髪の赤みを消すカラートリートメントある?白髪の赤みを抑える方法

カラートリートメントで髪を染めたら、白髪に赤みが残りました。
この赤みを消したいのですがどうすればよいのでしょうか。

市販の白髪染めで赤みなしに染める方法について。

市販の白髪染めで赤みなしに染める、赤み消す方法

市販の白髪染めで赤みなしに染める、あるいは赤み消す方法なら、色はブラックを使うのが一番簡単です。

もし黒が嫌で、白髪あるけど明るい髪色に染めたい、そして赤みなしに染めるというのであれば、ダークブラウンなどの暗い茶色で染めると赤みを抑えられます。

ライトブラウンなどのとても明るい色ほど赤みがでやすいので、どうしても赤みを消したい
なら、ブラウン系統の色は避けるべき。

ただ、市販の白髪染めで明るい髪色の茶髪に染めても赤みなしにできる色もあります。

市販の白髪染めで赤み消す色や赤くならないのは?赤みを消すヘアカラーで赤毛にならない

カラートリートメントを白髪が生えている人が使う

白髪が生えている人がカラートリートメントを使うなら、白髪用のカラートリートメントがおすすめ。白髪染めトリートメントと呼ばれています。

ヘアカラートリートメント、カラートリートメントは、髪の毛の表面に着色して、なおかつトリートメント効果もある。
この効果によって染めた後は髪に艶、手触りサラサラに。
白髪を染めた後で髪がヘアケアにもなっているので一石二鳥のメリット。

白髪を染めるカラートリートメント

白髪を染めるカラートリートメントとは、いわゆる市販の白髪染めトリートメント。
オシャレ染めで白髪は染まりませんのでご注意ください。

染まる仕組みとしては、髪の表面キューティクルの上に色をつける。
市販の白髪染めトリートメントはヘアマニキュアという分類になっています。

髪に色を塗るような感じですので一度では色はつきにくく、二回目三回目と染めるたびに、ゆっくりと色がついていく。

染まって色がついているのが髪の外側ですので、色落ちしやすく、色合いの長持ちは難しいのがデメリットですが、低刺激ですので髪や頭皮に優しく、毎日使えるメリットがあります。

黒髪を茶髪にするとき赤みなしにしたい

日本人は生まれつき黒髪。
これは髪の内部のメラニン色素がアジア人特有で黒に見えることが関係しています。

髪を茶髪に染めるとき、髪のメラニン色素を変色させていくわけですが、日本人だと茶色によって赤っぽさが出る傾向があり、そういう性質ですので仕方ありません。

ヘアカラーや白髪染めトリートメントも少なからず髪の内部に影響を与えている部分もありますので、この赤味がでても不思議はありません。

また、カラー剤としても明るくする茶色としてはオレンジを使うことになり、オレンジに含まれる赤が強くでてしまうという側面もあります。

あるいはカラートリートメントのメーカーが日本人の自然な茶髪を実現するために、赤っぽい茶色をわざと作りだしている可能性もあります。

黒髪を茶髪にするとき赤みなしにしたいなら、カラー剤のパッケージや公式サイトで赤みがあると記載があったり、見本色に赤みが見られるものを使わないようにするほうがよいでしょう。

なぜ赤くなる?市販の白髪染めで明るくしたときの悩み

白髪の赤味を出さないで赤みなしにするならダークブラウン

髪を明るい色にしようと茶髪にするなら、日本人の黒髪ならある程度で赤っぽくなるわけです。

ナチュラルなブラウンに比較して、ライトブラウンで染めたほうが、この赤み度合いは顕著に出る。

逆に白髪の赤味を出さないで赤みなしにするならダークブラウンで染めておけば、赤っぽくなりにくい。赤みを抑えるには無難な選択だと言えるでしょう。

赤みを消すよりも、染める前の色選びで赤みを出さない工夫があったのです。

白髪染めで赤くならない美容室はあるか

美容師はヘアカラーのオーダーを受けてから、その場で薬剤を混合させてヘアカラー剤を作っていきます。白髪を染める際も同じ。

美容師によっては、茶髪にする際に真逆の色彩である青や緑をわずかに加えることもある。青や緑は赤を打ち消してくれる色。
こうすることで日本人の髪の毛を茶髪にする際の赤っぽさが減少。
赤みの少ない赤みを抑えた茶髪に仕上がる。

しかしこの作業は手間もかかりますし、ヘアカラーの分野に詳しく研究して得意とする美容師でないあまり行わない技ですので、白髪染めで赤くならない美容室については、特別な施術してくれる美容師や美容室を探さなければなりません。

仮に赤くならない染め方ができる美容師であっても割に合わないのでそこまでしないか、注文した場合に別料金で高額になる可能性もあります。美容師も仕事なので仕方ありません。

そもそも多くの美容室では、白髪染めを暗く濃く染めますので、赤みは抑えられます。
赤みがでるのは白髪あるのに明るい髪色に染めようとしたときです。

カラートリートメントを混ぜて赤みを抑えるのはよい?

市販のヘアカラーやカラートリートメントで赤みを抑えるために、いくつかのヘアカラーをを混ぜようと考えた人もいるでしょうが、これは止めてください。

そもそも市販のヘアカラーやカラートリートメントは複数の商品を混ぜて使うことは想定していません。薬品の化学反応や体への刺激など危険性が伴います。

強引に実行した場合、健康被害などの危険性もさることながら、肝心の髪色のほうが変色して失敗し、髪も傷んでしまうことが予想されます。

残った白髪の赤みを消したい

カラートリートメントで染めた後に残った白髪の赤みを消したいとしても、一度染めた髪色を後から調整するのは至難の業。
プロの美容師に相談しても無理だと言うでしょう。

まずはしばらく様子を見て髪色の変化を確認する。
特にカラートリートメントは早い段階で色落ちして長持ちしませんから、赤みも思ったより早く消えてくる可能性がある。

髪色を変えるときの基本は、新しい髪が生えてきてから改めて染め直す方法が最も確実でありそれが正解となります。

市販の白髪染めで赤みを消したい場合の色選び

市販の白髪染めで赤みを消したい場合はブラック、黒が一番の色選びになります。
それ以外ではダークブラウンなどの暗い濃い傾向の色で染める。

ライトブラウンなどの明るい色になるほど、そもそも赤みが強い色ですので赤みを消すことができません。

あるいは灰色を含むブラウンの色、アッシュに染めることで赤みのないカラーに染める方法もあります。

白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

市販の白髪染めトリートメントにアッシュの色はある?

市販の白髪染めトリートメントにアッシュの色はなかなかありません。

通常のヘアカラートリートメントのアッシュで染めて、白髪は染まらずに残るけれど、アッシュと白髪が混じりあってメッシュのような状態で逆におしゃれという考え方もなくはないでしょう。
但し、これは白髪の割合が少ない方の場合。

黒髪よりも白髪の割合が多い方は、白髪をしっかり染めるために白髪染めを使うしかありません。

市販の白髪染めトリートメントの中では、グローイングショット カラートリートメント(POLA)のBK(ブラック)で染めると髪色がアッシュっぽくなります。

※アッシュに染めるグローイングショットはこちら
→ グローイングショット カラートリートメント(POLA)のブラック【公式】

ルプルプの色、ベージュブラウンは、赤みを抑えた明るい髪色に染まりますので、黄色系の明るい髪色として赤みのない色に染めることができます。

※ルプルプの「ベージュブラウン」で染めると赤みを抑えたアッシュ系に染まります
→ ルプルプ「ベージュブラウン」(LPLP)ヘアカラートリートメント【公式】

関連記事

ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP
ルプルプのブラウンからライトブラウンへ変えたらどうなる?
グローイングショット カラートリートメント【POLA】 で茶髪に染める?【口コミ】
ダークブラウンの赤み。カラートリートメントの白髪用でも赤くなるのはなぜ?
白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
白髪染め色抜きの方法は?ヘアカラー失敗で違う髪色へ変えたいとき
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
市販の白髪染めでミルクティーベージュの茶髪にできる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする