白髪染めの上からヘナすると白髪どうなる?

白髪染めの上からヘナすると白髪はどうなるのでしょうか。

白髪染めの上からヘナする

白髪染めの上からヘナすると、髪は染まります。

但し、色の変化が難しいところ。
ヘアカラー剤で明るい髪色に染めていた場合、白髪染めの上からヘナすると、オレンジ色や赤みが強く出る場合と、全体的に黒っぽく変わる場合があります。

この違いはどこからくるのかと言いますと、お使いになったカラー剤や、染めてからの期間や退色具合、元の髪質によるもの。

ですから、白髪染めの上からヘナするなら、影響を抑える意味でも、ヘアカラー剤で染めてから、1か月以上してからヘナで染めるのがよいと言えます。数か月以上空ければなおよい。

白髪染めの上からカラーリング。おしゃれ染めヘアカラー剤の連続染めで髪色が明るくなる?

白髪はどうなる?


白髪染めの上からヘナを使って、白髪も染まります。

但し、ヘアカラー剤で染めた直後ですと、ヘナでは色付かない可能性もあるので注意が必要です。

ヘアカラー剤の色が色落ちした後のほうが、ヘナ本来の色がでやすいと言えるでしょう。

ヘナ染めの末路、いつまで続けるか


ヘナ染めの末路が気になります。いつまで続けるのでしょうか。

これまでヘナをお使いの方、まずは粉からヘナペーストにするのが面倒なはず。
髪色もイメージと違ったり、きれいな色ではなかったり。
髪にツヤや、しっとりした感じもなく、バサバサ感で悩む方もいらっしゃるでしょう。

髪や頭皮へのダメージが少ないからという理由で、植物成分のヘナで髪を染めるのは悪いことではありません。しかし、手間や仕上がりを考えると、嫌になっても仕方ない。

市販のヘアカラー剤や白髪染めで染めたときの違いで考えますと、やがて耐えられなくなってきても不思議はありません。

ダメージ少ない白髪染めならヘアマニキュア

ヘナをお使いなのは、おそらく、髪や頭皮への負担をなくすため、あるいは酸化染料のジアミンアレルギー体質だからではないでしょうか。

でしたら、ヘアマニキュアで白髪ケアする方法をご提案させていただきます。

髪の表面に色を塗るだけですからダメージはほぼありません。
ノンジアミンなので、アレルギー体質の方も安心してお使いいただけます。

ヘナより白髪染めトリートメントがおすすめ

ヘアマニキュアの中でも白髪染めトリートメントなら、液状のトリートメントを髪に塗って、しばらくして洗い流すだけ。
ある意味、ヘナと同じ染め方ですので使いやすいはず。

しかもヘナと違って混ぜる必要はなく、チューブから出してそのまま使えるので、簡単で楽なのです。

天然成分や美容成分も含んでおり、ヘアケアのトリートメント効果もありますから、髪がしっとりツヤやかになる。

カラーも、ブラックだけでなく、ブラウンやダークブラウンで染めれば、明るい髪色の茶髪に染めることも可能。
何よりも、見本の髪色を確認してから使えるのがよいでしょう。
そして、ほぼイメージ通りの髪色に染められます。

現在、ヘナをお使いの方は、一度、白髪染めトリートメントをお試しになってはいかがでしょうか。
ヘナを使ってきた方にこそ、おすすめの白髪染めです。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪染めの上からハイライトすると白髪ぼかしになる?
白髪染めの上からカラーバターしてもよい?
白髪染め代わりのブリーチで汚いハイライトの白髪ぼかしが嫌
白髪ぼかし染めとは男性のカラー?女性の白髪染めとの違い
白髪をダブルカラーで明るい髪色にするテクニック
ブリーチでは白髪染めの髪色は落ちない。どうする?
市販の白髪染め、ブリーチなしで黒髪から茶髪にする方法
白髪にブリーチした後、伸びてきたらどうする?

【白髪染め おすすめ】
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>ルプルプ ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めトリートメント
簡単きれいに染まる

>>利尻ヘアカラートリートメント<<
━-━-━-━-━
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まる

>>利尻カラーシャンプー<<
━-━-━-━-━

フォローする