茶髪をごまかす方法は?茶髪の上手なごまかし方

茶髪をごまかす方法はあるのでしょうか?

茶髪の上手なごまかし方について解説します。

茶髪をごまかす方法はある?茶髪の上手なごまかし方は?

茶髪をごまかす方法はありますが、究極的には染めるしかありません。
スプレーやトリートメントで一時的に髪色を変えたり、二剤混合式のヘアカラー剤で完全に髪色を変えてしまう。

一時的に、例えば1日だけ茶髪をごまかす必要があるかもしれません。

茶髪の上手なごまかし方としては、髪の結び方を変えて黒い部分で覆う、スタイリング剤で暗く見せる、などが考えられます。

それ以外で確実なのはウィッグを使うこと。

茶髪ヘアカラー失敗。明るすぎた対処は白髪染めかオシャレ染めを使うか

髪の毛を黒く見せる方法

髪の毛を黒く見せる方法としては、やはり黒く染めるしかありません。

元の髪色にもよりますので、例えばダークブラウンのように少しだけ明るい髪色であれば、髪を束ねたり結ぶなどの工夫で黒髪だけのように見せたり、スタイリング剤で印象だけでも黒っぽくトーンを落して見せることもできなくはないでしょう。

ただ、ライトブラウンのような茶髪や、ブリーチを使った金髪などであれば染めない限りは黒くは見えません。
この場合はウィッグをつけて黒髪を装うしかないと言えます。

髪色を暗く見せるならオイルかワックスか

髪は濡れると暗くみえるので、ウェットな感じを演出することで多少なりとも黒っぽくは見えます。

この場合のスタイリング剤はオイルかワックスのどちらでもよいでしょう。
ムースやジェルでも構いません。

ウェットタイプで濡れた感じにすることだけがポイントです。

バイトで怒られない髪色は黒だけど茶髪にしたい

バイトで怒られない髪色は黒だけど、茶髪にしたい、明るい髪色にしたい、という方はいらっしゃるでしょう。

それならば茶髪に染めていたとしても、バイト中だけ髪色を黒にすればよいのです。

髪を一時的に染めるということになります。

茶髪の人の特徴は?怖い印象と似合う人・似合わない人の違い

髪色を隠すならスプレーが一番簡単

茶髪の状態でも黒のスプレーを使えば一時的に髪が黒になります。

吹きかけるだけなので、髪色を隠すならスプレーが一番簡単。
そんなに簡単に色落ちしないので、そう簡単にはバレません。

しかし上手にスプレーしないと、髪色にムラがでて不自然な髪色になるので注意。
髪も乾燥した感じになったりと違和感も気になります。
特にロングヘアーの場合は、難易度が上がりますのでスプレーは止めたほうが無難。

また、万が一、染めたスプレーのカラーが色移りした場合、帽子や洋服に黒スプレーの色がついて汚れてしまいます。

髪色を隠す結び方で茶髪をごまかす

インナーカラーで染めている方であれば、髪色を隠す結び方で茶髪をごまかす方法が有効。

毛先を隠すように髪全体で覆いかぶせるようにして結んでください。
根元は染めないようにしつつ、生え際や分け目が見えないようにするのが上手にごまかすコツ。

明るい髪ごまかすなら白髪染めトリートメントもおすすめ

ヘアカラー剤のオシャレ染めよりも、白髪染めのほうが暗く濃くしっかり染まるようにできていますので、明るい髪をごまかすなら白髪染めが適していると言えます。

そこで二剤一式タイプの白髪染めで完全に髪色を染め変えてしまうのではなく、ヘアマニキュアの白髪染めトリートメントを活用するとよいかもしれません。

ゆっくり染まるので、少しづつ髪色が変わりますし、髪色が変わっても1週間くらいで色落ちして元の髪色に戻りますので、髪色の変化がつけやすいのです。
明るい髪色から少しだけ暗くすることもできる。

茶髪などの明るい髪ごまかすなら白髪染めトリートメントおすすめです。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色?

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色なのでしょうか?

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は何色?

白髪が生えていることに初めて気づいたとき、白髪を染めたい、
染めなくてはならないと白髪隠しについて考える。

しかし白髪染めは使ったことがないので、美容室で白髪ケアしてもらおうと思う。

それとも、いつもオシャレ染めヘアカラーを使ってセルフで明るい髪色にしてるから、
そのままオシャレ染めで白髪も一緒に染めてしまえばいいと思いつく。

ところでオシャレ染めで白髪を染めるとしたら、
そのカラーは何色を選べばよいのか、わからない。

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる?

そもそもオシャレ染めヘアカラーで白髪が染まるのでしょうか。

イメージとしては黒髪も白髪も色を塗るように一緒に染まる、と思うわけです。

実際にはオシャレ染めで白髪が染まることはありません。

カラーリングで茶髪にするメカニズム、白髪染めとの違い

オシャレ染めヘアカラーと白髪染めの違い

オシャレ染めヘアカラーが髪を染める液剤ですから、
どんな髪色にもカラーで染まると考えるのはわかります。
しかしオシャレ染めと白髪染めは似ているけれど違うのです。

オシャレ染めヘアカラーリングと、白髪染めで比べてみれば、
市販品の白髪染めの外装パッケージも似ていますし、
元は同じ液剤でありましたので染める仕組みも似ており、
同じと言えなくもありません。

それでも白髪染めにはパッケージに[白髪用]などと記載されているのを
見たことがあるかもしれません。

あえてそのように記載されていることからもわかるように、
ヘアカラーと白髪染めでは、髪の染まり方が違います。

茶色の白髪染めで黒髪も染まるか?ヘアカラーおしゃれ染めとの違い

オシャレ染めヘアカラー剤の染毛力は弱め

二剤一式のオシャレ染めヘアカラー剤は、元から生えている地毛の
髪の内部で髪色を抜いてから、発色させた色素を定着させることで
髪色を変えている。

まず先にメラニン色素である黒を抜いて薄い色の毛にする。
日本人で言えば黒髪の黒色を抜く。
これにはそれなりの脱色力が必要となりますので、
オシャレ染めヘアカラーのブリーチ力は強めに作られている。

白髪染めは染毛力が強め

逆に白髪染めで色抜きはほぼ不要。
なぜなら白髪とは色素の抜けた色の無い毛だから。
黒の色素が既に抜けている髪をさらに脱色させる必要はない。

その代わり、薄い色の毛にしっかり色付けする必要がありますので、
色素は強めに濃くつける必要がある。
よって白髪染めは染毛力が強めに作られている。

白髪染めとおしゃれ染めヘアカラーを混ぜるとどうなるか

それならば白髪染めとおしゃれ染めヘアカラーを混ぜることで、
黒髪も白髪も染まると思いつくかもしれませんが、それは止めてください。
美容師は複数の薬剤や色素を混ぜて、ヘアカラーや白髪染めを作っていますが、
それはあくまでもプロの技。

白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック

セルフの白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーは2つ以上の商品を
混ぜて使うようには作られていません。

最悪の場合には、怪我をしたり健康被害に及ぶリスクすらありますので、
必ず1商品単体で使うようにしてください。

オシャレ染めと白髪染めを混ぜるとそのカラーは?

オシャレ染めヘアカラーで白髪が染まる色は無い

オシャレ染めヘアカラーは白髪染めに比較して、髪の毛を着色する
染毛力の要素が弱いので、白髪では色づきが不足する。

白髪をオシャレ染めで染めてみればわかりますが、黒髪部分は染まっても、
白髪の毛だけは、そのまま残るか、金髪っぽい毛に染まるでしょう。
薄いオレンジ色とかヤケたような毛になっているはず。
これでは白髪隠しとしては失敗ですね。

オシャレ染めヘアカラーでは、白髪を染めることはできないのです。
よって、オシャレ染めで白髪が染まる色は無いというのが結論。

白髪は必ず白髪染めで染めるようにしてください。

白髪染めで茶髪にできる

これまでオシャレ染めヘアカラーをセルフで使ったり、
美容室で茶髪にしてきた方は、白髪が生えていることで、
白髪染めを使わざるをえず、明るい髪色を諦めなくてはいけないかと
ガッカリしたりショックを受けたりしているかもしれません。

でも大丈夫。
白髪染めにも明るい髪色に仕上がるようなブラウン系のものが
市販されているのです。

仕上がりイメージ色がブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなどの
ブラウン系の白髪染めを使って頭髪全体を染めれば、
白髪も黒髪も一緒に染まって、髪全体が、きれいな茶髪に染まりますので、
ぜひお試しください。

白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー

白髪のカラーリングをもっと明るくしたい

ブラウン系の白髪染めで繰り返し染めていけば、かなり明るい色まで
髪色を変えることも可能。

それでも、白髪のカラーリングをもっと明るくしたいと思うのならば、
先にオシャレ染めヘアカラーで染めて全体を茶髪にしておく。

この段階では白髪は染まっていませんが、その後に少し期間を空けて、
ブラウン系の白髪染めで染めていけば残りの白髪も明るくなります。

こういった染め方をするとき、オシャレ染めヘアカラーは二剤式のタイプ
でもよいのですが、後に白髪ケアしていくには部分染めのようになりますので、
常に追加で染めていける白髪染めトリートメントが便利です。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪をオシャレ染めヘアカラーのアッシュで白髪隠し

どうしてもオシャレ染めヘアカラーで白髪を染めたい。

それならば染められなくても、誤魔化す方法はあります。
黒髪に混じっている白髪をカモフラージュするのです。

海外の外人があまり白髪を気にせず堂々としているのは、
地毛と白髪とのコントラストが日本人ほど違わないから。

これに最適な色は金髪。
日本人でも金色の髪にすれば白髪は目立たない。
しかし金色に染める、あるいはブリーチして色抜きするのは、
現実的に無理でしょう。

それならばオシャレ染めヘアカラーの中ではアッシュもおすすめ。

アッシュとは、くすんだ色味で灰色に近い色。
保護色的な状態となり黒髪と白髪が混じって生えていてもわかりにくい。
髪自体にツヤ感が無くなり、色落ちをした後も白髪に馴染みやすく、
伸びてきても白髪が目立たないのでヘアカラーでの白髪隠しになりえます。

白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう

関連記事

白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
白髪染めで茶髪にできる?
おしゃれ染めで茶髪にした後で白髪、黒のカラートリートメントで染めると?
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする
白髪あるのにオシャレ染めでカラーリングしたらどうなる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする