ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツは?

ブロッキングしてから白髪染めセルフで行うやり方とコツについて。

髪のブロッキングとは?

ブロッキングとは髪を小分けに束ねるテクニックのこと。
髪留めで髪を分けることで髪を扱いやすくします。

ヘアアレンジを作るとき、ヘアカラーで髪を染めるとき、ヘアカットで髪を切るときなど、様々な場面でブロッキングが有効に活用できます。

ブロッキングのやり方とコツ

ブロッキングのやり方としては、髪留めヘアクリップもしくは、ヘアーゴムで髪を束ねて、全体を3つか4つに分ける方法があります。

まず後髪を束ねてしまい、耳の周囲を中心に右サイド、左サイドを束ねると3つのブロッキング。

4つブロッキングする場合は、前髪とトップ、耳の周囲を中心に右サイドと左サイド、そして襟足を含むバックで髪留めします。

ブロッキングのコツは、あまり難しく考えずに、割と大雑把に分けてしまうこと。
どうしても面倒で難しいという方は、ざっくり上髪と下髪で分けるだけでも違います。

ブロッキングしてから白髪染めする

ブロッキングしてから白髪染めすることで、髪の根本や、根本に近い部分をきれいに染められます。
リタッチ部分染めにも最適な方法と言えるでしょう。

髪全体をムラなく均等に染められることもポイント。

白髪染めトリートメントであれば、1日ごとに分けた1ブロックづつ染めていくのもよいかもしれません。

ひとつのブロックの中をさらに2つか3つに分けてブロッキングしても、さらに細かく染めていけます。ロングの方には特に有効な方法です。

白髪染めをセルフで行うやり方とコツは?セルフでもきれいな髪色に染められる

白髪染めをセルフで行うやり方とコツについて。

セルフでもきれいな髪色に染められるので、必ずしも美容室に行く必要はありません。

白髪染めをセルフで行うやり方

白髪染めをセルフで行うのであれば市販の白髪染めを買います。
つまり自宅でご自身で白髪を染める。

プロの美容師でなくても、簡単きれいな髪色に染められるようになっていますので、必ずしも美容室に行く必要はありません。

市販の白髪染めはドラッグストアやディスカウントストアなどにも売っていますが、
ネット通販であればスマホからも注文できるので便利。

茶髪にできる市販の白髪染め比較

白髪は白髪染めで染める

市販のヘアカラー剤はいろいろな種類のものが販売されています

これまでオシャレ染めのヘアカラー剤で染めていた方は、同様に染めていれば白髪も目立たないと思うかもしれませんが、
白髪は白髪染めでなければ染まりません。

必ず「白髪染め」と記載されたものを買うようにしてください。

明るめのカラーがおすすめ

白髪染めは濃く、暗めに染まるように作られています。
なぜなら白髪が髪の色素が抜けて色が無い髪だからです。

白髪染めの色見本にあるカラーよりも暗い色に仕上がることがありますので、
やや明るめの色で染めたほうがよいと言えるでしょう。
ブラウン系のカラーです。

但し、黒髪に合わせて黒に染める方はブラックを選んでください。

白髪染め、美容院の色見本にはダークな色しかないからセルフで明るい髪色に染めよう

色ムラにならないよう均一に塗る

ヘアカラーはムラなく髪の毛全体に塗ることが大事。
均一にしないと部分ごとに色ムラがでて髪色が不自然になってしまうからです。

特に白髪染めに関しては、なんとなく白っぽい毛、キラキラした髪の毛が残ってしまうので、より慎重に染めることが必要です。

根本を染めるのが難しいければ二度染めで

髪の毛は生え変わるときに毛穴から生えてきます。

よって、新しく生えた髪の部分、新しい白い部分はまさに根本の部分であり、
ここを白髪染めでより濃くしっかりと染めなくてはなりません。

ところが毛先のように見えにくく髪に囲まれて塗りづらい。

染めにくいようであれば、一番最初に染めて、最後にもう一度染める二度染めで行いましょう。

ただ、頭皮に近いことで体温で温められて色味が出やすいというメリットもありますので、二度程度塗れば他と比べても均一の色になっているはずです。

白髪を茶髪にしたいなら白髪染めを使ってセルフで茶色に染めよう

セルフでより色味をだすコツ

セルフでより色味をだすコツとしては暖かい部屋で染めること。

床を汚したくなければ風呂場で染めることになりますが、冬場などは寒くなりがちなので注意。
風呂場に関しては、あらかじめ水やシャワーを流しておくことで、汚れが落ちやすくなります。

染めるときにラップフィルムなどで髪全体を覆うことも効果的。

放置時間も長めにするほど色が濃くでやすくなります。

白髪染めセルフでリタッチするならヘアマニキュア

白髪染めセルフでリタッチする方法ですが、この場合は二剤一式の白髪染めよりも、
ヘアマニキュアと呼ばれる混ぜないで使える白髪染めが便利。

一度の使い切りではなく、何度でも使えますし、低刺激なので頻度としても毎日使えるからです。

ヘアマニキュアには白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどがあります。

ペンタイプやファンデーションタイプなどもありますが、髪の毛全体を染めることも、部分染めすることも両方に対応できるのは白髪染めトリートメントか白髪染めシャンプーだと言えるでしょう。

市販の白髪染めシャンプーで茶髪にできる?洗うだけの簡単カラーリング

白髪染めトリートメントがおすすめな理由

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアであり、髪の表面を染めるだけなので、
低刺激で髪や頭皮のダメージが少ない。

これまで美容室で白髪染めをしてきた方や、
セルフでも二剤混合式の混ぜて使う白髪染めを使ってきた方に人気。
特にジアミンアレルギーなど、通常の白髪染めが使えない方でも安心して使えます。

クリーム状なので部分染めリタッチするのにも適している。

ゆっくり染まる分だけ、髪色の変化を見ながら染めていけますので、
一度のカラーリングで失敗という結果にはなりません。

セルフで白髪を染めるのが初めての方や、これまでセルフで白髪染めをしてきてうまくできなかった方は、市販の白髪染めトリートメントをお使いになることをおすすめします。

茶髪にしたい白髪染め人気ランキング

関連記事

白髪をホームケアで茶髪キープ。自宅で簡単に茶色い髪への白髪ケア
白髪をカラーリングするならセルフ白髪染めでアッシュにしてみよう
市販の白髪染めで赤み消す色や赤くならないのは?赤みを消すヘアカラーで赤毛にならない
セルフ白髪染めで黒く染めてるけど、美容院で茶髪にしたい
自分でカラーリングすると白髪しか色がつかず、それ以外は黒髪のままになってしまう
美容院で白髪染めをしたら真っ黒になった
白髪染めで染めた黒髪をブリーチで抜いて明るい茶髪にしたい
ヘアカラーと白髪染めで色選びを変えたほうがよいの?茶髪の人は?
白髪が少ない人の市販の白髪染めで明るく茶髪にする

人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全5色★

→『ルプルプ ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めトリートメント
きれいに染まる全4色★

→『利尻ヘアカラートリートメント』
人気の白髪染めシャンプー
洗うだけで染まるから簡単手軽♪

→『利尻カラーシャンプー』

フォローする