしょうか。

ヘアカラーで赤くなる理由

ヘアカラーで染めて髪色が赤くなるのは、ヘアカラーの色素に含まれる赤、もしくは、地毛の黒く見えるメラニン色素に含まれる赤のどちらか。

ヘアカラーで明るく染めるカラーには赤が多めに含まれます。
色素に含まれる赤は染めた直後に目立つこともありますが、色落ち後に赤だけ残ることもあります。

ヘアカラーで脱色したときに抜けきれてない地毛に含まれているメラニン色素の赤は、染めたときは目立たなくても、やがて色落ちした後にその赤だけが残って目立つようになることがあるのです。

赤くなりにくいヘアカラーは何色か

明るく染めるヘアカラーは色素に黄色と赤が多く、黄色あるいはオレンジの色で明るさを強調していく。よって赤みが出やすい。

赤みを避けるなら、ヘアカラーでは黒い色、暗い色に染めるのがよいということになります。

ブラックで染めるのがよいわけですが、明るめに染めたいというのであれば、ソフトブラックやダークブラウンを選ぶとよいでしょう。

赤みを抑えるならアッシュに染める

赤みを抑えるならアッシュに染めるというのを聞いたことがあると思います。

アッシュカラーというのは、灰色っぽい、くすんだ髪色。
青や緑が中心になり、黄色や赤が抑えられるから、赤みが出にくいのです。

白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

アッシュでも赤くなるのはなぜ?

ただ、アッシュに染めても赤くなることはあります。

単純にピンクアッシュは赤を多く含むので赤っぽくなります。
また、アッシュブラウンでも、明るめにするほど赤っぽさがでてしまいがち。

アッシュグレーであれば赤くはならないものの、やがて色落ちしてくると赤くなることはあります。
前述の通り、地毛のメラニン色素に含まれる赤が目立つようになることがあるからです。

ブリーチしてからアッシュに染めることで赤くならないようにできますが、髪や頭皮へのダメージが心配です。
また、ブリーチしなくても赤くならない方もいますので無理にする必要はありません。

ブリーチした髪に白髪染めで染めると染まるの?失敗からの染め直しで色落ちは?

白髪染めアッシュでも赤くなるのはなぜ?

白髪染めアッシュでも赤くなるのは、一般的なヘアカラー剤と同じで、退色してくると、地毛のメラニン色素に含まれる赤が目立つようになるからです。

どのくらい赤みが残っているかは、元の髪の個人差や染め方にも関係しますので、一概には言えません。

ただ、白髪染めは濃く暗くしっかり染めるようにできていますので、ヘアカラー剤よりは赤くなりにくい傾向にはあります。

なぜ赤くなる?市販の白髪染めで明るくしたときの悩み

白髪が多いなら赤くなる可能性は低い

白髪が少なく黒髪が多い方は、白髪染めでもやがて赤くなる可能性があると言えます。

白髪が多い方は、色落ち後に地毛の赤が目立つ心配はほぼありませんので、あとは白髪染めのカラーが黒っぽいものを選べばよいでしょう。
ブラックやソフトブラックが推奨ですが、明るめがよいのであればダークブラウンでも構いません。

しかし、市販の白髪染めでライトブラウンのような明るい色を使って染めても、思ったほど赤くならない方もいます。

市販の白髪染めで赤み消す方法はあるか

市販の白髪染めで赤み消す方法としては、白髪染めブラックを使うということになりますが、それでも地毛の黒髪に含まれる赤の要素が残っていると、色落ち後に赤くなってしまう可能性はあります。

市販の白髪染めで赤み消す色や赤くならないのは?赤みを消すヘアカラーで赤毛にならない

グローイングショット BK(ブラック)でアッシュっぽい

市販の白髪染め「グローイングショット カラートリートメント(POLA)」のBK(ブラック)で染めるとアッシュっぽく染まります。

グローイングショット カラートリートメントのカラーは、BK(ブラック)とBR(ブラウン)の2色があるのですが、BR(ブラウン)ですと赤っぽさがあるという口コミも見られますので、必ずBK(ブラック)で染めてみてください。

※アッシュに染めるグローイングショットはこちら
→ グローイングショット カラートリートメント(POLA)のブラック【公式】

グローイングショット カラートリートメント【POLA】 で茶髪に染める?【口コミ】

赤みを抑えたアッシュ系「ルプルプのベージュブラウン」

市販の白髪染め「ルプルプ カラートリートメント」のベージュブラウンで染めると赤みを抑えたアッシュ系に染まります。

ベージュブラウンは、ルプルプ全5色の中で2番目に明るい色で赤みを抑えたカラー。

茶髪に染めるのに赤みを抑えるならモカブラウンもよいのですが、赤みを抑えつつも明るめの茶髪にしたいということであればベージュブラウンということになります。

ベージュブラウンは赤みを抑えた黄みのある茶色ということで、黄色で明るさをだしているのが特徴。
赤みを抑えたアッシュ系に染めたい方は、ルプルプ(LPLP)のベージュブラウンをお試しください。

※ルプルプの「ベージュブラウン」で染めると赤みを抑えたアッシュ系に染まります
→ ルプルプ「ベージュブラウン」(LPLP)ヘアカラートリートメント【公式】

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP

関連記事

髪の赤みを消すカラートリートメントで赤み消し。赤くならない白髪染めトリートメントある?
白髪はブリーチ何回で染まるの?アッシュに染めるときとの違い
白髪染め代わりのブリーチで汚いハイライトの白髪ぼかしが嫌
黒髪と白髪をカラーシャンプーだけで染める茶髪にする
白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?
茶色の白髪染めで黒髪も染まる?黒髪に使用し普通の髪を染める
茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする