混ぜない泡の白髪染めがおすすめな理由、髪に優しいから痛む心配なし

の白髪染めは髪に優しいので、痛む心配がありません。
但し混ぜないタイプ。

泡の白髪染めにもカラーバリエーションはありますので髪色も染められます。

泡タイプの白髪染め

泡の白髪染めにも混ぜてから使う二剤混合タイプと、
そのまますぐに使えるタイプがあります。

混ぜないで使える泡の白髪染めはヘアマニキュアという部類。

白髪染め液剤が泡状態になっており、容器をプッシュすれば 、
もこもこと泡が適量出てきます。

まるでシャンプー洗髪しているかのように使いやすい。
そして綺麗に染めることが出来ます。

気になる所だけの部分染めにも最適で便利。

混ぜてから使う二剤混合式の白髪染めには、例えば花王の泡カラー
といった商品がありますが、
この記事では主にこの混ぜない泡の白髪染めについてご説明いたします。

泡タイプの白髪染めのメリット

泡タイプの白髪染めは他の白髪染めに比べると、どういった
メリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリットとしては、以下の通り。

二剤式のように液を混ぜなくても良いので使い方が簡単ですし、
すぐに染め始めることができる。

扱いが簡単であるが故に初めて白髪染めをする人でも簡単に染められる。

白髪染めシャンプーの液状に比較すると泡は頭に乗りやすく、
液ダレが少ないので汚れにくい。

白髪染めトリートメントよりも溶けやすいので、
ゆっくりと髪の下まで落ちていき、自然に髪の根本も染めてくれる。

使い切りではありませんので一度に使い切る必要なし。
残りは次回使用することが出来る。
このことで部分染めにも最適。

泡タイプの白髪染めのデメリット

デメリットとしては、以下の通り。

髪が乾燥し過ぎていると泡がうまく乗らない、
髪に馴染まないことがある。

ゆっくり染めていると体温で溶けて液ダレし始める可能性。

二剤混合式のように髪の内部を染めるわけでないので、
一度では髪色が変わりにくい。

色落ちしやすく、長持ちは難しい。

泡タイプの白髪染めの効果的な使用方法

泡タイプの白髪染めの効果的な使用方法としては、
こまめに使うこと。

1回で色が強く染まらないものの繰り返し使うことで、
ゆっくり染まっていきます。

白髪染めの場合は、どんなに強く染めても、しばらくして
髪の根本や生え際からキラキラ白髪が見えてきますので、
1週間に1回~数回程度染め続けるのはとても有効。

使い切りタイプではありませんので、何度でも使えます。

白髪が特に多く生えている箇所や、
根本や生え際だけ染める部分染めにも最適。

あるいは1か月~2か月に1回通う美容院での白髪染めの
つなぎとして泡の白髪染めを使うのもよい。

色が安定してきましたら、美容室の白髪染めを止めても
大丈夫なくらいです。
これは髪や頭皮に優しく、とてもよいこと。

どのタイプの白髪染めを選ぶか

美容室に行くときにカットに合わせて白髪染めを行っている方も
多いと思いますが、頻度として1か月に1度くらいの割合でも
根本から白くなってきてしまうので足りないくらいでしょう。

白髪が出てくるペースに合わせていると費用と時間がかさんでしまう。
それ以前に高頻度に染めることは髪や地肌を傷めないかも心配。

ブラックで黒髪にしたいわけではない、明るい髪色にしたいといった、
白髪のカラーリング方法にもお悩みかもしれません。

美容院に行かなくともセルフで白髪染めできる。

最近では手軽に自宅で染められる白髪染めにもタイプがたくさん、
種類豊富な白髪染めが市販されていますので、
人気の高い泡タイプの白髪染めはどうして髪によいのか?
どの商品を選ぶべきか?引き続き以下に解説していきます。

おしゃれ染めでは駄目?

同じ髪を染めるものだから普通のヘアカラーで白髪を染めてもよい
と考える人もいるかもしれません。

しかしカラーリングのヘアカラー、いわゆるオシャレ染めと
白髪染めは似ているようで違う。

ヘアカラーは黒い髪が染まるように作られているので、
脱色力が強いものの染毛力は弱め。
ですから白髪にしっかり色付かず、綺麗に染めることが出来ない。

白髪染めの場合は、染毛力が強いので、白い毛にしっかり色が入って
自然な髪色を作ることが出来ます。

白髪には白髪染めを使用しなくてはいけないのです。

ニ剤混合式

美容室に行って行われる白髪染めや、市販タイプの
二剤式では液剤を混ぜてから、染めることができます。
だからニ剤混合式

髪の外側でなく、キューティクルを開いて髪の内側まで染色していくため、
一度染色する色が落ちにくく1~2か月長持ち、ほとんど色落ちしません。

しかし化学反応を起こす薬品、成分から、
髪と頭皮に強いダメージを与えるのがデメリット。

使っている最中に頭皮がピリピリしたり、ツンとした薬臭いニオイが
するのは薬品系だからです。

1回で使い切り、1度でしっかり髪色は染まり、色落ちせず、長持ちしますが、
髪や頭皮へのダメージは避けられません。
染毛の2日前(48時間前)に手で皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行うこと。
刺激を避けるためにも髪を染めるのは1か月に1回程度しか使えないとお考えください。

泡タイプでも花王の泡カラー、泡カラー白髪用ヘアカラーといった、
1剤と2剤を混ぜる方式のものは、この二剤混合式にあたります。

ヘアマニキュア

髪の表面に色素をコーティングしていくカラー方法で、
キューティクルを開かず、化学反応を用いていないので、
ヘアカラーおしゃれ染めに比べると髪や頭皮にとても優しい

反面、染毛力はそこまで強くありませんので、色が落ちやすく、
元々黒い髪色部分は染まりにくいため染めてもムラが出来る可能性があります。

色落ちは避けられず、長持ちも難しい。

白髪染めシャンプー白髪染めトリートメント
泡の白髪染めがこれにあたります。
混ぜないで使うタイプはおよそヘアマニキュアだとお考えください。

刺激やニオイが無いのもよい。
むしろよい香りがする商品すらあります。

美容成分も含有して髪のヘアケアまでしてくれる製品も珍しくない。

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントはヘアマニキュア。

シャンプーやトリートメントの中に白髪染めの成分が入っているので、
普通のシャンプーやトリートメントを使用するように使えば、
白髪を染めることが出来ます。

綺麗にムラなく染めることが出来ますが、徐々にゆっくり染まるので
一気に色を変えることは出来ません。
この辺りは泡の白髪染めと同じ。

白髪染めトリートメントは単体で使うことができ、
風呂場などで鏡を見ながら髪に塗ってしばらく待つだけ。

まとめ 泡の白髪染め

混ぜない泡の白髪染めについて、メリットおよびデメリットから比較しても、
他のタイプの白髪染めよりも扱い方が簡単で髪に優しい。
髪が傷む心配がありません。

これから初めて白髪染めするという人も、セルフ白髪染めでも
きれいな髪色に染めたいという人にもおすすめ。

二剤一式のように強く髪色を変えられるわけではありませんので、
泡の白髪染め染まらない?という心配をなさる方がいらっしゃるのもわかります。

しかし逆に変な色に染まって失敗する確率は低いですので、
まずは気軽な気持ちでお使いになってみてはいかがでしょうか。

整髪料で言えばムースのような感覚で使えますから簡単です。

白髪染めですがカラーバリエーションもある。
基本のブラックに、ブラウンダークブラウンなど。

白髪染めだけれど、真っ黒髪ではなく明るい髪色にしたい、
白髪染めで茶髪にしたいという人はブラウンやダークブラウンを選ぶのがよい。

これまでニ剤式だけを使ってきた方、白髪染めトリートメント、
白髪染めシャンプーをお使いの方も、併用もできますから、
混ぜないで使えるムースのような泡の白髪染めをぜひお試しください。

※当サイトおすすめ
ルプルプ(LPLP)の泡タイプ白髪染め

関連記事

ルプルプ ヘアカラーフォームは泡の白髪染め。ヘアカラートリートメントとの違いは?LPLP
ルプルプで髪色を明るくしたいなら色は何色を選べばよい?白髪染めLPLP
ルプルプのブラウン、白髪が多い少ないに関係ある?
ルプルプのブラウンからライトブラウンへ変えたらどうなる?

フォローする