ヘアカラーと白髪染めで色選びを変えたほうがよいの?茶髪の人は?

ヘアカラーと白髪染めで色選びを変えたほうがよいのでしょうか。

これまで染めてきたヘアカラーから白髪染めへ変える場合や、
茶髪の人の場合はどうすればよいか。

ヘアカラー

ヘアカラー、いわゆるオシャレ染めですが、
美容室で染めてもらうだけでなく、ご自宅でセルフで染める方も増えています。
市販のオシャレ染めの完成度が高くなり、素人でもきれいに髪が染められるからですね。

注意点としてヘアカラー(おしゃれ染め)で白髪は染まりませんので、
白髪が生えているのであれば、必ず白髪染めを使うようにしてください。

茶髪をごまかす方法は?茶髪の上手なごまかし方

白髪染め

白髪染めは、もともとオシャレ染めと同じものであり、薬剤や色素の
配合や調合を変えて作っています。
美容室では同じヘアカラー作業だと美容師は捉えています。

白髪染めのほうが、オシャレ染めよりも染毛力が強い。
白髪が色の抜けた薄い色の毛だからです。
しっかりと濃い色で染める必要がある。

白髪染めと言えば、黒髪に染めるブラックを思い浮かべてしまいますが、
ブラウン系の白髪染めも市販されていることをご存知でしょうか。
それらを使えば白髪染めで茶髪に染められる。

色選び

ヘアカラーと白髪染めを交互に使う方はあまりいないかと思います。
これまでヘアカラーで染めてきたけれど、白髪が目立ってきたから、
これからは白髪染めで染めていくという流れが一般的。
そうなると色選びを変えたほうがよいのかと考えてしまう。

基本的には変える必要はありません。
ヘアカラーで染めてきた髪色に近い白髪染めを使うのが適切だと言えるでしょう。
セルフのみならず、プロの美容師もそうするはず。

ある日突然髪色が変わったら周囲から注目されたり、不思議に思われたりします。
ヘアカラーから白髪染めに変えたということを悟られない程度の変更ならよいですが、
年齢的なことも含めて、いかにも白髪染めで染めていますという状況にもなりかねません。

明るい髪色

ただ、美容室では白髪染めを明るい髪色でお願いすると、
美容師に嫌がられてしまう可能性があります。

白髪を染めるときは濃い色でしっかり染めるというのが
プロの染め方における理論だからです。

カラーリングを専門としたり得意分野にする美容師なら、本気でやろうと思えば、
プロのテクニックを駆使して、白髪染めでも明るい髪色に仕上げることは可能。
それでも手間を考えると割に合わないため実際には行わないものです。

その点、市販のセルフ用白髪染めにはライトブラウンなどがあり、
素人が染めても明るくきれいに染まります。

白髪染めを明るい髪色で仕上げたいならセルフで染めるほうがよい。

40代の白髪ケア

特に40代ですと、ほとんどの方に白髪が生えてきて、白髪ケアに悩むことになります。

白髪を染めませんと、不潔、年寄りに見える、疲れ切って見えるなどと、
日本においては周囲からの目に対してマイナス要因が極めて多い。

しばらくは白髪をカットして対処できますが、数本でも生えてきますと、
あっという間に爆発的に増えたという人の声が多数ですので、
早めに染めるようにしたい。

これまでヘアカラーでライトブラウン、ナチュラルブラウンで染めていた人も、
これを機に大人の雰囲気でダークブラウンに変えるのも良いタイミングだと
言えるかもしれません。
ダークブラウンなら、ブラックと違ってそこまで白髪染めっぽくもない。

ブラック

白髪染めブラックで染めるのは基本。

これまでヘアカラーで明るい髪色にしていた人も、元から黒髪の人も、
白髪染めで染めると、特にブラックは、いかにも白髪染めで染めましたと
言わんばかりの真っ黒髪になってしまうと、
そういった仕上がりを恐れて嫌がるということもあるかもしれません。

日本人の黒髪は、よく見ると赤味やヤケた茶色など、若干の色味が黒髪に
混じっているということもあり、そういったより自然な黒髪の色に近づけるよう、
仕上がり色をメーカーのほうでも研究していますのでご安心ください。
そこまで真っ黒には滅多になりません。

色の種類としてソフトブラックといった白髪染めもあるくらいです。

ブラウン

仕上がり色がブラウン系の白髪染めを使いますと、黒髪と白髪が一緒に茶色に
染まりますので茶髪に仕上がります。

自然な茶色のナチュラルブラウン、ハイトーンで明るいライトブラウン、
落ち着いた雰囲気のダークブラウン。

セルフですとモカブラウンという白髪染めもあります。

美容院では前述のように明るい色を嫌ってダークブラウンに染められる
可能性が高いですが、協力的で理解のある美容師が染めてくれるとして
オレンジブラウンが限界になるでしょう。
ブラウンを明るくさせるオレンジの要素を逆に出していく色味。
ちょっと派手で個性的なので誰もができる髪色ではありませんが。

セルフならライトブラウンで染めてください。
ヘアカラーのライトブラウンやオレンジブラウンでは白髪が染まらないまま残り、
白髪隠しとしては失敗となります。

白髪染めトリートメント

白髪用ヘアカラートリートメントというものがあります。
俗に白髪染めトリートメントと呼ばれている。

黒髪も染まりますので白髪が無い方も使えるという意味ではヘアカラー
ということになりますが、これはヘアカラーか白髪染めかと言えば、白髪染めの部類。
白髪が染まるように作られています。

化学反応で髪の表面キューティクルを開いて染める二剤混合式のようなタイプではなく、
髪の表面に色をのせるヘアマニキュアと同じ原理なのが白髪染めトリートメント。

低刺激で毎日のように染めることもできることから、
二剤混合式のセルフ白髪染めや、美容院での白髪染めと併用するのもよいでしょう。
すぐに生えてきてしまう根元や分け目のキラキラ部分を染める、
つなぎとしても適している。

どうしてもイメージする理想的な仕上がり髪色の白髪染めが見つからなかった場合には、
髪全体はヘアカラーおしゃれ染めで染めて、白髪だけは
白髪染めトリートメントで部分染めしていくという方法もひとつのアイデア。

白髪染めトリートメントにもブラウン系の仕上がり色がありますから、
明るい色に染めていきたい人にもおすすめできる白髪染めです。

関連記事

ヘアカラーは何色を選べば良い?白髪少しの場合
白髪染めにはどんな色の種類がある?ブラウン系もあるから茶髪にできる
白髪染めで茶髪にする茶色の種類、ブラウン系カラー
白髪染めトリートメントならライトブラウン?ダークブラウン?白髪多い少ないとの関係
白髪染めで色が抜けるのはなぜ?色落ちを防ぐ方法で茶髪を維持しよう
白髪あるけど明るい色でカラーリングしたいときの白髪染め色選び
白髪が染まらない理由。茶髪の明るい髪色に染まらないのはなぜ?
白髪染めで明るい茶色にならないから追加でオシャレ染めする
カラートリートメントで白髪を染めた、その後カラーリングで茶髪にできる?

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする