白髪染めの上からハイライトすると白髪ぼかしになる?

白髪染めの上からハイライトすると白髪ぼかしになるのでしょうか。

白髪染めと白髪ぼかしの違い

白髪染めと白髪ぼかしは違います。
「白髪染め」は、白髪を染めて隠すことが目的ですが、「白髪ぼかし」は、白髪をぼかして目立たなくするのが目的。

白髪染めでは白髪染めを使いますが、白髪ぼかしでは通常のヘアカラー剤やブリーチを使います。

なお、白髪ぼかしには、地毛の黒髪へ白髪に近い色を入れて白髪と混在させるか、あるいは、白髪を軽く染めて白髪っぽくない色に染める方法の2つが考えられます。

ハイライトで白髪ぼかし

ハイライトで白髪ぼかしできます。

白髪でない部分にハイライトを入れて、白髪と染めた髪を混在させて分かりにくくするのです。
ですから白髪は染めません。

通常のハイライトでは、あたかも白髪にも見えるかのような線を入れますが、白髪ぼかしが目的の場合は、逆に、はっきりスジのようにせず、白髪部分とブレンドになるように染めます。

近年、白髪染めを使いたくない、白髪染めを止めたい、自然のままがいい、やがてグレイヘアにしたい、といった中年の方々がハイライトで白髪ぼかしをしています。

白髪染め代わりのブリーチで汚いハイライトの白髪ぼかしが嫌

白髪染めの上からハイライトするとどうなる?

白髪染めの上からハイライトすると、あまり意味がありません。
既に染めたのですから、色素を落とすには脱線剤が向いていて、ブリーチではあまり落ちないからです。

白髪だけを染めていれば、まだよいのですが、おそらく白髪だけでなく黒髪も染まっているでしょうから、そこにハイライトを入れるのは、ブリーチであれ、明るい色のヘアカラー剤であれ、難しい。

白髪を染めないで、そのままハイライトを入れれば、白髪ぼかし、白髪隠しになりますので、その方法をおすすめします。

白髪ぼかしが嫌な方は、白髪染めで白髪を染めてしまったほうがよいと言えるでしょう。

白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

白髪隠しのハイライトはブリーチなしでもできる

白髪隠しのハイライトはブリーチなしでもできます。
ブリーチの代わりに明るい色のヘアカラー剤で染めるのです。

ブリーチを使うのに、髪や頭皮のダメージが心配という方でも、ハイライトができることになります。

白髪隠し白髪ぼかしも、少なからず白髪の部分にもブリーチがかかってしまいますので、そのダメージを考えると、ヘアカラー剤のほうが安心です。

白髪染めハイライト自分でできる?

白髪染めハイライト自分でできるかと言えば難しいでしょう。
そもそもハイライトをセルフでするのが無理に近い。

やるとすれば、ヘアマニキュアの白髪染めトリートメントを使うのはいかがでしょうか。

トリートメントですので部分染めに最適ですし、ゆっくり染まっていきますので、失敗が少ない。
気になるところや、地毛のところに細い線のように少しづつ塗っていけばハイライトっぽくできそうです。

あるいは、白髪の本数が少ない方は、全体を軽く染めてしまえば、白髪の部分だけ薄っすらと色がつきますから、こちらもハイライトのような感じにもなりえます。

白髪染めトリートメントは、髪や頭皮のダメージがほとんどありませんし、さらにはトリートメント効果もありますので、おすすめです。

関連記事

白髪染めの上からカラーバターしてもよい?
白髪染めの上からヘナすると白髪どうなる?
白髪ぼかし染めとは男性のカラー?女性の白髪染めとの違い
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック
ブリーチでは白髪染めの髪色は落ちない。どうする?
市販の白髪染め、ブリーチなしで黒髪から茶髪にする方法
白髪にブリーチした後、伸びてきたらどうする?

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする